FC2ブログ

JR西日本/灘駅訪問

東海道本線の新快速に乗ると、いつも車窓からの眺めを楽しむ。
大阪から神戸に向う時には、四季によりその姿を変える六甲の山並みは外せない。
そのうち三ノ宮が近づいてくるといつも気になっていた駅がある。

灘(なだ)駅である。

クラシックないでたちのホームと端正な佇まいの駅舎が、いつも目の前を通過していた。

その周辺の駅は、開発だの高架だのと、駅ビルになって随分つまらないモノになってしまったが、そんな中で、この駅はピカ一に輝いていた。

一度訪問しなければ・・・と思いつつ、灘で下車する用事がなく、いつも新快速で通過する年月が続いていた。

平成10年1月31日午後から神戸で会合が予定されていたが、その前に用事はないが灘駅を訪問してみようと思いつき実行に移した。(このあたりは尊敬する百閒先生の教えに忠実である。)

_DSC9538-1.jpg

この日のお供は、ミノルタのTC-1
ズボンのポケットにも収まる超小型のボディーに名玉G-ROKKOR28mmf3.5の組合せが、スナツプショットには最高である。


六甲道と三ノ宮の間の駅なので、快速と普通列車を乗り継いでやってきた。

19980131灘駅ほか405-1

くすんだ暗い色合いが多い鉄道のホームであるが、ここは、アイボリーを基調とした軽快な装いである。

19980131灘駅ほか405-2

しかし、何といっても鉄骨木造の跨線橋に描かれた駅名板!
戦前ではどの駅でも定番となっていたので、昔は地方の駅ではよく見受けたものだが、昨今は目にすることはめっきりなくなった。

跨線橋の昇り口に設えてある木造の手摺もいい感じである。

19980131灘駅ほか406-1

跨線橋の通路部分 よく見るとまっすぐではなく途中で折れている。
鉄道省仕様の典型的なものだ。
木造の壁面は上部をガラス窓ではなく開放部としてあるが、目の位置より少し高いので、ここから列車を撮影しようとしてもカメラを上手く構えられない。鉄道ファン泣かせの意匠である。

19980131灘駅ほか408-1

駅本屋の改札内スペース
アールデコ調の古き良きデザインである。
軒飾りもそのままなのが嬉しいね。

今は柵がして花が飾ってあるが、昔はここから各ホームに繋がっていた通路だったと思われる。

19980131灘駅ほか410-1

改札の外から同じ方向を見る。行きかう列車も見えて開放的な空間となっている。

駅名の「なだ」の文字が崩壊しているのが残念。

改札横の“Jスルー”ってなんだ?と思ったが、JRの自動改札機のことだった。
平成10年度にはJR京都線・JR神戸線にも設置されたので、訪問した時は、設置の直後といったところか。

19980131灘駅ほか409-1

駅本屋から入口方向を見る。
反対側と同じ意匠が施されている。

19980131灘駅ほか411-1

駅の入り口にアーチ状の窓を配したデザインは、戦前の駅舎に多く見受けられた。

香川の琴平駅、東京の国立駅、昔の前橋駅なんかもそうだった。




瀟洒な佇まいの灘駅舎は、昭和9年の建築で阪神間では最も古い駅だったが、惜しまれつつ平成19年に取壊された。



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ



関連記事
スポンサーサイト



Kodak Retina #117


平成9年のある日、阪急梅田駅の1階広場にあった河原写真機店のウインドーに美麗な
オリジナルRetinaが売り出されていた。

オリジナルRetina#117は、LeicaやContaxの高級路線ではなく、ドイツコダックが1934年12月に大衆向けに発売した最初の35mmカメラである。

クラシックカメラというのは、珍品を見つけても直ぐに買わずに、心静かになるまで待つべきだというのが私の信念である。
(場合によっては、かなり怪しい信念ではあるが・・・)

よって、しばらくは羨望のまなざしで、前を通るたびに眺めていた。

しかし、募る思いがそうさせたのか、年末の賞与が入ったため、平成10年1月10日思い切って買い求めた。

19980131retina#117322-1

オリジナル・レチナ(Retina#117)が我が家にやってきた!

手許のレチナ族ではレチナII、レチナIIICに続く3台目であるが、レチナ愛好者にとって一番最初に発売されたオリジナルレチナは、信仰の対象であり、ありがたい・かたじけないもので、お守りのような存在なのだ。


因みにこのカメラの販売と同時にコダックが発売を開始したパトローネ入りの35mmフイルムは、発売当初は“for Retina”としてレチナ専用だったが、もちろん、LeicaやContaxにも使用可能なため、ほどなく“for Retina,Leica,Contax”と記され、21世紀に至るフイルムのスタイルを樹立したところが、ものずごくえらい。
このフイルムの登場は、大衆カメラ“Retina”の登場より遥かに大事件であった。

_DSC0602-1.jpg

フイルムのことはさておき、この#117を嚆矢として、そのあとレチナシリーズは、1970年代まで製造され、姉妹機のレチネッテ族を含むと50種類ものカメラを擁する大所帯となる。

_DSC0601-1.jpg

レンズ部分とボディはジャバラで繋がれているため、使用時はこのような形状だが、閉じればペタンコになるところが最大の魅力である。

_DSC0598-1.jpg

蓋にある“KODAK”の銘あるスタンドを立てておいた姿が、正式なスタイルである。
また、黒塗りボディーに怪しく輝くニッケルの組合せは、クラシックカメラの王道ともいうべき装いである。

レンズは、シュナイダー・クセナー5cm f3.5・・・テッサー型の3群4枚 よく写るレンズである。

_DSC0606-1.jpg

そして、注目すべきは、このカメラケースである。

上蓋部分にRetinaのインボスがあるのでオリジナルケースではないかと思われる。
「思われる」というのは、いろいろ資料を調査しても確証の得られるものが見当たらないからだ。
しかし、インターネットの画像検索すると、海外であるが、同ケースとともに写る#117の画像があるので、オリジナルではないかと考える。

_DSC0608-1.jpg

ケース入れると、このように少しも隙間なく、ぴったり収まる・・・このぴったり感がたまらない!

外装の傷や、擦り切れた内側生地の様子を見ると、とにかく持ち主に長年愛されてきた幸せな写真機であることがわかる。




写真機を買うと、とにかく試写してみたくなるのが人情である。

平成10年1月31日快晴
満を持してフイルムはFUJI-REALA(ISO100)を装填してフォト散歩に出かけた。

19980131retina#117382-1

無限遠ではなく、近距離にピントを合わせてみる。
もちろん距離は目測であるが、絞りがf11なのでピントをはずすことはない。
カラーの再現性も問題はない。
 
19980131retina#117383-1

金属質な真新しい交番も撮影する。1/100 f11
快晴であれば1絞りオーバーではあるが、ネガフイルムのラティチュード(寛容性)のおかげで神経質になる必要はない。
距離計や露出計からの呪縛から解き放たれたような爽快な気分すら感じる。

19980131retina#117386-1

天保山マーケットプレースのウインドーショッピング 1/100 f11

19980131retina#117389-1

明暗差の大きな被写体でも明部が白飛びすることなく、暗部もつぶれにくいようだ。

19980131retina#117387-1

19980131retina#117384-1

19980131retina#117385-1

あえて、太陽を入れて真逆光でも撮影してみた。
右側にゴーストが出ているが、レンズ構成がシンプルなのであまり気にならない。味わい程度のものである。

19980131retina#117390-1

マーケットプレースの内部 1/50 f3.5
絞り開放での写りが見てみたかったが、これだけのコントラストがあれば問題ない。

19980131retina#117336-1

意地悪なモザイク模様の床面を撮ったがよく再現されていると思う。 1/50 f3.5

過去にもこのカメラを紹介した記事があるが、撮影したネガが出てきたので作例を含めて再掲した。




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ




関連記事

平成9年 鉄道アラカルト



平成9年に撮りためたネガ・ポジのうち、チラホラと鉄道ネタが写っているものを集めてアップしてみた。

19971103セミ判252-1

大阪臨港線の浪速駅構内(平成9年11月撮)
御用済みとなった貨車が最期の時を迎えようとしている。手前に積まれた切断された車輪が何とも痛々しい。

車掌車ヨ8000のデッキの腰板に塗られた白線は、手動ブレーキが設置された側の目印である。

まだまだ使えそうな感じだが、走行中の貨物列車を眺めても、車掌車を連結しているものは見なくなった。

貨物列車の牽引機関車のブレーキ性能が向上したことと、列車防護無線装置および鉄道無線装置の整備がなされたため、昭和60年のダイヤ改正により、貨物列車の車掌車が廃止された。それにより余剰となった車掌車が廃車となったのだ。

19971103セミ判253-1

この時期でも2軸の無蓋貨車トラ45000形を見ることは稀だったので、写真に収める。
トラ149195+トラ148306

左側のトラ149195は、この後神戸に移動となった情報があるが、ほどなく廃車になったようだ。

19971103セミ判256-1

カメラは、コニカ Pearl II にブロー二判のポジフィルムを入れた。
レンズはヘキサーなのでその写りは折り紙付きである。

ポジフィルムは比較的経年劣化が少なく、スキャンするときも助かった。



199803福岡・野沢116-1

名古屋駅の中央西線ホーム 後ろには建設中の駅本屋が見える。(平成9年4月12日撮)
特急“しなの”に乗って野沢温泉に向かう。友人の結婚式に参列するためである。

使用カメラは、CONTAX T2

199803福岡・野沢117-1

「飯山線色」というべきキハ52(長野駅にて)
各車両は青とアイボリーホワイトで塗装、正面と側面には橙・山吹色・黄の三色ストライプが入っている。

199803福岡・野沢118-1

構内には、「長野五輪まであと300日」のポスターが貼ってあった。

199803福岡・野沢119-1

キハ58も飯山線色である。(戸狩野沢温泉駅にて)
雪国の春らしい陽光が心地よかったことを記憶している。




199803福岡・野沢128-1

平成8年に彗星のごとく登場したJR西日本の500系新幹線だったが、平成9年の7月以降に量産されるまでは1編成しかなく、しかも走行区間は山陽新幹線のみで、新大阪駅 - 博多駅間の定期1往復と臨時1往復だけだった。
よって、なかなか乗車する機会に恵まれなかった。

平成9年3月24日に福岡出張の際、ようやくその乗車の機会を得た。
初めて300km/hを体験する。

199803福岡・野沢126-1

先鋭的な先頭車だけではなく、ロケットのような円筒ボディーに新しい息吹を感じる。

199803福岡・野沢121-1

デザインを重視したその特徴的な円筒形ボディのため、A席E席は窓が覆いかぶさってくるような感じがあり、やや窮屈な感じがしたものだった。


[More...]

