FC2ブログ

昭和49年 “筑豊のBOSS” D6046

昭和49年3月18日前回からのつづき・・・


後藤寺の次に訪れた直方(のうがた)駅は、SLパラダイスともいうべき誠に楽しい場所であった。

R0015354-1.jpg

居ながらにして数多くの機関車の働く姿を目の当たりにできる。

19740318九州・山陰088-1
29641(後)が牽引する貨物5597レ

19740318九州・山陰089-1




次にやってくる直方止の1899レは、牽引機はD51であるとSLダイヤ情報に記していたが・・・

[More...]

関連記事

昭和49年 国鉄田川線・油須原の9600

昭和49年3月18日 前回からのつづき


ここの田川線・内田信号所→油須原の急勾配では、後補機に9600をつかった列車が見られるというので、名所となっている。

19740318九州・山陰057-1


R0015357-1.jpg

R0015359-1.jpg


名物列車5492レがついにやってきた。

かなりの重量なのか速度はかなり遅い。

三脚にとりつけた8ミリのスイッチを入れる。

R0015858-1.jpg

(ダブルマガジンを使用するsankyoの8ミリを当時使っていた。)

当時の動画をアップできないのがなんとも残念至極!!

[More...]

関連記事

昭和48年夏 国鉄和歌山駅にて・・・

前回からのつづき・・・


紀三井寺駅を16時37分に立ち和歌山には16時44分到着

和歌山構内にはお役目を終えたC577の姿があった。まだまだホームには鉄道ファンの姿が多く見受けられる。


19730909紀勢本線918-1


19730909紀勢本線929-1


19730909紀勢本線928-1


[More...]

関連記事

紀三井寺駅で迎える下り臨時急行【さよならSL南紀号】

・・・前回からの続き


湯浅の駅で下車した後は、しばらく時間があるので海岸まで歩いて散策

何をしていたのかよく憶えていないが、町の角々では醤油の香りが漂ってきたことは憶えている。

R0016533-1.jpg


1時間半ほどの時間をつぶし、13時54分発の下り普通列車和歌山行き331Dに乗車。

そのまま紀三井寺まで乗車し、14時39分に下車する。

19730909紀勢本線902-1

紀三井寺駅は、戦時設計のようなかなり古ぼけた駅舎だった。


R0016536-1.jpg

R0016553-1.jpg

下りの「さよならSL南紀号」がやってくる16時30分頃までまだ2時間ほどあるので、それまで駅を通過する列車と駅員の振る舞いを何枚か連続して撮影している。

[More...]

関連記事

大阪駅ターミナルビル新築工事の推移(昭和55年~定点撮影)

先日のブログ記事に掲載した建設中の大阪駅ターミナルの様子に読者各位の関心を引いたようなので、ここに昔の定点撮影写真を一挙公開する。 




現在4代目となる現大阪駅ターミナルビルは、北口の駅改装工事に伴い、増床工事の真最中である。

R0016829-1.jpg
(現在の様子 H22.1.4撮影)


以下は昭和55年3月から昭和58年9月までの3年半にわたり、折に触れ定期的に撮影してきた現大阪駅の建築の様子である。

1980?大阪駅977-1
(1)昭和55年3月12日阪急グランドビル31階より

 昭和54年12月15日大阪駅北口駅舎完成により取壊し中の旧3代目の中央本屋

  

 
1980?大阪駅978-1
(2)昭和56年4月6日阪急グランドビル31階より

  いよいよ新ターミナルの基礎部分が建設されようとしている。

前回の写真から1年ほど経ているが、旧建物の撤去と地階部分の掘り込みなど基礎工事にかなりの手間がかかっているようだ。



1980?大阪駅ターミナルビル建設978-2
(2-1)本屋の基礎部分を拡大してみた。


1980?大阪駅ターミナルビル建設978-3

(2-2)現在では、大阪ガーデンシティとして高層ビルが林立する中央郵便局の西側は、コンテナ基地として利用されていた。

   南側の道路には、阪神高速の入口もありました。

[More...]

