fc2ブログ

Kodak Retina #117


平成9年のある日、阪急梅田駅の1階広場にあった河原写真機店のウインドーに美麗な
オリジナルRetinaが売り出されていた。

オリジナルRetina#117は、LeicaやContaxの高級路線ではなく、ドイツコダックが1934年12月に大衆向けに発売した最初の35mmカメラである。

クラシックカメラというのは、珍品を見つけても直ぐに買わずに、心静かになるまで待つべきだというのが私の信念である。
(場合によっては、かなり怪しい信念ではあるが・・・)

よって、しばらくは羨望のまなざしで、前を通るたびに眺めていた。

しかし、募る思いがそうさせたのか、年末の賞与が入ったため、平成10年1月10日思い切って買い求めた。

19980131retina#117322-1

オリジナル・レチナ(Retina#117)が我が家にやってきた!

手許のレチナ族ではレチナII、レチナIIICに続く3台目であるが、レチナ愛好者にとって一番最初に発売されたオリジナルレチナは、信仰の対象であり、ありがたい・かたじけないもので、お守りのような存在なのだ。


因みにこのカメラの販売と同時にコダックが発売を開始したパトローネ入りの35mmフイルムは、発売当初は“for Retina”としてレチナ専用だったが、もちろん、LeicaやContaxにも使用可能なため、ほどなく“for Retina,Leica,Contax”と記され、21世紀に至るフイルムのスタイルを樹立したところが、ものずごくえらい。
このフイルムの登場は、大衆カメラ“Retina”の登場より遥かに大事件であった。

_DSC0602-1.jpg

フイルムのことはさておき、この#117を嚆矢として、そのあとレチナシリーズは、1970年代まで製造され、姉妹機のレチネッテ族を含むと50種類ものカメラを擁する大所帯となる。

_DSC0601-1.jpg

レンズ部分とボディはジャバラで繋がれているため、使用時はこのような形状だが、閉じればペタンコになるところが最大の魅力である。

_DSC0598-1.jpg

蓋にある“KODAK”の銘あるスタンドを立てておいた姿が、正式なスタイルである。
また、黒塗りボディーに怪しく輝くニッケルの組合せは、クラシックカメラの王道ともいうべき装いである。

レンズは、シュナイダー・クセナー5cm f3.5・・・テッサー型の3群4枚 よく写るレンズである。

_DSC0606-1.jpg

そして、注目すべきは、このカメラケースである。

上蓋部分にRetinaのインボスがあるのでオリジナルケースではないかと思われる。
「思われる」というのは、いろいろ資料を調査しても確証の得られるものが見当たらないからだ。
しかし、インターネットの画像検索すると、海外であるが、同ケースとともに写る#117の画像があるので、オリジナルではないかと考える。

_DSC0608-1.jpg

ケース入れると、このように少しも隙間なく、ぴったり収まる・・・このぴったり感がたまらない!

外装の傷や、擦り切れた内側生地の様子を見ると、とにかく持ち主に長年愛されてきた幸せな写真機であることがわかる。




写真機を買うと、とにかく試写してみたくなるのが人情である。

平成10年1月31日快晴
満を持してフイルムはFUJI-REALA(ISO100)を装填してフォト散歩に出かけた。

19980131retina#117382-1

無限遠ではなく、近距離にピントを合わせてみる。
もちろん距離は目測であるが、絞りがf11なのでピントをはずすことはない。
カラーの再現性も問題はない。
 
19980131retina#117383-1

金属質な真新しい交番も撮影する。1/100 f11
快晴であれば1絞りオーバーではあるが、ネガフイルムのラティチュード(寛容性)のおかげで神経質になる必要はない。
距離計や露出計からの呪縛から解き放たれたような爽快な気分すら感じる。