関連記事

平成9年冬の叡電


平成9年も暮れようとしていた12月13日久しぶりに叡電鞍馬線を訪問した。

19971213鞍馬264-1

時雨の鞍馬駅に立つと、デナ21のカットモデルが出迎えてくれた。
廃車後の平成7年8月に保存されたらしいが、世紀の名車だけにカットモデルは辛い。





(ポール時代の現役の姿はコチラ)
窓のアールが雅びな風情を漂わす叡山線を代表する車輛である




紅葉には少し早い貴船口でデナ21を撮影 (ともにS48.11.3撮影)

平成6年に終焉を迎えたデナ21の最晩年の様子は、コチラ



19971213鞍馬263-1

鞍馬駅の構内には、今年の10月に登場した900系きららの就行記念に発売された「叡電サブレ」なるものが販売されていた。
このサブレは、柔らかく割れやすいが、味覚は上々とのことだった。

19971213鞍馬262-1

現在もパッケージを変えて販売中とか・・・息の長い商品となったようだ

しかしバックに写り込んでいるフジフイルムの自動販売機が何とも懐かしい。
観光地にやって来て、ふとカメラのフイルムカウンターを見るとあと僅か・・・と青ざめた観光客が胸をなでおろすサービスである。

また、後ろの「比叡山人口スキー場」は、暖冬とスキー人口の減少により、この後程なく平成13年のシーズンの冬期営業を最後に閉鎖となった。

19971213鞍馬268-1

貴船近くの喫茶店に置かれた砂糖ステック入れ・・・造形が面白かったので一枚撮る。

19971213鞍馬269-1

901 - 902号車の編成は平成9年10月4日に竣工したばかりだったが、この機会に出会えるとはラッキー至極!
(貴船口にて)

19971213鞍馬270-1

この車輛は、眺望を重視し、乗ること自体が目的となる電車をコンセプトに、平面ガラスを多用し、車体の上半分のほとんどがガラスで構成されるデザインが採用された。

眺望が開ける方向については座席を窓向けに配し、これだけでも話題となりうる電車であった。

19971213鞍馬271-1

乗車したのは、12月だったため紅葉はなかったが、乗車客は少なく車内の様子も堪能できた。
900系きららデビューの広告もこの時ならではである。

19971213鞍馬272-1

斜めにずらりと配された平面ガラスをみていると、自然と「ドイツ国鉄ET91形電車」通称ガラス電車を思い起こさせる。



19971213鞍馬273-1

寄り道するところがあったので、元田中で下車し、きららを見送る。

19971213鞍馬274-1

自宅には、貴船の喫茶店で購入した手作りの香炉が残った。


  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ



関連記事

不要不急の一泊旅・・・第1回 粟倉温泉

平成8年の秋のことだった。

いつも顔を突き合わしている同職の勉強会仲間たちと、一度旅行に出かけようか・・・という意見が飛び出し、いわゆる不要不急の一泊旅を実行することとなった。

目的地は、岡山の西粟倉村にある名も知れない「あわくら温泉元湯」
そこは、仲間の一人が考えてくれた。他の者は、どんなところかも大した気にかけずに即時OK


19961130粟倉Bimg016-1

平成8年11月30日(土)大阪駅で集合し、新快速で山陽道を下る。

姫路駅では、「但馬カニ」のトレインマークをつけた臨時列車に遭遇

正式名称は「味めぐり但馬号」というらしいが、、日によって牽引機が様々、そして客車も14系やジョイフルトレインとかカラフルな編成をとっていた。播但線経由だと、ここで牽引機関車の交代となる。

地上駅時代の姫路駅が懐かしい。

19961130粟倉Bimg017-1

上郡から智頭急行線に乗り換え

こちらは1両編成の各駅停車・・・ゆっくりと北上していく

もう一人参加者がいるが、母校の大学アメフトの試合を応援してから追いかけるということで、ここにはいない。

19961130粟倉Bimg019-1

2年前の平成6年12月に開通した鉄道なので道床は、まだまだきれいな状態である。

19961130粟倉Bimg020-1

あわくら温泉駅前は、繁華街の町並みを形成しているわけではなく、うらびれた田舎町である。

宿屋の送迎自動車に乗って宿泊地へと向かう。
現在は、宿泊地の旅館は建替えられスマートなものになっているようだが、この当時は隙間風が寒い古い宿屋だった。
よって、詳細は割愛。

19961130粟倉Bimg023-1

夜になっても氷雨が降っていたが、翌朝は快晴。しかし雪景色となっていた。寒かったはずだわ・・・


19961130粟倉Bimg024-1

高架駅のあわくら温泉駅から来た道を戻る。

この車輛は、イベント用の1両(HOT3521・宝くじ号)

19961130粟倉Bimg021-1

車輛基地のある大原駅

HOT3500形車輛は、全部で10輌製造された。
形式称号のHOTは、智頭急行の沿線である兵庫県、岡山県、鳥取県をローマ字表記した際のそれぞれの頭文字を並べたものである。
19961130粟倉Bimg025-1

19961130粟倉Bimg034-1

宮本武蔵駅で下車する。

人名が駅名になっている駅は珍しいが、これが第1号ではない。
同じ岡山県の伯備線には、昭和3年開業の方谷駅がある。これは、地元のに貢献した山田方谷から名づけられたもの。

19961130粟倉Bimg035-1

しかし、姓と名が駅名ズバリになっているのは、この宮本武蔵駅と、平成11年に開業することとなる井原鉄道の吉備真備(きびのまきび)駅くらいだろう。

これらすべて岡山県というのが面白い。

19961130粟倉Bimg028-1

晩秋の美作(みまさか)の風景を愛でながら、地元の英雄である宮本武蔵(美作時代は、新免武蔵)の記念館などを見学して、再び車中の人となる。

19961130粟倉img004-1

19961130粟倉img001-1

日曜日の昼下がりというのにほぼ貸し切り状態の車内であった。

19961130粟倉Bimg027-1

JRのキハ181型の京都行上り特急「はくと」の通過風景をながめつつ、佐用に向かう。

19961130粟倉Bimg031-1

19961130粟倉Bimg032-1

佐用からは、JR姫新線で姫路に行くことにする。

19961130粟倉Bimg033-1

姫路色のキハ58系5500番台とともにセルフポートレート



実は、この1泊旅行が契機となって、この後も毎年1回9月初めの土日曜日を利用して同じメンバーで1泊旅行をすることになった。

そしてそれが、飽きることなく毎年確実に実行され、平成27年には、なんと20回を数えることになろうとは、お釈迦様でも知らぬ仏のお富さんである。

平成27年の第20回の様子は・・・コチラ




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ




関連記事

近鉄名阪特急80000系“ひのとり”初乗車


平成2年8月4日(火)仕事の関係で四日市に出掛けることとなった。

大阪から四日市に鉄道で行くには、JRの関西本線でゆっくり行くか、近鉄特急でシャーッと行くか、新幹線で名古屋に出て近鉄で戻るか、いろいろと手段がある。

そこで、今回の仕事の内容を勘案すると、近鉄特急でシャーッと行くことにした。

GR050426-1.gif

大阪難波駅にて・・・往年の名車30000系ビスタカーも、新型特急車両の登場によりその地位が危うくなってきた。



四日市での時刻には少々早いが、今年3月に登場した名阪特急80000系“ひのとり”に乗車したく、大阪難波発7:00の“ひのとり1号”のプレミアム席を予約する。

20200731-1_202008311349508e2.gif

GR050429-1.gif

GR050431-1.gif

ワインレッドの重厚な車体は、近年の近鉄カラーのなかでは出色のものだ。
しかし、地下ホームでは、この艶ありボディーにあれこれと映り込むのが難点である。

GR050433-1.gif

GR050437-1.gif

乗車すべき6号車は、最後尾車両である。

この車両は、初乗車なのでやはりドキドキする。

GR050439-1.gif

両端の1号車と6号車は座席が上部にあるハイデッカー車輛となっているので入口デッキとは段差がある。
同じくハイデッカーの“しまかぜ”には車内販売と車いす用のリフトが備え付けられていたが、この車両には見受けられない。

“しまかぜ”は観光用、“ひのとり”はビジネス用と割り切った仕様となっているのだろうか。

GR050446-1.gif

また、壁面にコインロッカーが設置してあるのはユニーク。これなら安心して座席でくつろげる。
新幹線が大型荷物スペースを座席後方に設置したのとは、趣きが異なる。

GR050447-1.gif

また、挽きたてコーヒーの自動販売機が設置してあるが、白湯は無料で提供される。
そしておつまみ類も自動販売機で販売されている。

コーヒーは1杯200円だが、横には両替機もあるので安心である。

GR050441-1.gif

記念すべき最初の指定席6号車3A席をパシャリ!

仕様は、“しまかぜ”の座席と一緒のような気がする。
座席のうしろにバックシェルがあるので、リクライニングを利かしても後ろの座席に影響しない仕組みとなっている。

また、前後の座席スペースは1,300mmもあり、JR東日本の新幹線「はやぶさ」の特別座席「グランクラス」と同等である。
グランクラスの乗りごごちを味わえると考えると、プレミアム料金なんて安いものだ。

GR050444-1.gif

収納されているテーブルを広げれば使いやすい大きさである。新幹線のテーブルより使いやすい気がする。

GR050449-1.gif

洗面スペースは、直線で構成されたシンプルな現代的なもので好感が持てる。

GR050451-1.gif

5号車の普通指定席をのぞいてみた。
特筆すべきことだが、プレミアム席だけではなく普通座席にもバックシェルを配備している。
これは、“ひのとり”が最初に配備したものである。

しかし・・・新型コロナウイルスの影響でガラガラである。

GR050453-1.gif

プレミアム席は、好事家しか利用しないものなのか?・・・プレミアムカーは、それ以上に空席が目立つ。

GR050458-1.gif

せっかくなので、HINOTORIコーヒーをいただく。

あまり売れていないのか、香りが少なく、やや不満。コンビニコーヒーの方が美味である。

GR050459-1.gif

後方の展望席からの様子・・・立ち位置ではこのような風景だが、座席からだともう少し目線が下がる。

GR050466-1.gif

8:22定刻で津に到着。四日市には停車しないので、ここで下車する。


[More...]