関連記事

昭和48年 福知山・山陰大回りの旅

昭和48年5月29日大阪→福知山→京都→大阪の近畿大回りの一日旅行に出かける。

乗車する列車は、大阪9時50分発の益田行きの急行「だいせん1号」701Dだが、1時間ほど前に大阪駅構内をパトロール

19730529福知山山陰めぐり948-1

大阪駅2番線には福知山線の443列車(8時34分発)を牽引するDD5421

4番線には新快速の看板を倒した横三本線表示の快速電車の姿がみえる。



19730529福知山山陰めぐり951-1

スハフ42の2222 (この記事をアップした平成22年2月2日と2が並ぶ日記念として)



福知山線の篠山口行き普通443列車にはこんなナンバーの車輌をつないでいたので、記念に一枚


(この僅か2ケ月後の同年7月には福井でスハネ16の2222と遭遇することとなる。)


19730529福知山山陰めぐり949-1

1番線にはお馴染みの特急「日本海」が本日は定時の8時23分に到着したようだ。

(手前の荷物用エレベーターやホームに横倒しされた荷車は当時は邪魔な存在だったが、今となっては懐かしい。)


19730529福知山山陰めぐり950-1

3番線の東海道線下り特急「みどり1号」1Mが定刻8時25分に大分に向って出発した。



これは列車は特定できないが、東海道線の快速列車

19730529福知山山陰めぐり952-1

ステンレス製として有名だったサロ110-901・・・この当時は、他の車輛と同じ東海色を纏っていたが、特徴のコルゲート板はそのままだった。
昭和55年のグリーン車廃止まで使われた。


19730529福知山山陰めぐり953-1

この特急「明星」は2号か3号かよく分からない。

ただし、隣のホームに大阪止まりの快速列車(10番線の8時39分着)が見えるので、11番線の8時46分発の新大阪行きの「明星2号」であろう。(同特急の3号はわずか20分後に9番線に到着する。)




[More...]

関連記事

昭和の絵葉書(1) 東京の空から“Views of Tokyo from the air”

先日記事にした昭和40年前後の絵葉書コレクションから・・・


第1回は、「東京の空から“Views of Tokyo from the air”」を取り上げてみた。

この絵葉書の制作(撮影)年月を特定したいと思っているのだが、ケースには書かれていなく、なかなか難しい。


R0016429-1.jpg

(表紙)皇居と祝田橋附近


R0016731-3.jpg

(表紙-部分)桜田門の懐かしい警視庁の建物や法務省の赤レンガの建物が窺える。

右手前の法曹会館もかなりの年代モノだったが、今でも健在なのだろうか?

お堀沿いに都電の半蔵門線(昭和43年9月29日廃止)が写っている。




R0016430-1.jpg

ケースの裏には、日本交通出版株式会社発行とある。定価は120円


R0016431-1.jpg

またコダック,エクタクロームカラーフイルム使用と明記してあり、自信の程が見て取れる。


[More...]

関連記事

草津線はD51832の客レに乗って・・・

昭和47年5月28日 ピカピカの中学1年生だった頃のお話

中学入学とともにクラブ活動は、迷わず「鉄道研究部」を選択した。


その後、充実の鉄道三昧の6年間を送ることとなるのだが・・・これは、最初の「部活」である鉄道旅行だった。



大阪から東海道線で草津まで行き、草津線で柘植に出て、SL伊賀号で関西線を天王寺に戻るというループコースである。


19720528関西線柘植駅893-1
(D51885)

ど真ん中に架線柱を入れたナイスショット・・・写真の腕はとにかく、当時の東海道線草津駅にはこのように普段着のSLが往来していた。

また、線路内に降りての写真撮影がお咎めもなく出来た良き時代だった。


野球帽や登山帽をかぶった同級生が写りこんでいる。これも当時の一般的な風俗ではなかっただろうか。


19720528関西線柘植駅892-1

EH10の単機回送もやってくる。(EH1014)  ホームには荷物の山が見える。


19720528関西線柘植駅894-1

草津13時15分発の柘植行き列車は、京都仕立てのもの。京都?草津は、EF58128が牽引する。

ここで牽引機が交代する。

19720528関西線柘植駅896-1

この先の草津線は、D51832が務める。

(この機関車は昭和43年に亀山区から奈良機関区に転属していたが、この後ほどなく昭和47年11月7日に廃車となった。)

R0016539-1.jpg


[More...]