19980131retina#117386-1

天保山マーケットプレースのウインドーショッピング 1/100 f11

19980131retina#117389-1

明暗差の大きな被写体でも明部が白飛びすることなく、暗部もつぶれにくいようだ。

19980131retina#117387-1

19980131retina#117384-1

19980131retina#117385-1

あえて、太陽を入れて真逆光でも撮影してみた。
右側にゴーストが出ているが、レンズ構成がシンプルなのであまり気にならない。味わい程度のものである。

19980131retina#117390-1

マーケットプレースの内部 1/50 f3.5
絞り開放での写りが見てみたかったが、これだけのコントラストがあれば問題ない。

19980131retina#117336-1

意地悪なモザイク模様の床面を撮ったがよく再現されていると思う。 1/50 f3.5

過去にもこのカメラを紹介した記事があるが、撮影したネガが出てきたので作例を含めて再掲した。




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ




関連記事
スポンサーサイト



USJで六櫻社8年型Pearlの試写

前回からのつづき・・・



平成22年2月20日(土)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に出かけた。

もちろんジャバラの再生により70年前の姿に甦った六櫻社8年型パールをお供に・・・。

R0017294-1_20220213100600e8f.jpg



純正のフードがないのだが、手許にある戦後に発売されたコニカI型(昭和23年)のチープなかぶせの角型フードがなぜかしっくりと合致した。

戦前と戦後、ブローニ判と35mmの違いはあれど、同じ会社のカメラだけあって融通が効くものだ・・・と感心しきり。

ショートレリーズは、外様であるイーストマン・コダック社(米)のNo.29 Cable Release


R0017196-1.jpg

フイルムは、ブローニ判のフジのNew PRO 400 (自宅の冷凍庫で保存してあるものを解凍して使用)

このカメラのフイルムサイズは、6cm×9cmなので、1本のフイルムで8枚しか撮影できない。

デジカメのようにバシバシ連写してあとでバッサリ消去すればよいという代物ではなく、一枚一枚をいとおしむ様にして撮影する。


また古典写真機の場合、お茶の作法のような一連の所作が欠かせない。


 その壱、静かに前蓋を開き、鏡玉(レンズ)を正しく屹立させるべし。

 その弐、フアインダーを覗き、被写枠を定むべし。

 その参、底の螺子(ネジ)を静かに巻き上げ、フイルムを正位置に留むべし。

 その四、正しき絞りとシヤツター速度を撰ぶべし。
     (手馴ともなれば適正値は露出計なしにて撰びたし)

 その五、ピントは目測で合わすべし。
     (近距離に於いてはピンボケ生み易きが故に慎重怠るべからず)

 その六、両脚を開き体を安定せしめ、両脇を閉ぢ両手にて写真機を確実に保持すべし。

 その七、息を殺し心静かにシャッターレリーズをゆるりと押込むべし・・・ カシャリ!


[More...]

関連記事

クラシックカメラのジャバラ再生について(2)

前回からのつづき・・・


ナベル社に、新しい蛇腹を作ってもらうには、正確な寸法を指定用紙に記入しなければならない。

まず8年型パールから蛇腹をはずす。

シャッターマウントは4つのねじで台座から取り外すことが出来るので、苦もなくできる。

しかし、手前のボディー側は、接着剤でベタリと貼り付けてあるので、簡単にはいかない。

手許にリムーバーがあったので、それを張り合わせ箇所に垂らして暫く置くことに・・・。

R0016634-1.jpg


そうすると70年前の接着剤がゆるんで来た。

程なくして完全に取り外すことができ、これならなんとか寸法が計測できそうだ。

R0016636-1.jpg

ただ、かなりのヘタリがあるので、寸法が測りにくい。中央と端とでは長さが異なる。う?ん困ったなあ。

まあ昔のカメラなので、そう厳密にしなくても何とかなると思い、長さを特定し、用紙に記入した。

会社には、用紙と併せて実物も添付して送った。



数日後、設計図面が出来上がって送られてきた。

ジャバラ設計図007-3


その立派な図面に精密機械を見るような思いがする。


内容OKの回答をして、代金+送料の振込みを済ませ、製作に取り掛ってもらった。

[More...]