関連記事

古い家並みの残る町~奈良・五條ぶらり旅



山櫻古典寫眞機同好會のメンバーから、「久しぶりに何処か撮影旅行に行きませんか。」というメッセージがLINEのグループ欄にアップされた。

夏の暑い時なのでハードなスケジュールはご免蒙りたいと考えていたが、なりゆきで私が段取りすることになり、奈良の五條には古い町並みが残っているし酒蔵もあるので組織員の嗜好にピッタリということで、7月25日(土)の日帰り旅行を計画した。



Screenshot_20200716-211316.png

近鉄阿倍野橋9:10発の吉野行特急の指定席を確保する。吉野口までの1時間は朝麦酒で乾杯!吉野口からはJR和歌山線で五条に入る。

その予定だった。

いつもなら天神祭りの当日はじりじりとした夏空が広がるものなのだが、今年は要領が違った。
梅雨明けの遅れている近畿地方では、前日夜には近畿中南部に豪雨があり、何かいやな予感がしていた。
案の上、当日の早朝、意気地のないJR西日本は、早々に和歌山線の高田・橋本間を始発からその運転を休止してしまった。

Screenshot_20200725-060528-1.gif

Screenshot_20200725-071832-1.gif


近鉄は動いているが、その先の移動手段を絶たれてしまった。近鉄の下市口まで足を伸ばして、そこからタクシーを飛ばすという手もあったが、組織員にLINEで連絡したところ、複数者から「それなら自家用車出しましょうか」とのありがたい申し出あり。

運転者は、終始お酒が飲めないことになるので誠に申し訳なかったが、なんとか足の手配ができて良かった。

本来7月23日に東京五輪が開催し、なにやかやと沸き立っているはずの4連休だったが、それが憎きコロナ禍により延期となったため、こちらとしては、もしこの計画が中止となれば、その無聊を慰めるものもなくつまらない休日となってしまうところだった。

集合場所を阿倍野橋から谷町六丁目に変更し、予定通り出発進行。
N氏から提供していただいたトヨタ・アルファードの快適な乗り心地を味わいつつ五条に向かう。

途中何度か大雨に出会うが、目的地到着時には霧雨程度の小康状態となる。

GR050350-1.jpg

五條の新町通りにある源兵衛に11:00からのランチコースを予約していたが、遅れることなく、かつ早すぎず絶妙のタイミングで到着する。

五條 源兵衛は、五條の野菜を中心としたミシュラン☆のレストランである。

日ごろから血液どろどろのメンバーたちには、体が喜ぶ野菜だけのコース料理(@3,500-)を予約していた。お酒は別である。

GR050351-1.jpg

江戸時代の商家を利用した店舗の中に入ると、落ち着いた雰囲気の中、静かにピアノソナタが流れていた。

店主で料理長でもある中谷暁人さんによるコース料理の説明を受けた後、我々はビール、ドライバー殿はノンアルコールビールで乾杯してコース料理がスタートした。

GR050353-1.jpg

食前酒ならぬさっぱりとした食前酢で胃を整える

GR050356-1.jpg

地産のもち米団子のお椀 上には緑鮮やかな様々な野菜が乗っている。黄色い花をつけた極小キュウリもある

GR050357-1.jpg

湯葉に包まれた正体不明の香草が出てきた。 

目をつぶって咀嚼すると牡蠣の味がしますよ。とのことだったので、果たして教示通り反芻すると驚いたことに、生ガキの如き磯臭い風味が漂った。不思議な香草である。

GR050359-1.jpg

提供される野菜のサンプルが山盛りになってテーブル上に置かれた。

恥ずかしながら、いかに野菜の知識がないかが暴露される瞬間でもある。
あまり聞きなれない野菜の説明が続く。しかし「グラスに入っているのはホップではないですか?」との問いに「そうです」との回答あり・・・やれやれ少しは面目を保つ

GR050361-1.jpg

野菜だけの天婦羅盛り合わせ  

手前の赤いトマトの天婦羅のうしろの大きい一品は、カボチャの花である。
芋の天婦羅も数個あるため、しっかり食べ応えあり。

GR050367-1.jpg

ビールはほどほどにして、地酒に移る

左は、店主こだわりの野迫川 村おこしプロジェクトにより醸造された「伯母子岳」・・・しっかりとしたガツンとくる味わいで野菜料理との相性が良い。
中と右は、地元の酒蔵山本本家の松の友「十一代」・・・直汲みとは、無濾過の生原酒である。ともに軽やかな飲み口だが、右の大吟醸は少し発泡性を帯びて夏向きの逸品である。

GR050362-1.jpg

ウリやマメ、豆腐などを色々な味付けで調理した3品 地産池消よろしく地酒との相性も良く、盃がすすんで困る。

GR050369-1.jpg

止め椀は、五條米の上に針茗荷を乗せたものに、出汁をかけていただく。これも出汁の味わい深く出色の一品だった。

GR050373-1.jpg

葛菓子 葛の味が濃厚にして弾力のあるものにして、彼の地ならではの得難い風味。

すべて野菜尽しのコース料理だったが、思った以上に満腹感あり。おいしゅうございました。

日ごろの不摂生を洗い流すような、いわば薬膳料理のような感覚がしてならなかった。

少しだけ健康になった気がする。

[More...]

関連記事

H8.12.11地下鉄・長堀鶴見緑地線/京橋・心斎橋間開通


平成2年に開催された国際花と緑の博覧会(花博)会場へのアクセス路線として京橋・鶴見緑地間で開業した大阪地下鉄・鶴見緑地線だったが、平成8年12月11日には都心部に西伸し、京橋・心斎橋間が開通した。

その延伸をもって、同日名称も「長堀鶴見緑地線」に変更された。

平成9年2月になってから、新しく入手したCONTAXの超広角レンズDistagon18mm f4の性能テストを兼ねてパトロールに出掛けた。

20200723_163809_256-1.jpg

CONTAX Aria + Distagon 4/18

19970200鶴見緑地線296-1
「心斎橋駅」

後発組建設となる地下鉄路線のため、既存の路線より深部を走ることとなることから、他の地下鉄路線と交差する駅ではホームがかなり深い位置にある。
この駅も例外ではない。右側は、下りエスカレータであるが、ホームの上の階に繋がっている。
画面左側には、ホーム階から改札階まで繋がる、より長い上りエスカレータが用意されている。

19970200鶴見緑地線297-1

ホームの上階には、他の駅では見ないこのような天井の高い空間が用意されていて、その壁面には夕陽に染まる地上の心斎橋をモチーフとしたレリーフが取り付けられている。

19970200鶴見緑地線298-1

関空にいてるような近未来的なこの空間には、興味をそそられたが、実際のプロムナード的利用法は奏功しているのか疑問である。
しかし、18mmの超広角レンズの威力が発揮されたショットではある。

19970200鶴見緑地線295-1

ホームの壁面にも夜の心斎橋のガス灯が描かれている。(今でもガス灯は現役である。)

19970200鶴見緑地線294-1

日本初の鉄輪式リニアモーターミニ地下鉄である。

行き先の行灯表示には、「鶴見緑地」の用紙が貼付されているが、これには訳がある。
実は、この平成9年の8月には鶴見緑地の先に「門真南」駅が誕生するので、それを見越して門真南の表示を行灯に記載しているため、見えないように上から現在の終点の鶴見緑地の用紙を張り付けているのだ。

節約と言えばそうでが、なにやら貧乏くさい仕業でもある。

19970200鶴見緑地線293-1
「長堀橋駅」

目が覚めるようなブルーを基調としたホームである。
ここでも行先行灯に同様の処置がしてあるのが分かる。


[More...]

関連記事

大阪偕行社附属小学校時代の本館・講堂の惜別会


平成8年の年末の頃だったか、母校の慣れ親しだ本館と講堂が建替えされるため、平成9年2月22日にその惜別会をしたいので参加してください。と追手門学院からご案内をいただいた。

古いもの大好き人間としては、万障繰り合わせてでも参加しなくてはと思い、厳寒の最中ではあったが、厚めのオーバーコートを着込んで出かけた。

そして記録データに残すには、必ず超広角レンズが必要ではないかと考え、
LeicaM6+ソ連製ルサール20mmといういで立ちで母校に乗り込んだ。

19970222惜別会068-1

19970222惜別会067-1

瀟洒な2階建ての本館は、昭和7年製だった。

2階に増設された会議室では、同窓会組織の山櫻會の会議が開催され、何度か参加させていただいた思い出の場所である。

IMG_20190324_124759468~2-1

玄関上に掲げられたこ校章は、“山に桜”だった。

母校の同窓会の「山櫻會」の名称もこれが謂れである。


古地図
大阪市都市計画図 和楽路屋製より

その当時はの陸軍施設は地図上では“山形”のMで表示されていたので、母校の出身母体を無言のうちにアピールしている校章であった。

19970222惜別会089-1


19970222惜別会078-1

本館のエントラスは、あまり生徒や学生が近寄る場所ではなかったので、記憶に薄いが、写真にとると、右側の受付窓口は、高い位置にあり、来訪者にとっては敷居の高い感じを醸し出している。(写真には窓口は写っていないが、踏み台を設けているところから推して知るべし。)