関連記事

昭和57年正月風景アラカルト

昭和57年といえば、今から思えば社会人になった年である。

モラトリアムの大学生活もあっという間に終わり、厳しい世間に放り出された年だった。

そんな大学生活終焉に近い昭和57年のお正月風景・・・相変わらずあちこち出かけては写真に撮っていたようだ。

198201正月804-2

当時の自家用車はこれだった。  日産ローレル・セダン(2nd C130型)

正月には注連縄を吊るし事故のないことを祈ることは珍しいことではなかったが、最近は注連縄付の自動車は、トンと見ないねえ。

ドライバーは実弟だけと、今とは随分雰囲気違うなあ。


198201正月816-1

街中のガソリンスタンドにて・・・ダイハツ・ミゼットを見つけた!


198201正月805-1

阪急32番街からの眺望・・・戦時中にできた3代目大阪駅本屋が取壊され、4代目となるアクティ大阪が建設中

R0016411-1.jpg

これは、同じ場所から平成21年11月末に撮ったもの

あまりの違いに地元民でもびっくりだわ!!  現在の方が、街が狭く見えて仕方がない。

[More...]

関連記事

昭和55年12月 豪雪の白馬・八方尾根

最近はスキー人口の減少が報じられるようになったが、小生の大学生時代はまだまだ学生の人気のスポーツだった。

この当時スノーボードはようやく出始めた頃で、スキー場ではちらほらと見受けられた程度。

19801231八方スキー656-1

昭和55年12月25日恒例になったが、大阪駅の中央コンコースで長い間並んだ後、ようやく11番線から列車に乗る。

午後10時過ぎの急行きたぐに(牽引機 EF58112米)で糸魚川に向かった。


19801231八方スキー657-1

翌朝下車した大糸線白馬駅は、雪の中。雪国らしい光景である。

ゲレンデ前の宿屋に陣取り、スキーを満喫する。

19801231八方スキー658-1

八方尾根スキー場の風景・・・今年はずっと雪が降っている状態なので、雪質は片栗粉のような上質のパウダースノーである。

新しいスキー板であるオガサカのケプラーは非常にきっかけがつかめ易いが、やはりグラスファイバーと異なり反発力もそこそこある。慣れれば上手くコブの表面を舐める様に滑降できるような気がする。

[More...]

関連記事

昭和40年前後の絵葉書について・・・

これはひとつの思い出話である。

昭和30年代後半から40年前半にかけて、祖父や父があちこち出張した際、ご当地の絵葉書を買ってきて、われわれ子供たちへのお土産としていた。

併せて、ひよこ饅頭・吉備だんご・かるかん・鶴の玉子・にわか煎餅・もみぢ饅頭・ポエム・・・等が手許に届けられたのだった。

(今になって考えると・・・ひょっとしてこれは彼らの煙幕「アリバイ作り」であったのかもしれない・・・?)