関連記事

クラシックカメラのジャバラ再生について(1)

思えば・・・平成21年の暮れのことだった。


会議が終わった後、仲間で、いつものように居酒屋で盃を傾けていた時のお話。

酔いが回ってきた頃からF(ファジー)とS(仲良しグループの女性)との趣味の話に入ってきた頃の・・・何とも不思議な会話





F:「私は戦前のクラシックカメラを集めては、廃棄直前のようなモノを修理して最新のフイルムを入れてやってですね・・・現代社会の様子を撮影してそのカメラを驚かせてやるのが趣味なんですよ♪」

S:「ヘェー」

F:「ところが・・・多少の修理ならば何とか出来る自信はあるのですが、手許にあるカメラ「小西六(六櫻社)8年型パール」というカメラのジャバラがボロボロになって、撮影に適さないんですよ。」

  「小さなピンホールの一つや二つは塞ぐことが出来るのですが、一旦補修しても、いざ撮影の段になるとまた光漏れがあるという繰り返しでお手上げ状態なのです。」

  「レンズがヘキサーという良いものを装備しているだけに、このまま棚の肥やしにしてしまうのは、つくづく勿体なくて残念で・・・(泣)」

R0016628-1.jpg

(ジャバラがお手上げ状態の「六櫻社8年型パール」ヘキサー11.5cm f4.5付 昭和11年製)


S:「カメラのジャバラが具合悪いんですか・・・?」

F:「そうです。当時のカメラは個体差があるようで、大正・明治期のジャバラでも完璧なものもあるのですが、手許のこのカメラはダメでした。ジャバラさえ取替えてやれば完全に復活できる自信があるんですけどなあ?」

S:「それなら新しいジャバラが手に入ればOKですよね。」

F:「そうなんですが、今時新品のジャバラなんてないですから・・・ヤフーオークションなどで同形式でジャバラの状態のいいものをゲットして取り替えようかと画策してるんですが・・・これだれの古い機種となると出品自体なかなかなくてね・・・」

S:「私、ジャバラを作っている会社知ってますよ♪

F:「ええっ。何ですって・・・ジャバラのメーカーを・・・」

S:「はい♪」

F:「あの?。肩こりがひどいのでいい医者を知らないか?という問いかけに回答はあっても、クラシックカメラのジャバラが具合悪いので困っている・・・の問いに即座にクリーンヒットする回答があるなんて・・・1万人に問いかけても絶対100パーセント『知らな?い』と答えますよ・・・ホントですか?」

S:「でもジャバラって、昔の写真機についていて伸び縮みするアコーディオンみたいなモノですよね。」

F:「まあ?なんということでしょう♪・・・是非ご紹介ください!」

[More...]

関連記事

今年の古典寫眞機同好會は・・・

8月の土曜日、ライカ先生のクリニックで恒例となった「古典寫眞機同好會」があった。

なんだかんだといいながら、もう8回目となっている。


去年のお題は、ハッセル祭りだったが、今年は“蛇腹の写真機”。

ジャバラなら大小問わずかなりの台数を所持しているので、持参するカメラの選択に苦慮する。

またジャバラカメラといっても数多くなると随分重くなるので、持ち歩ける程度の台数にしなければ・・・。


ライカ先生のクリニックで早速カメラ談義が始まる・・・ベルギーの白ビールであるヒューガルデン・ホワイトをグビグビやりながら。

R0012345-1.jpg

小生が持参したカメラは、左から・・・

1950年 コンテッサ35(独ツアイン・イコン)・・・戦後の最も美しいジャバラカメラとして

1924年 ルックスピコレット(独コンテッサ・ネッテル)・・・手許にある最も華奢なジャバラカメラとして

1936年 コダック・バンタム・スペシャル(米イーストマン・コダック)・・・戦前の最も美しいジャバラカメラとして

因みに、コダック・バンタム・スペシャルは、著名工業デザイナーのワルター・ドゥイン・テーグが手がけたバンタム版カメラの最高級機種で、アルミダイキャスト製黒エナメル塗ボディに9本の銀線を磨きだした流麗なスタイルを持ち、当時流行のアールデコ調を感じる気品あるものとなっていて、21世紀の現在においてもそのデザインは遜色がない。