方位図のような八芒星は、陸軍の五芒星とどういう関係があるのかわからないが、その床面の意匠とともに、重厚な木製扉に威厳を感じる。

2階には校長室があったが、歴代の校長は陸軍の将校が務めていた関係か、校長室にはサーベルを立てかける木製スタンドがあった。

後日談ではあるが、大平洋戦争時に憲兵をしていた人とお話をしていた際に、こんなことをうかがった。

「偕行社の酒保部は、学校の給品部のようなものだったが、そこで購入した軍刀は、すぐに折れるなどの二級品で、全く役に立たなかった」とのこどある。

19970222惜別会070-1

本館エントランスより南側を望む

隣にあった大阪偕行社の本館と同様に、入口の前には小さな築山が設けてあり、正面から直接内部が見えないような設計がしてあった。

19970222惜別会077-1

本館1階通路部分・・・いつも薄暗い雰囲気の場所だった。

IMG_20190324_124441642_BURST000_COVER_TOP-1.jpg

昭和7年完成当時の写真より


IMG_20190324_124219040-1.jpg

CENTER_0002_BURST20200708083234732-1.jpg

当日配布されたパンフレットと記念の500円テレカ



そもそもこの建物は・・・

大正10年に出来上がった木造洋館の瀟洒な校舎が、昭和5年7月に漏電が原因として一夜にして焼失してしまったことによる建替え事業により出来上がったものだった。

その復興校舎として近代的な鉄筋コンクリート造3階建のものと、同じく鉄筋コンクリート造2階建ての本館を建築することとなった。

これに要する費用は、約30万円といわれ、火災保険金や入学時の保証金で14万円余は補えるが、残りの16万円は寄付に頼るしかなかった。しかし、卒業生や関係者だけでなく一般有志者の援助によりその金員の調達ができた。

この建設資金が、経営母体の偕行社や陸軍財政には一切関係なく調達されたことは、その後、終戦直後の学校存続問題時に大きなプラス要因になるのであった。

昭和6年末には、講堂・屋内体操場と教室が竣工し、本館も昭和7年8月に完成した。施工会社は、大阪・松村組である。
全館スチーム暖房、各教室に電話・ラジオの設備があり当時のモデルスクールという存在だった。

[More...]

関連記事

平成9年12月18日大阪港テクノポート線開通

平成9年12月18日大阪市営地下鉄中央線の終着地であった大阪港駅からニュートラムの中ふ頭駅までが開通した。それは第3セクターの大阪港トランスポートシステムによるテクノポート線と称していた。

この路線の開通には、次のような理由があった。
大阪南港の埋立地に、新たな集客施設として大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC。現在の大阪府咲洲庁舎)やアジア太平洋トレードセンター(ATC)といったタワー型ビルや商業施設が開設されたが、鉄道による交通アクセスが大阪市交通局南港ポートタウン線(現在のOsaka Metro南港ポートタウン線。愛称ニュートラム)しかないという欠点があった。梅田や難波など市内中心部からは、大阪市営地下鉄四つ橋線(現在のOsaka Metro四つ橋線)を経由し住之江公園駅乗り換えでニュートラムを利用するしかなく遠回りで時間がかかるという不便さが災いし、バブル崩壊による不況も重なって企業誘致が思うように進まず空き地だらけなうえに、一度は南港に移転した企業の中には再び都心部へ戻ってしまった企業もあるという悪循環であった。その不便さを解消するために計画されたのが、大阪港駅と中ふ頭駅を結ぶ鉄道路線であった。(Wikipediaより)

その開通から5日後の12月23日(祝)に新駅のトレードセンター前駅とATCの様子などをパトロールしてきた。

その当時の様子をまとめるだけでなく、22年後となる令和2年の今日の様子と見比べてみたいと考え、R2.3.15新型コロナウイルス感染症で自粛ムードが高まっている最中訪れてみた。



※上の写真は、1997.12.23撮影、下の写真は2020.3.15同位置から撮影したものである。

(1)トレードセンター前駅の改札口
19971223テクノポート線205-1

_DSC0317-1.jpg



(2)トレードセンター前駅連絡通路から北側を望む
19971223テクノポート線208-1

_DSC0321-1.jpg



(3)同連絡橋からコスモスクエア駅発のニュートラム車輌を撮影
19971223テクノポート線206-1

_DSC0322-1.jpg



(4)同連絡橋から南側のO's棟を望む
19971223テクノポート線207-1

_DSC0320-2.jpg


(5)大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)の前を進むニュートラム
19971223テクノポート線210-1

_DSC0329-1.jpg

[More...]

平成9年 ハウステンボスと島原鉄道


平成9年10月11日 某団体の1泊2日の慰労会に参加して、長崎のハウステンボスに向かう。

伊丹から長崎へは、空路・日本エアシステム(JAS)を利用する。

19971012島原鉄道185-1

搭乗機には、kurosawaのサインがある。

その当時、映画監督の黒澤明がデザインしたMD-90が7機あったらしいが、これはその1機である。

平成14年の日本航空との経営統合により、このデザインは姿を消した。

19971012島原鉄道186-1

ハウステンボスは平成4年に開業したが、訪問するのはこれが初めてである。

19971012島原鉄道188-1

以前「長崎オランダ村」には行ったことがあるので、その二番煎じくらいの意識でいた。

しかし、訪問し園内を散策するとその規模の大きさと手のかけ方の違いは、すぐに分かった。

19971012島原鉄道189-1

19971012島原鉄道192-1

今日は園内を見て回り、飲み食いして、夜は花火を楽しむ。

しかし参加者は、明日もここに滞在するという。2日も居る必要がないと判断し、明日は単独行為を採ることにした。

ここから程なく訪問できる景勝地と言えば・・・「島原鉄道」である。

DSC_0130.jpg
(新潮社:日本鉄道旅行地図帳第12号より)

普賢岳の火砕流の悲劇が平成3年だった。その復旧した鉄道の様子も見てみたく諫早に向かうこととする。

主催者の了解を得て、翌日長崎空港で落ち合うことを約束して、鉄分補給行動に出る。

19971012島原鉄道193-1

JR大村線のハウステンボス駅は、同施設と同時に開業した駅である。

19971012島原鉄道194-1

このキハ58の列車には、「シーサイドライナー」という列車名が付されている。大村線の快速列車の愛称である。

[More...]

関連記事

幻となった、700系東海道新幹線 LAST RUN 2020.3.8



令和2年3月8日は、平成11年に登場した新幹線700系車輛が、東海道新幹線区間から引退する日だった。

そこでJR東海は、令和2年2月12日(水)より、自社所有の700系車両(2編成)に、ヘッドマーク及びサイドステッカーによる車体装飾を行った。

車体装飾実施箇所として、ヘッドマーク は1、16号車、サイドステッカーは 1、5、9、15、16号車に施された。

ラストランの3/8東京発9:47の「のぞみ315号」の切符は34秒で売り切れたと報道されていたが、機会があれば、その日までに運行する700系に乗れる機会があれがいいのに・・・と考えていた。

さよらなの運転の最終期は、2/24、2/26、2/28の定期運用のほか、2/29、3/1の団体による貸し切り列車運用を経て3/8のラストランとなる計画である。

手帳とダイヤ表を見比べると、その車輛の運転日である2月26日に、たまたま東京に行く用事があったので、その帰りに利用することにした。時間帯もぴったりだ。

DSC_0058~2-1

東京17:23発新大阪行き「のぞみ397号」である。

しかも今となっては珍しい喫煙車の15号車に、あえて予約を入れる。

EX利用票のタバコのマークがその証拠である。

HORIZON_0001-1.jpg

定刻の10分ほど前に東京駅19番ホームに上がるが、16号車前は、すでにこの人だかり!

DSC_0040-1.jpg

老若男女を問わずカメラを向けている

DSC_0039-1.jpg

いまでは見慣れた「カモノハシ」と呼ばれたこのロングノーズもこの700系から採用された。

その後、N700系の増備につながり、既存N700系のA化改造とその機能アップが進行し、最近では鼻筋がより目立つN700Sが登場している。

IMG_20200117-1.jpg

(参考1)令和2年1月16日に岐阜羽島駅で撮影したN700Sの試運転車輛
      後ろは、名鉄羽島線の電車


IMG_20200116-1.jpg

(参考2)N700Sの試運転車輛



DSC_0045-1.jpg

700系C編成は、旧形式の「方向幕式行き先表示器」を採用している。

この後の形式からLED表示を採用することになり、新幹線史上、方向幕を搭載する車両は、この編成が最後となる。

HORIZON_0002-1.jpg

運転室ガラスにC54と表記してある。 C54編成 (大阪交番検査車両所)の列車であることがわかる。

DSC_0037-1.jpg

16号車のサイドステッカーは、こんな意匠である。

[More...]

関連記事

令和2年“お正月四国堪能きっぷ”の旅 (その3)



(思へば、これが最終回)

令和2年1月3日の四国早回りも、残すは高知のパトロールだけとなる。

カツオの塩タタキとひらめいて、以前行ったことのある「ひろめ市場」を思い出した。
正月3日でも営業しているのかと心配したがネット検索ではOKとのこと。

時間も余裕があるので出向くことにした。

GR040378-1.jpg

市電で、はりまや橋まで行き、乗り換えすれば、「ひろめ市場」はある。

GR040385-1.jpg

GR040386-1.jpg

黄昏時を過ぎた頃、現地に到着。

なんだろう。この人出の多さは・・・どんどん人が吸い込まれていくぞ。

これが正月3日の様子かいな?

GR040388-1.jpg

館内満席。土佐人の正月の過ごし方の一端を垣間見た思いがする。

GR040387-1.jpg

腰掛ける地が全くないので、仕方なく、お盆に乗せられた塩タタキを立ったまま食す羽目に・・・でも美味には違いない!

GR040391-1.jpg

時間に余裕がない旅行は、なんとも味気ないが、早々と高知駅に戻ってくると構内時計は、18:00を示していた。

18:36の特急「南海」岡山行は、何時に入線するかと駅員に問えなば、すでに入線済との返事

あなや!それでは拙者も・・・とホームに上る。




[More...]

関連記事

令和2年“お正月四国堪能きっぷ”の旅 (その2)

(前回からのつづき)

令和2年1月3日「お正月四国堪能きっぷ」の早回り旅も佳境に入った。

四国の秘境と言われる予土線土佐大正駅に13:19到着

出発の13:47まで対向列車待ちで、而してトイレ休憩となる。

GR040322-1.jpg

ちょっと途中下車して駅前の風情を愉しまん

GR040311-1.jpg

駅舎は、林業の町をアピールしてか、木造の外観だ。

なんだか北海道に来たような錯覚を覚える。


GR040314-1.jpg

予土線全線開通記念碑が駅舎脇に鎮まっている。

全線開通は昭和49年3月1日とホント昨日のような出来事である。

宇和島から吉野生(よしのぶ)までは昭和8年までには宇和島線として開通していたが、その先の開通は、戦争を挟んで40年の月日を待たなければならなかった。

しかし、下記の大正14年の日本全国鉄道線路図(鉄道省発行)のものをみると、愛媛と高知を結ぶ鉄道はこのほか、松山 - 佐川間や宇和島 - 宿毛 - 中村間などが計画されていたが、実現したのは予土線だけである。

IMG_20200211_103427610.jpg

赤の二本線は計画線 赤の太実線が鉄道省路線 紫の実線は私鉄路線

現在の四万十川は、上山川と表記されている。

GR040312-1.jpg

駅前の道路には、「国鉄 土佐大正駅」の案内板がそのまま現役!!!

少なくとも33年以上は、ずっとこのままだった・・・ということは住民は敢えて残しているということだ。

なんと素晴らしいことだろう!!

GR040315-1.jpg

ん・・・何とかしてください。

GR040318-1.jpg

駅前には窪川行の小型バスが止まっていた。駅の出札口はバスの発券場所も兼ねているようだ。

GR040317-1.jpg

予土線のサポーター募集のお知らせ

いろいろな手段で頑張っているようだが、下記のとおり、かくの如き本数の少ないダイヤでは旅人のスケジュールが組み辛い。

GR040321-1.jpg

GR040329-1.jpg

出発時刻が近づいてきたのでホームに戻ると、反対側からド派手な対向列車がやってきた。

ホビートレインの一つである「海洋堂ホビートレイン」かっぱうようよ号である。

GR040329-2.jpg


GR040330-1.jpg

外観は、清流で遊ぶカッパをイメージしたものであるらしい。

土佐大正駅に隣接する打井駅の近く(近くと言っても4km離れているが)には海洋堂かっぱ館がある。

20200103四国2-1

土佐大正駅に置かれたパンフレットより



[More...]

関連記事

令和2年“お正月四国堪能きっぷ”の旅 (その1)

JR四国がお正月3ケ日限定の乗り放題切符を発売した。

令和2年の正月3ケ日のうち1日を指定しなければならないが、JR四国の特急・普通列車の自由席が乗り放題で¥2,020-と激安。
販売期間が短く、しかもネット販売に限るという面倒があるが、これは使わない手はない。

毎年の年始の挨拶に行った翌日に使おうと思いパソコンのボタンをポチる!

GR040259-1.jpg

香川の観音寺から予讃線で宇和島に行き、予土線経由で高知に出て、南風で岡山に帰るというルートを考えたが、なんとか1日に周遊できそうだ。

その計画は、令和2年1月3日午前8:19予讃線豊浜駅からスタートした。

GR040262-1.jpg

豊浜は無人駅なので、このままスルー

GR040266-1.jpg

8:19の普通列車観音寺行(7200系 7319+7219 )で、一旦観音寺まで行く。

GR040268-1.jpg

ワンマン運転の場合は、後ろの車輛は閉鎖するようだ。
以前は後ろの車輛も利用できたのだが・・・

経費の削減のためならいっそ単行にすればいいのにと思うが、車輛が片運転台のため2輛で1ユニットとなっているのでかくなる仕儀となっているのだ。

GR040272-1.jpg

観音寺からは、また逆戻りする。

8:27発の特急しおかぜで松山に向かう。

車内は最初はガラガラだったが、新居浜あたりから徐々に混雑し始めた。
松山には10:06到着。

GR040277-1.jpg

パトロールする間もなく同じ1番ホームから10:15発の宇和島行「特急宇和海」に乗車

GR040280-1.jpg

伊予大洲を過ぎて八幡浜に近づくと険峻に張り付くような集落が見受けられるようになる。

GR040281-1.jpg

八幡浜駅の本屋は、何か懐かしい風情を湛えている。

GR040282-1.jpg

昔の軍艦駅と言われた常磐線土浦駅を見る思いがする。

「のりかえ別府連絡」の案内が確認できるが、是非トライしてみたい航路である。


GR040285-1.jpg

宇和海が見えてきた。

この辺りは随分標高の高いところを走っているようだ。

まもなく終点の宇和島である。


[More...]

関連記事

平成9年 福井鉄道訪問



(前回からのつづき)

平成9年8月9日 

新疋田のループでの撮影を終えたのち、敦賀より北陸本線を進ままし・・・

19970809北陸線・福井鉄道149-1

何気ない風景に溶け込んでいたキハ58

小浜線の電化が平成15年なので、この当時は小浜線用として使われていたのだろう。

ローカル線の急行車輛としての存在感たっぷりだったが、いつの間にか淘汰されてしまった。

19970809北陸線・福井鉄道171-1

ここからは、大阪から比較的近いところにあるにも拘らず、今まで訪問したことがなかった福井鉄道をトライする。




程なくしてJRの武生に到着。駅前を出てすぐ右側が福井鉄道・越前武生駅

19970809北陸線・福井鉄道151-1

300形は、元静岡鉄道の車輌である。昭和41年製ながら外観を見るとそんなに古い車輌には見えない。

しかし、下の写真のように車内に入ると、それなりの時代を感じる。

19970809北陸線・福井鉄道164-1

広告の日本火災はいわゆる老舗損保会社だったが、今では統合されてしまった。

19970809北陸線・福井鉄道150-1

「デジタルツーカー」の広告車輛200形

デジタルツーカーとは、かつて存在した携帯電話事業者の一つで、現在のソフトバンクの前身企業の一つである。


19970809北陸線・福井鉄道152-1

モハ142-2・142-1は、名古屋鉄道からやってきた。

昭和6年の日本車輛製なので、きっと吊り掛けモーターの轟音が聞こえただろうね。

19970809北陸線・福井鉄道153-1

これは、3扉車なので、120形だろう。

19970809北陸線・福井鉄道163-1

中央にチラリと姿が見えているのは、旧北陸鉄道金沢市内線の路面電車である560形562号と思われる。

[More...]

関連記事

平成9年 新疋田の大カーブ


ある日、鉄トモのU君から新疋田のカーブに行きませんかと誘われた。

断る理由もなく、それを二つ返事でOKし、平成9年8月9日撮影旅行に出かけた。

(注)この日のネガは、なぜか状態が悪く、かなり黄変していた。スキャンの後、ソフトで復元を試みたが十分に回復できず、結果として見苦しいものが多いが、22年前のネガということを考えてご容赦くだされ。不爾

19970809北陸線・福井鉄道121-1

新疋田駅で“食パン”電車から降りたのは、我々2人だけだった。


19970809北陸線・福井鉄道126-1

駅から敦賀方面に少し歩いたところに撮影ポイント「南城踏切」がある。
ここが本日の目的地の一つ。

(その後、この場所は不良撮影者のために撮影禁止場所になったとか・・・残念なことである。)

19970809北陸線・福井鉄道125-1

3輌ユニットの418形もこうして撮影すると、さすが出自は寝台電車。貫禄十分だ。

19970809北陸線・福井鉄道124-1

この夏限定の臨時列車としてキハ65形で大阪 - 若狭高浜間を運行した急行「マリンわかさ」1号

列車名板がショボイのが残念!

19970809北陸線・福井鉄道179-1

19970809北陸線・福井鉄道129-1

681系車輛の特急は平成9年3月22日のダイヤ改正で「スーパー雷鳥(サンダーバード)」から「サンダーバード」に改称された。

[More...]

関連記事

平成9年4月6日 新京阪鉄道P-6 復活


平成9年4月4日毎日新聞「雑記帳」に、阪急で静態保存していたP-6が、走行できるように手入れされ、来る4月6日「春休みフェア」で正雀工場内を4半世紀ぶりに復活走行する。との記事が出た。

19970406P6復活146-1

ということで、雨天にもかかわらず見学に出掛けた。

19970406P6復活108-1

熱心なファンは私だけではなさそうだ。
女性・子供の姿も多く見受けられる・・・たぶん旦那や父親に付き合わされていると思われるが・・・

19970406P6復活104-1

実は、私はこの車輌は無骨で洗練されたところがないように感じられて、余り興味を抱かなかった。
戦前の鉄道省の設計による同系の車輌の方がずっとスマートだからだ。

平成7年に訪れた際にもこの車輛に乗ったりはしたが、それは自走できない状態だったようだ。

しかし、こうして走行が可能なまでに復活したことは、とにかくめでたい。
関係者のご尽力を讃えたいと思う。

19970406P6復活112

19970406P6復活103-1



19970406P6復活141-1

19970406P6復活145-2

雨の中を疾走するP6

19970406P6復活139-1

19970406P6復活147-1



[More...]

関連記事

令和元年 束の間の夏休み/箱根登山鉄道


令和元年8月23日(金)神奈川・湘南での仕事が昼過ぎに終わったため、ちょいと足を伸ばして箱根に向かうことにした。

“遅めの夏休み”のような気分である。


GR030574-1.jpg

JR東海道線で小田原まで行き、そこから箱根登山鉄道に乗り換える。

GR030481-1.jpg

小田急のホームに立つと、ちょうどROMANCE CAR EXEα(30000形) なる特急が入線してきた。

特急など端から乗るつもりがなかったが、ホームのアナウンスで、駅員が、終点の箱根湯本までなら200円の特急料金で乗車できると言っている。

GR030489-1.jpg

この悪魔の囁きに、あっさり負けて、特急の人となる・・・“はこね25号”快適なり!

13:40小田原を出発して僅か15分間の特急列車の旅である。

GR030479-1.jpg

GR030487-1.jpg

先頭車の前の方に陣取るが、肝心の展望具合は、あまり良くないね。
運転席の器具類の位置が高いのと、ブラインドが降ろされているので、左側はほぼ視界ゼロ。右側は何とか開けている。

GR030492-1.jpg

小田原から箱根湯本までの区間は、箱根登山線だが、小田急車輌しか営業運転していない。
よって、こんな単線区間に、モスラのようなロマンスカーVSE(50000形)がのっそりと現れたりする。

この区間、以前は、標準軌の箱根登山鉄道車輌と、狭軌の小田急車輌が往来するため、レールが3本ある特殊な3線軌条となっていたが、今では箱根湯本と車庫のある入生田の間だけとなっている。

GR030494-1.jpg

14時前に箱根湯本駅到着

次の14:12発の強羅行きは、2両編成とあるので、旧型車輌のようだ・・・有難いねぇ!嬉しいねぇ!!