もう一台は、中判のジャバラカメラ





1935年 パテント・エッツイ(独 カメラウエルクステーテン)・・・ジャバラの機能をとても上手に使い一番コンパクトになるカメラの代表として



畳み込むと、こんなにコンパクトに収納される。

[More...]

関連記事

Rietzschel Clack(リーチェル・クラック)といふ冩眞機

手許に一台の古典写真機(クラシック・カメラ)がある。

R0013833-1.jpg

かなりの時代物だが、外革をふくめ状態は非常に良好。

またジャバラカメラなので折りたたむとこんな感じでペッタンコ。

とてもコンパクト。

R0013800-1.jpg

外革に丸くRietzschel’s CLACK Munchenとある。


このリーチェル・クラックというカメラ、今から4年前、平成16年12月2日に中古カメラ店でその美貌に一目惚れして買ったものだが・・・ライカやコンタックスと比べ、その氏素性が全くといっていいほど判らない。


そういうときには、文献漁りをするのもこの道の楽しみだが・・・

[More...]

関連記事

ベストエキザクタ(B)

私の手元に、ベストエキザクタ(B)という写真機がある。

以前エキザクタバレックスIIaという西洋甲冑に似たカメラ(1960年製)を少しアップしたことがあったが、これはそのご先祖様にあたり1935年頃製造された一眼レフ。

DSC00860-1.jpg

この黒塗りボディにニッケルの怪しい輝きには、敵いません。たちまち降参。

ライカやコンタックスもそうだが、戦前の黒塗りカメラはなぜこんなに美しいのだろうか。

じっと眺めているだけでも至福の時が流れる。

[More...]

関連記事

「CONTAXIIaで撮る夕暮れの公園」

 

自宅前の公園をふらりとフォト散歩する。

 


[More...]

関連記事

「レチナ#119」

先日うちにまた写真機がやってきた。

もちろん、カメラは、勝手にはやって来ない・・・安かったから買ってしまったのである。


コダック・レチナ一族の#119である。

初代の#117と二代目の#118はすでにコレクションにしているので、三代目の#119を見つければ買わずにはおれない。
(でもコレクションとしてレチナ族は増えに増え、すでに20種類を超えているのだが・・・。)

[More...]

関連記事

「オリジナル レチナ #117」

今までにドイツ製カメラの超有名会社のライツやツアイスが製作した35mmカメラの最初期のもの・・・・ライカA型とやコンタックス?型をご紹介した。

それらの写真機が庶民にとって高嶺の花だった1930年代、一般国民を対象とした安価なカメラを意識した35mm小型カメラがドイツのコダックからついに1934年に発売された。ヤッター!!

それが、RETINA(レチナ)

[More...]

関連記事

「ジャンクなジャバラカメラ」

いつもパトロールしている中古カメラ店に不思議な物体があった。

ジャバラカメラの抜け殻。レンズがない。

こんなものが売り物になるのか?







[More...]

関連記事

「BOLSEY FLEX」






このカメラは、スイス人でアメリカに移住したジャック・ボルスキーの作品。

[More...]