GR030497-0-1.jpg

やってきましたモハ1形104号車・・・箱根登山鉄道はこの車輌でなくっちゃ!

GR030499-1.jpg

乗客が下車して、新たなお客が乗り込むと、ほぼ満員状態。

GR030500-1.jpg

クーラーが付いていないと、小言をいう乗客がいたが、箱根の自然クーラーの方がよっぽど贅沢といえるのにね。

窓から入ってくる涼風が心地よいわ。

GR030502-1.jpg

いくつものスイッチバックと80パーミルの急勾配を登って、40分ほどかけて終点強羅に14:49到着

GR030503-1.jpg

せっかなので、14:53発の列車を見送ることに・・・この時刻山を降りる電車は空いているようだ。

GR030512-1.jpg

GR030506-1.jpg

連接部分は、緊急時以外は通行止めとなっている。

GR030514-1.jpg

先頭車のモハ2型108号車は、黄色の窓枠とブルーのボディの旧塗装をイメージしたものとなっている。
正面から撮りたかったが、ホームがギリギリで撮れなかった。

GR030516-1.jpg

残念ながら見送る形となったが、旧型車の走行写真を撮ることができて満足なり。

GR030518-1.jpg

さて、一つの目的を達成したので、次のミッションである強羅温泉を楽しむことに向かう。

[More...]

関連記事

昭和51年 北海道修学旅行(その3)

(前回からのつづき)

昭和51年6月16日

白老ではポロトコタンを見学した。
アイヌの民族楽器ムックリを買ったものの、まともに音が出ないと嘆いている同級生に、シンプルな民族楽器がそんなに簡単に奏でられるはずがないと冷笑を投げる。

そんな状況を尻目に、団体行動を早々に離脱して白老駅付近の線路際でカメラを構える。

1976北海道修学旅行170-1


白老駅を出る堂々6連の臨時列車

1976北海道修学旅行171-1

室蘭本線の白老駅

1976北海道修学旅行171-2

上記写真の拡大 昭和9年築の木造駅舎は昭和62年に取壊されることとなる。

1976北海道修学旅行172-1


1976北海道修学旅行173-1

特急おおとり

1976北海道修学旅行174-1

室蘭本線 北吉原駅

面白いデザインの駅舎だなあと思いシャッターを切ったもの。

調べると、昭和40年に隣接する大昭和製紙が、従業員の通勤のため、建設費全額負担で建築したものらしい。

どおりでデザインが国鉄臭くない訳だ!

1976北海道修学旅行179-1

函館行き普通240列車 長万部付近

1976北海道修学旅行180-1

函館本線・大沼公園駅

これも大沼公園を散策している団体行動に離反して、国鉄の駅に出向いたものである。

1976北海道修学旅行181-1

大沼公園駅に停車中の急行「宗谷」

[More...]

関連記事

昭和51年 北海道修学旅行(その2)



(前回からのつづき)

1976北海道修学旅行148-1

昭和51年6月14日 夕食前の休憩時間を利用して、仲間3人で網走湖畔のホテルを抜け出し、近くの石北本線・呼人駅をパトロールする。

1976北海道修学旅行149-1

網走行普通列車563Dがやってくる時刻に間に合うよう駅に向かったのだ。

タブレット交換をしている一瞬を狙った。

1976北海道修学旅行149-0-1



1976北海道修学旅行153-1

翌朝の網走駅・・・縦書きの駅名板(※)をもつ堂々たる木造駅舎だったが、惜しくも翌年建替えられてしまった。

※縦書きの駅名板には網走刑務所から出所してくる元受刑者が、もう二度と「横道に反れないように」という願いが込められている。


1976北海道修学旅行152-1

件の網走刑務所はこの橋の向こうにある。残念ながら修学旅行の見学ルートには入っていなかった。

1976北海道修学旅行154-1

釧網本線・藻琴駅  
サビサビの屋根が、いいね!

駅舎の後ろの客車列車は、網走行普通632列車

ここは、開拓民の入植地における交通の便を図るために建設された“東藻琴村営鉄道”の藻琴線が奥地に伸びていたが、昭和40年には全廃された。

1976北海道修学旅行155-1

こちらは藻琴駅の半分にも満たないサイズの“北浜駅”

鉄道模型のシーナリーとして是非採用したい、実に魅力的な駅舎だ!
白い前栽柵もその魅力を増している。

この駅舎をバスの車窓から見た同級生からは、思わず歓声が上がった。
京阪電車の北浜駅を知るものにとって、その大いなるギャップに驚いたのかもしれない。

「オホーツク海に一番近い駅・海岸まで20メートル」と標語とともに、
愛すべき駅であることは、ここが多くの映画やテレビのロケ地として使われていることからも知れる。

現在もこの駅舎は健在であるが、窓枠等にアルミサッシが用いられ、残念ながら、この写真のような風情はない。


[More...]

関連記事

昭和51年 北海道修学旅行(その1)

昭和51年6月9日から6月17日まで、高校の修学旅行で北海道を初めて旅行した。

すでに国鉄のSLは全廃した後であったが、旅行途中に撮影した鉄道写真を改めて見直すと、今とは異なる景色が見受けられるので、そのいくつかをアップしようと思った次第である。

往路は、敦賀から新日本海フェリーで小樽に上陸。

1976北海道修学旅行177-1

そこからは北海道中央バスの観光バスで道東に向かう。

小樽築港では廃車体のSL群を眺めて、鉄道ファンの友達と、「来るのが少し遅かった!」と嘆いたものだ。

1976北海道修学旅行131-1

バスの車窓から撮った最初の一枚がこれ。函館本線・大麻駅
現在は札幌近郊の大きな住宅地になっているようだが、この時は寂しい無人駅のように感じた。

1976北海道修学旅行132-1

711系は、昭和42年に函館本線電化事業と並行して開発された徹底した耐寒耐雪機能を考慮した初の北海道向け国鉄電車である。
これも彼の地でなければお目にかかれない電車となれば、自然とカメラが向けられるというものである。

1976北海道修学旅行134-1

ED76も本州では見られない電気機関車である。
D型電機というのに中央に補助輪を装備しているため、E型電機のような長い車体をもっている。幌向附近にて

1976北海道修学旅行135-1

岩見沢の手前にある上幌向(かみほろむい)駅。北海道の駅舎らしい造作だった。
入口のガラスに中央バスの紅白のボディカラーが映り込んでいるのがご愛敬。

1976北海道修学旅行136-1

旭川に近い神居古潭駅(かむいこたんえき)は昭和44年函館本線の付け替えにより廃止になった駅
「カムイコタン」という北海道らしい響きをもつ駅には強く惹かれるものがあった。



[More...]

関連記事

平成9年2月阿波川島訪問


平成9年2月高松経由で阿波川島を訪問する。

これはその往復の鉄道風景である。

19970228琴電038-1

山陽新幹線の下りでは、A席が定石である。

宮原操車場を俯瞰してチェックするが、このときは、トワイライトのEF81しか見当たらずハズレの日だった。

19970228琴電039-1

この381系は、平成6年12月3日に登場した「スーパーやくも」編成である。
塗装は薄紫色地に青紫・白・赤紫の帯を配し、車内もグレードアップされたものだった。

平成18年に“スーパーやくも”が“やくも”に統一されたことにより、この塗装も消滅した。

19970228琴電060-1

旧高松駅本屋 国鉄時代の鉄道管区局の中心駅らしい佇まい。派手な広告が目立つが、もちろんJR以降のものだろう。

面白みのない駅ビルだが、今となっては懐かしい。

19970228琴電041-1

派手な配色でレトロな雰囲気を醸し出す大川バスを見つけたので、一枚撮る。
こんな写真撮ったことすら忘れていたが、今回ネガをスキャンして発見した。

何でも撮っておくものである。

19970228琴電042-1

高松城・艮櫓の横を、吊り掛けモーター音を轟かせて通過する長尾線の古豪編成

先頭の3000形300号車は、大正15年の高松琴平電気鉄道開業時から走り続けている車輌である。
平成31年現在でも現存しており、イベント列車として活躍することもあるらしい。


19970228琴電043-1

1080形1085号は、平成1年12月に京浜急行電鉄1000形(昭和35年6月製)を改造して導入したもの。
Rの強い前面のデザインが今でも愛されている。


19970228琴電044-1

元京浜急行230形はもっとも洗練されたデザインを有する車輌だった。
特に非貫通型は、私鉄王国である関西の鉄道ファンからも羨望をもって受け入れられていた。

この30系36号の来歴は下記のとおり

36←京急デハ272←東急デハ5272←京浜電鉄デ87

昭和11年汽車製 昭和53年入線 平成11年廃車


19970228琴電045-1

この35号は常に36号と編成を組んでいたので来歴は同じである。

19970228琴電046-1

高松築港駅構内を外から撮影

19970228琴電057-1

1013形1013号は、三岐鉄道からやってきたが、撮影後まもなく廃車となったらしい。

19970228琴電058-1

60形62号は、大正2年天野工場製というつわもの。元京浜電気鉄道デ37である。
現在は保存車輌として安置されていると聞く。

19970228琴電059-1

琴電はこれくらいにして、次はJRに移ろう

[More...]

関連記事

長野から春の便りが届きました


長野の古い友人から、春の味覚ですと、天然の“こごみ”が送られてきた。

この令和元年の10連休に、家族で山菜採りに出掛けたらしい。それのお裾分けである。

DSC_1810-1.jpg


大阪でも割烹店などでは、おひたしや白和えになったものが出てくることがあるが、これほど大量に目にすることはない。

インターネットで調べると調理法などは何種類も見受けられる。

「コゴミには同じシダ植物のワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく、採ってきたばかりの物なら生でも食べられます。味も強いクセなどはありません。」

IMG_20190502_175750848-1.jpg

我が家は、お浸しと天ぷらでいただくことにした。

IMG_20190502_175859013-1.jpg

盛り付けの器を変えると印象がまた違ってくるね。

IMG_20190502_175731838-1.jpg

タケノコとレンコンとともに天ぷらにする。

IMG_20190502_180518871-1.jpg

野菜ばかりになるので、カツオのタタキを付け加えて、薫風五月定食のできあがり。

こごみは、確かにアクはなく、優しい歯触りで、噛んでいると少しぬめりが感じられ、春の味覚を楽しむ。

白ワインとの相性も良さそうだ。





友人からのメールには、こう記してあった。

「娘たちと山菜採りに行き、こごみ、ぜんまいを中心に採ってきました。もうしばらくしたら、わらびの時期になります。」



信州の山々の光景を思い出しながら、山の恵みと友の心づくしに感謝



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


関連記事

Leica Summilux 35mm f1.4  試写



平成8年・9年といえば、カメラ道楽も本格化し始めたころで、甘美なライカの底なし沼にも魅了されつつある頃だった。

IMG_20190428_130539717-1.jpg


このライカのレンズ・ズミルクス35mm f1.4もそんな折購入したものだった。
大口径の広角レンズがほしくて触手が伸びた。

手許の控えを見ると、H9.1.18大阪の中古カメラ専門店で美品を\100,000-で買ったとある。
専用のフードやフィルターも別途買ったのでさらに2~3万円かかっていると思われる。

19980200ズミルクス試写096-1

f1.4の開放値で撮るとピントの合っていない場所はズドーンとぼける。この滲むようなぼけ味が何とも美しい。


新しいレンズを買うと使いたくなるのが人情であり、ライカM6に装着して仕事の出張の際にもカバンに忍ばせた。

19980200ズミルクス試写114-1

岡山方面に出張の朝 大阪駅で準備運動よろしく、1番線から環状線と2番線のスーパー白兎を狙う。

19980200ズミルクス試写115-1

19980200ズミルクス試写106-1

下りの新幹線では、A席から宮原操車場を俯瞰するのはお決まりのコースである。
日々是好日なり。

19980200ズミルクス試写107-1



19980200ズミルクス試写095-1

0系新幹線の5号車(自由席)車内の様子。2席+2席のゆったり仕様。

細川ふみえのバスロマンの広告が懐かしい。


19980200ズミルクス試写113-1

このときには、ビュフェにも立ち寄っている。

扉にはビュフェと標記してあるが、内容はカフェテリアである。山陽新幹線の「ウエストひかり」で活躍した。

只今の速度211km/hという表示は、いつからデジタル表示になったのだろうか?

そんなことにも気づかないまま、0系新幹線は平成12年に「ひかりレールスター」に置き換えられ、ビュフェの営業を終了した。

19980200ズミルクス試写112-1

内装は、東海道新幹線登場時のビュフェスタイルではなく、このように窓際の一方を通行区域として確保して反対側に喫茶店風にテーブルと椅子を配置したものだった。

[More...]

関連記事

Kodak Signet35と大阪城平成の大修理


平成8年に撮影したネガフイルムを見ていると、カット数は僅かだが、なかなか興味深いものが写っているものがある。

ご紹介するのは、コダック・シグネット35をぶら下げてその年の9月京都に遊んだ後のフイルムを消化するために撮影したものだ。
36枚撮りフイルムだと、少し余るとついつい、こういうことをしてしまうものだ。

IMG_20190330_120005967_20190330123402f0c.jpg

因みにこのカメラは今でも手許にあり、現在は娘の愛用カメラとなっている。
ネガフイルムの持つパステル調の画像がお気に入りなのだ!!

レンズキャップは、コダックのフイルムケースのキャップ・・・ともにKodakの製品のためか?何故か大きさがぴったり!

19960914京都・大阪城075-1

大阪城をフォト散歩したが、天守閣は平成の大修理の真っ最中。

こんなシーンは、この時しか見られないものだ。

19960914京都・大阪城074-1

建物の形状が複雑なので、足場も普段の建物とは違い、かなり手の込んだものとなっている。

やっぱり何でも撮っておくものだね。

19960914京都・大阪城073-1

これは府庁横の古い庁舎を利用した国体センター

翌年の平成9年に第52回国体が大阪で開催されるためその準備をする組織が入っていたのだ・・・すっかり忘れてた。

マスコットの “もずやん”はこの時は“モッピー”と呼ばれていた証拠も写っている。

「大阪国体は、第1回大会以来51年ぶり、初めての単独開催。「なみはや国体」をテーマに、「おおさか ふれ愛 夢づく り」のスローガンのもと、府内全市町村が会場となった本大会は、府民総参加で、進取の気風と人情味あふれる大阪らしい大会として開催され、外国籍の社会人 の初参加や環境にやさしい取組をはじめ、38年ぶりとなる薄暮型の開会式、衛星放送を活用した街角放映など様々な取組が行われるとともに、府内各所で府民 と選手との温かな交流の輪が広がる大会となった。また、広範なデモンストレーションとしてのスポーツ行事の実施など、生涯スポーツ社会づくりへの契機とな る大会となった。」・・・らしい。

19960914京都・大阪城082-1

大阪市営地下鉄の中央線には、このような海遊館のラッピングカーが走っていたんだ。

ああ、懐かしい!


  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


関連記事

平成8年 智頭急旅行


定期的な勉強会に参加している同世代の仲間がいる。

その仲間で一泊旅行をしようということになって、仲間の一人の発案で、平成8年11月30日岡山県の山奥にある粟倉温泉に行くことになった。

(実は、この旅行が契機となって、以後毎年1回同じメンバーで旅行に行くようになり回数も
20を数えるようになった。)


この日は、智頭急のあわくら温泉に行くだけだったので、出発は遅め。

19961130粟倉Bimg016-1



19961130粟倉Bimg017-1

在来線の山陽本線で上郡まで行き、智頭急行線に乗り換えてあわくら温泉駅に・・・

19961130粟倉Bimg019-1

19961130粟倉Bimg023-1

旅館は余り褒められたものではなかったので、割愛するとして・・・

翌日は快晴になったが、11月というのに夜間には降雪があったのか、スギ林も綿帽子をかぶっている。

19961130粟倉Bimg028-1

しかし、一方では散り果てた紅葉が水面に浮いている景色が見られた。

19961130粟倉Bimg020-1

あわくら温泉駅前にて

この駅は、鳥取・兵庫の2県に接する岡山県英田郡西粟倉村にある。

町村合併が盛んな中でも、“村”として頑張っているということは、単独でやっていけるだけの収益があるということだろう。
林業が盛んな場所だとは聞いている。

19961130粟倉Bimg024-1

前面が赤いディーゼルカーは、特別車輛のHOT3521号

この車は他の車輛とデザインが異なりイベント用として使われることがある。
イベント運用時はカラオケ設備や液晶モニター、トンネルシアター、テーブルを設置することができる

19961130粟倉Bimg021-1

こちらは一般的な智頭急行HOT3500形気動車


[More...]

関連記事

阪急1000系車輌 夜半の陸送


以前、新幹線のN700系が陸送される様子をアップしたが、今夜は、阪急電車が搬送されるとの報を受けた。

よって、雨上がりの寒冷の下、平成平成31年2月20日午前0時過ぎに出掛けた。

GR030212-1.jpg

新幹線の時は、ギャラリーはすごく多かったが、阪急電車だとそんなに興味がないのか、極めて少ない。

しかし、私一人だけではなかったことを付言しておく。


待つこと半時間、0:40になってそれは現れた。

GR030218-1.jpg

青い回転灯を点滅させながら、特殊車輛運搬車が国道に現れた。


[広告 ] VPS


阪急1000系車輛は、平成25年から神宝線で活躍中ではあるが、このようにさらに新車を導入しているのだ。

山口県下松市の日立製作所 笠戸事業所で製造されているため、海路で大阪まで輸送され、大阪港から陸送されている。

GR030224-1.jpg

2台目は、中間車輛

GR030225-1.jpg

GR030226-1.jpg

N700系新幹線の先頭車輛は27.3メートルあるが、阪急1000系は19.0メートルなので、大きな交差点では、難なく回転させることができる。

GR030229-1.jpg

交差点のど真ん中で、何か異音が響いたと思ったら、係員が停車中の台車を点検し始めた。

GR030230-1.jpg

これから正雀工場まで夜更けの大移動となるのだろうが、非日常的な光景には違いなく、幸運にも遭遇した市民はきっと刮目することであろう!



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

関連記事

Super Ikonta 531で港町散歩

平成8年9月23日のことだった。

ファジー・コレクションにはジャバラのカメラも多く存在するが、この日は1938年ドイツ製ツアイスのスーパーイコンタIII(Super Ikonta 531)にモノクロフイルムを詰めて、桜島・天保山の港町散歩に出掛けた。

19950708459-1.jpg

このカメラは、分類ではスプリングカメラに属するが、ドレーカイル式のピントあわせ装置を備え、同種の中では最高品である。

レンズの横に飛び出た腕木単目のドレーカイル方式の説明は、本機を手にすればその精緻な光学装置に驚嘆するばかりであるが、その光学装置の説明を文書にすると絶対に理解できない代物である。

アマチュアには、この半分の大きさのセミ・イコンタが好まれたが、イコンタがもつ6×9cmのビックサイズはプロに好まれ、この傾向は1970代まで続いた。

R0029564-1.jpg

左側の35mmフイルムではなく、右にある細長いサイズの裏紙のついたプローニ判のフイルムを使う。

IMG_20190202_100413298-1.jpg


ネガを比べてみると、35mmに比べて圧倒的なサイズの大きさを誇る。これは、今で言うところのデジタルカメラの受像子の大きさの違いと同様の効果がある。

昔はレンズの性能をカバーするため大きなサイズが求められたが、名レンズのテッサーを搭載したスーパーイコンタともなれば、大きく引き伸ばす必要のあるプロ写真にとっては、35mm判より重用された。

そして、スプリングカメラの特徴として、折りたたむとコンパクトになることから山岳写真家には特に愛好された。

今回は、これだけ大きなサイズだと、写真屋さんに頼まなくても、自分でフイルム現像とベタ焼き(ネガフイルムと印画紙を接してプリントする方法)ができるのではと思いトライした次第である。(サンプルは、上記のとおり)

19960923スーパーイコンタ103-1

大阪の臨港貨物線「浪速駅」に隣接するダイゾー(旧:大阪造船)の巨大クレーン

この造形には、人を魅了する要素がある。しばらく見ていても飽きが来ない。
鉄骨の素材が華奢なのにこんなに大きな造作になっていることが、なんとも美しい。しかも縦横無尽に駆動する。

19960923スーパーイコンタ103-2

6cm×9cmなので、中央の操縦室部分の拡大にも破綻を来たさない。

19960923スーパーイコンタ104-0-1

こちらは、余りに見事な“草ワイパー”があったので、撮ってみた。
こういう被写体はやはりモノクロがいいね!