関連記事

汽笛一聲・阿房列車

Fuzzy Studio

Author : Fuzzy Studio




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


古いLeicaやRolleiなどの寫眞機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・
鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本・奇書や・・・
DSC03810.jpg

いにしへの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg

洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・   

 

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

クラシックカメラ
直島 草間彌生 宇野 アート 南瓜 お座敷レイアウト 鉄道模型 上町線 コンコース レンズ シャンデリア 梅田阪急 ライカ 客車 D51 C57 亀山 国鉄 無煙化 C58 柘植 D51 関西本線 草津線 修学院車庫 デナ1 八瀬遊園 叡山電車 新八日市 近江鉄道 近江八幡 八日市 貴生川 豊郷小学校旧校舎群 ウサギとカメ ヴォーリズ 高宮 金亀 多賀大社 鳥居本 加悦鉄道 2号機関車 ハブ3 ハ4995 キハ08 瑞龍寺 雨晴海岸 富山 三郎丸蒸留所 白山総合車両所 北陸新幹線 ズミクロン JOBK 大手前 駅舎 山陰本線 各駅停車 こうのとり 雲海 竹田城 東京スカイツリー 定点撮影 名建築で昼食を 銀座ライオン 鉄道開業150周年 近代建築 土浦 フイルムカメラ コッペル 笠岡 井笠鉄道 倉敷 美観地区 新粋 やくも 高野線 木津川 汐見橋 南海 西天下茶屋 奈良監獄 転害門 二月堂 お水取り 聖林寺十二面観音 蔵元豊祝 奈良 般若寺 きたまち ヘキサノン コニカ 南海電車 阪堺電車 浜寺公園 セミ判 Pearl コンチェルト ハーバーランド 小西六 神戸 神戸電鉄 粟生線 天空 橋本 高野山 瀬戸 高松 JR 京都市電 80系 金閣 近江路 サンライズ 285系 寝台列車 枝垂桜 奈良公園 氷室神社 JR奈良 奈良町 環状線 梅田 CLE ミノルタ アールデコ 灘駅 クラシック クラシックカメラ Retina レチナ 35mm 平成9年 鉄道 きらら 叡電サブレ デナ 叡電 特急 ひのとり ナロー 近鉄 新町通り 源兵衛 五新鉄道 五條市 鶴見緑地線 大阪地下鉄 偕行社 惜別会 追手門学院 校舎 ハウステンボス 島原鉄道 大村線 喫煙車 新幹線 700系 土佐大正 高知 塩タタキ カツオ 宇和島 JR四国 トロッコ 四国新幹線 乗り放題切符 福井 福井鉄道 武生 福田和子 小田原 箱根登山鉄道 強羅温泉 正雀 阪急 電車寝台 青函連絡船 釧網本線 北海道 仮乗降場 琴電 阿波川島 こごみ 長野 Leica 岡山 Summilux Kodak Signet35 大阪城 智頭急行 宮本武蔵駅 あわくら温泉 車輌 陸送 モノクロ 桜島線 スーパーイコンタ ブローニ 天保山渡船 SLやまぐち号 D51-200 オロテ スハテ 津和野 新山口 湯田温泉 松田屋ホテル キハ181 倉吉 三朝温泉 はくと 空港 仙台 松島 みのり 山形新幹線 奥羽本線 陸羽西線 陸羽東線 新庄 クモヤ 安治川口 西九条 山形 高湯 蔵王 温泉 つるや E6系 那須塩原 E3系 E5系 カツサンド 東北新幹線 寝台車 サンライズ瀬戸 スーパーレールカーゴ 氷見線 高岡 加越能鉄道 ネコ電車 城端線 長尾線 高徳線 志度線 今橋車庫 京浜急行230 コトデン 117系 高松築港 高松駅 一畑電鉄 ムーンライト八重垣 大社駅 出雲大社前 ステンドグラス デハニ 京阪電車 プレミアムカー スイッチバック 木次線 しまかぜ ムーンライト九州 さくら 下関 はやぶさ 門司港 419系 越美本線 JRバス 白鳥 美濃 ムーンライトながら 岐阜 JR貨物 浪速駅 八幡屋 C56 北びわこ号 鳥取砂丘 岩井温泉 鳥取 日本秘湯を守る会 岩美 瑞風 はまかぜ 餘部 青春18切符 城崎温泉 山陰線 福知山線 エクター Kodak Ziess シネレンズ Tesser ますすし 安曇野 わさび 黒四ダム 立山黒部アルペンルート 室堂 扇沢 破砕帯 京阪3000系 アルペンルート 立山駅 富山地鉄 コダック シグネット スロフ12 タンゴ・デイスカバリー 味めぐりわかさ マヤ 下市口 跨線橋 グリーン 熱海 東海道線 石亭 西鹿児島 つばめ ビュッフェ JR九州 TSUBAME 鹿児島中央 金沢 昭和 ルサール 世田谷線 ソ連 ラピート 関西空港 名鉄 揖斐線 モ510 モ770 モ750 彦根 米原 SL 人吉 ハチロク 8620 赤うし弁当 熊本 阿蘇神社 大畑 肥薩線 矢岳 しんぺい号 真幸 吉松 はやとの風 C55 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 天満橋 ダックツアー 水陸両用車 八軒家 徳島線 土讃線 高松琴平電気鉄道 岐阜市内線 黒野駅 C56 臨港貨物線 Leica 阪堺線 天下茶屋 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 青森 混浴 酸ヶ湯温泉 すすきの はまなす しずか 大勝 アイアンホース 小樽 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 遷喬小学校 真庭市 久世 えきそば 姫新線 キハ127 義経号 梅小路 蒸気機関車 温泉津温泉 スーパーはくと サンライズ出雲 温泉津 薬師湯 おとなびパス スーパーおき 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 ツツジ 蹴上浄水場 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 泉布観 大阪環状線 造幣局 今治 しまなみ街道 四国鉄道文化館 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 デイ100 P-6 大震災 神足 向日町 京都 京阪 蹴上 三条通 マッサン 尾道 竹鶴 竹原 かんぽの宿 湯坂温泉 白市 酒蔵 西条 くろんぼ 広島 18切符 臨港線 なみはや大橋 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 デナ21 叡山電鉄 南海高野線 木津川駅 デルタ 連絡船 万年筆 予讃線 豊浜 天保山 桜島 USJ 櫻島線 北港運河 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 リニア・鉄道館 蒸気動車 汽車会社 湯田中 長野電鉄 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 小郡 宇部 雀田 モ301 モ253 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 山代温泉 グランフロント大阪 レディー・カガ 懐石 ホワイトラベル バー ズームカー 本線 南海電鉄 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 保存 大阪市電 投書箱 吊り手 緑木車庫 市電保存館 2階建て電車 花園橋 ロングシート 播但線 キハ58 日野駅 レールバス だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 軽便鉄道 西大寺鉄道 キハ7 北陸本線 金沢駅 和倉温泉駅 福井駅 関西文化の日 博物館 上田交通 丸窓電車 C62 動画 梅小路蒸気機関車館 長崎駅 スキー列車 シュプール号 原鉄道模型博物館 沼津魚がし鮨 今井町 橿原 薬師寺 藤原京 海上自衛隊 北近畿タンゴ鉄道 肉ジャガ アテンダント 舞鶴 KTR 丹後由良 由良のと ハクレイ酒造 山椒大夫 京丹後 久美浜 碧翠御苑 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 キハ07 関東鉄道 気動車 大阪市 地下鉄 梅田駅 桃谷 城東線 忍ヶ丘 桃山 四條畷 片町線 関西鉄道 特急冨士 南宮崎 宮崎空港 宮崎駅 ジョイフルトレイン大分 大淀川 宮崎 鉄橋 日豊本線 試作B編成 B編成 試作車 A編成 武器学校 自衛隊 戦車 長浜 旧型客車 湯村温泉 北近畿 フォトニュース 20系 こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 きぬ 東武鉄道 鬼怒川 けごん 大阪駅 オリエント・エクスプレス オリエント急行 '88 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 城崎 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 ビール 大阪ドーム 阪和線 紀勢本線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ カニ JR 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 白浜 上湯温泉 十津川温泉 奈良交通 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © Fuzzy Studio