(注)草ワイパー:草と風が壁面に織りなす造形美であり、振り幅が大きい方が美しいとされている。小さいながら壁面の穴から成長した草木の場合360°にも及ぶものがあるので侮れない。

[More...]

関連記事

みやびの宿 加賀百万石 竣工披露セレモニー


ある程度の年齢の人だと、北陸の山代温泉「ホテル百万石」という名前に聴き覚えがあるに違いない。

ホテル百万石は明治40年創業の老舗旅館だったが、所有者の「北國リゾート株式会社(旧:株式会社ホテル百万石)」が経営不振を理由に平成22年9月に金沢地裁から破産手続き開始の決定を受けた。

その後もホテルは別会社が経営していたが、平成24年9月から休業となっていた。

その後、紆余曲折を経て平成29年に大阪のホテル経営会社ビッググループが買い取り、営業再開に向けて外装・内装・庭園と整備を続けてきた。

そして、この度ようやく開業にこぎつけたということで、平成30年12月22日(土) 関係者向けに竣工披露セレモニーが開催された。


OI000382-1.jpg

山代温泉の中心部の総湯からやや南下した場所にその巨大なホテルはある。

OI000383-1.jpg

大きく広い玄関車寄せ。

確かに招待客を載せた何台ものタクシーが横付けられていたが、全く問題なかった。

OI000445-1.jpg

OI000444-1.jpg

正面玄関を入ると、これまた広いロビー空間が現れる。右わきに立派なフロントがあるのだが、そちらが狭く小さく感じてしまう。

OI000387-1.jpg

このあたりは、昔喫茶コーナーのあったところかもしれない。

OI000389-1.jpg

五角形のテーブルにソファを配したラウンジ・・・広いスペースがないと、こんな配置はできないと感心しきり

奥の方にはまだ余裕がありそうだ。

OI000390-1.jpg

ロビーとラウンジの場所は、本館の3階部分となる。

広い庭園を見渡せるここからの眺めは、素晴らしい。非日常なラグジュアリー感を否応なく満喫することができる。

OI000427-1.jpg

一階からの風景・・大阪梅田のヒルトンプラザと雰囲気が似ているようだが、こちらのほうが先輩である。

これだけのホテルが5年以上も休業していたとは、もったいないことであった。

OI000411-1.jpg

大きなおみやげコーナーもあるが、まだ内覧の状態なので品揃えはこれからというところ。

[More...]

関連記事

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author : Fuzzy




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


古いLeicaやRolleiなどの寫眞機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・
鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本・奇書や・・・
DSC03810.jpg

いにしへの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg

洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・   

 

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

> tags
灘駅 クラシック アールデコ クラシックカメラ Retina 35mm レチナ 平成9年 鉄道 叡電 叡電サブレ きらら デナ 近鉄 ナロー 特急 ひのとり 五新鉄道 新町通り 五條市 源兵衛 大阪地下鉄 鶴見緑地線 追手門学院 ライカ 偕行社 校舎 惜別会 島原鉄道 大村線 ハウステンボス 喫煙車 700系 新幹線 土佐大正 高知 カツオ 塩タタキ 宇和島 乗り放題切符 トロッコ JR四国 四国新幹線 福田和子 福井鉄道 福井 武生 小田原 箱根登山鉄道 強羅温泉 正雀 阪急 電車寝台 青函連絡船 国鉄 釧網本線 北海道 仮乗降場 阿波川島 琴電 こごみ 長野 奈良 Leica Summilux 岡山 Signet35 大阪城 Kodak あわくら温泉 智頭急行 宮本武蔵駅 車輌 陸送 ブローニ スーパーイコンタ 桜島線 天保山渡船 モノクロ 加賀百万石 山代温泉 なごみの宿 SLやまぐち号 オロテ スハテ D51-200 津和野 新山口 松田屋ホテル 湯田温泉 三朝温泉 キハ181 倉吉 はくと 松島 空港 仙台 みのり 奥羽本線 山形新幹線 陸羽西線 陸羽東線 新庄 クモヤ 安治川口 西九条 温泉 つるや 山形 蔵王 高湯 E3系 東北新幹線 E5系 那須塩原 E6系 カツサンド 寝台車 サンライズ スーパーレールカーゴ サンライズ瀬戸 高岡 氷見線 城端線 ネコ電車 加越能鉄道 長尾線 高徳線 志度線 コトデン 今橋車庫 京浜急行230 117系 高松築港 高松駅 一畑電鉄 ムーンライト八重垣 大社駅 デハニ ステンドグラス 出雲大社前 京阪電車 ヴォーリズ 近江八幡 プレミアムカー スイッチバック 木次線 しまかぜ はやぶさ 下関 門司港 ムーンライト九州 さくら 越美本線 419系 JRバス 美濃 ムーンライトながら 岐阜 白鳥 八幡屋 JR貨物 浪速駅 C57 北びわこ号 C56 鳥取砂丘 日本秘湯を守る会 鳥取 岩井温泉 瑞風 岩美 山陰本線 餘部 はまかぜ 山陰線 城崎温泉 青春18切符 福知山線 エクター Kodak シネレンズ Ziess Tesser わさび 安曇野 ますすし 北陸新幹線 立山黒部アルペンルート 室堂 黒四ダム 扇沢 破砕帯 富山地鉄 アルペンルート 立山駅 京阪3000系 シグネット コダック マヤ 味めぐりわかさ スロフ12 タンゴ・デイスカバリー 橋本 下市口 跨線橋 東海道線 熱海 グリーン 石亭 西鹿児島 ビュッフェ TSUBAME JR九州 つばめ 鹿児島中央 金沢 昭和 ルサール 世田谷線 ソ連 関西空港 ラピート モ510 モ750 モ770 揖斐線 名鉄 米原 彦根 近江鉄道 SL 8620 人吉 赤うし弁当 ハチロク 熊本 阿蘇神社 しんぺい号 矢岳 大畑 肥薩線 真幸 C55 はやとの風 吉松 霧島温泉 鹿児島 九州新幹線 鹿児島市電 水陸両用車 天満橋 八軒家 ダックツアー 徳島線 土讃線 高松琴平電気鉄道 岐阜市内線 黒野駅 C56 Leica 臨港貨物線 阪堺線 天下茶屋 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 酸ヶ湯温泉 青森 混浴 すすきの はまなす 大勝 しずか アイアンホース 小樽 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 遷喬小学校 久世 真庭市 キハ127 えきそば 姫新線 義経号 梅小路 蒸気機関車 サンライズ出雲 スーパーはくと 温泉津温泉 温泉津 薬師湯 スーパーおき おとなびパス 山口線 博多 明治 鉄道遺産 官営鉄道 ツツジ 蹴上浄水場 京津線 平成7年 特別警戒実施中 地下鉄サリン事件 造幣局 大阪環状線 泉布観 四国鉄道文化館 しまなみ街道 今治 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 京阪 蹴上 三条通 京都 尾道 竹原 竹鶴 マッサン かんぽの宿 湯坂温泉 白市 酒蔵 くろんぼ 西条 広島 18切符 なみはや大橋 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 叡山電鉄 デナ21 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 万年筆 高松 宇野 デルタ 連絡船 予讃線 豊浜 桜島 天保山 櫻島線 北港運河 USJ 曝涼展 モハ52 流電 明治屋 あべの リニア・鉄道館 蒸気動車 汽車会社 湯田中 角屋ホテル 長野電鉄 屋代線 大阪国際空港 雀田 宇部 小郡 大和川橋梁 モ253 モ301 サントリーミュージアム 大阪 ヤシカ テッサー コンタックス 汐見橋線 グランフロント大阪 レディー・カガ 懐石 ホワイトラベル バー 高野線 ズームカー 本線 汐見橋 南海電鉄 太平洋戦争の痕跡 機銃掃射 福島 地下工事 大阪市電 保存 投書箱 吊り手 花園橋 市電保存館 2階建て電車 緑木車庫 ロングシート キハ58 播但線 日野駅 だるま レールバス ボンネットバス キャブオーバーバス 西大寺鉄道 キハ7 軽便鉄道 金沢駅 和倉温泉駅 北陸本線 福井駅 博物館 関西文化の日 上田交通 丸窓電車 C62 動画 梅小路蒸気機関車館 長崎駅 スキー列車 シュプール号 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 今井町 橿原 薬師寺 藤原京 肉ジャガ 北近畿タンゴ鉄道 舞鶴 海上自衛隊 アテンダント 丹後由良 山椒大夫 由良のと KTR ハクレイ酒造 久美浜 玉川 碧翠御苑 京丹後 昭和レトロ 銭形 観音寺 善通寺 梅干 気動車 キハ07 関東鉄道 梅田駅 地下鉄 大阪市 忍ヶ丘 桃谷 四條畷 桃山 関西鉄道 片町線 城東線 南宮崎 宮崎空港 宮崎駅 特急冨士 宮崎 日豊本線 ジョイフルトレイン大分 鉄橋 大淀川 試作B編成 試作車 B編成 A編成 自衛隊 戦車 土浦 武器学校 旧型客車 長浜 客車 湯村温泉 北近畿 フォトニュース 寝台列車 20系 こだま クロ151 壁面工事 大阪市営地下鉄 東武鉄道 けごん きぬ 鬼怒川 大阪駅 オリエント急行 オリエント・エクスプレス '88 プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 阪和線 紀勢本線 路面電車まつり 阪堺電鉄 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ カニ JR 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 障子 小学校 常磐線 レトロ 境港 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 稲田朋美 パーティ ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 小西六 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 恋道路 鉄道模型 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © ファジー