それはともかく、食べ物は、食べてしまうと消えてなくなるが、絵葉書は一度は取り出して見るものの、引き出しの肥やしとなって溜まっていった。


最近、あの頃の絵葉書はどうなったのかなあ・・・もう捨ててしまったのかなあ?とふと思って母に尋ねたところ、「段ボール箱に入れてしまってありますよ♪」とのこと。


何十年振りかにその封印を解くと、懐かしい絵葉書が続々と出てきた。

R0016509-1.jpg

しかしながら、足摺岬や松島といった純日本観光地については、今と大して風景が変わっていないので面白くない。

R0016508-1.jpg

本来この変わっていないことを重視すべきだが、小生は「昭和」の時代を切り取ったような絵葉書を喜ぶので、それらはさほど面白みを感じない。


そこで小生の基準をもって面白そうなものをピックアップしてみた。


R0016428-1.jpg


遅くとも大阪万博までの絵葉書と思われるので、どれからご紹介しようかと思案している。



東京の空から・・・は新幹線と都電が写っている。しかし撮影年月が不明なのだ。ぜひ読者のお助けを得たい写真集なり。



別府航路も年代不明・・・ごばると丸は登場していないので、それなりに古いものと思われる。

滋味豊かな瀬戸内風景も見逃せない。



どれからご紹介していこうかと・・・思案している。


  ぽちっとね♪

関連記事

大阪万博の頃の住友銀行メモ帳

自宅の戸棚からこんなものがポロリと出てきた。


R0015794-1.jpg  R0015795-1.jpg

 表面                                裏面



R0015797-1.jpg

中身

[More...]

関連記事

豊穣の筑波路?筑波鉄道めぐり

昭和56年9月27日当時の日記より・・・

素晴らしい秋晴れの一日・・・「筑波の秋」を撮らんと自動車を飛ばして筑波鉄道を追う。

19810927筑波鉄道・田土部760

まづは、土浦駅に近いところにある、レンコン畑が広がる「虫掛」に向かう。

19810927筑波鉄道・田土部762

このレンコン畑の大きさは、並ではない・・・日本随一の生産地である。

19810927筑波鉄道・田土部830

しかし、この駅名板は何だ? 隣の駅はどこ?  新土浦? 坂田?

よ?く見れば、反対ホームにあったものを持ってきたもののようだ。

それで右・左の駅が逆転したので上書きしたもののようだが、それにしてももう少し上手にできなかったのだろうか?

19810927筑波鉄道・田土部761

彼方に見えるは、建設中の国道6号線の土浦バイパスか・・・。

[More...]

関連記事

森永ミルクキヤラメル 復刻版秘話

自宅の抽斗の奥に、さくらフヰルムの復刻版とともに長らく眠っていたものがあった。

R0016369-1.jpg

森永製菓が昭和54年に発売した森永ミルクキャラメル復刻版(14粒100円)である。


R0016374-1.jpg

経年変化で多少の伸縮があるようだが、そこにはピンクの帯封があり、タバコの封緘紙のような材質で出来ている。


今でも全くの未開封のもの。


ちょうど30年間、陽も当らず眠っていたことになる。何度も引越しをしたが、ずっとそのままだった。



[More...]

関連記事

昭和56年の総武流山電鉄

これも昭和のお話・・・

1981年交流山電鉄687-1

昭和56年5月2日たまには賑やかなところにも行ってみるか・・・と都会の空気を感じるために原宿を訪れるが・・・

1981年交流山電鉄688-1

駅前の人の多さもさりながら・・・この「原宿ホコ天」の様子には、驚いた。

1981年交流山電鉄689-1

昭和55年にはいわゆる「竹の子族」が全盛だったが、わずか1年後のこの頃になると、リーゼントに革ジャンというファッションでロカビリーに合わせツイストダンスを踊るグループ「フィフティーズ系」が登場し、竹の子族をすっかり駆逐していた。



人の多さにげんなりして、早々と切り上げる。

そして、まだ訪れたことのなかった総武流山電鉄に向かう。

常磐線の馬橋から流山まで通じている鉄道は、大正5年に開通した流山軽便鉄道の路線をそのまま今に引き継いでいる。

1981年交流山電鉄690-1

先ほどの原宿風景との余りの違い・・・なんだこの落差は!!

しかし反面ホッとする自分自身がいたことも否めない。


[More...]

関連記事

赤字ローカル線 国鉄・真岡線 探訪

昭和56年1月15日と同年5月3日の2度、国鉄真岡線(もおかせん)を訪れたときのレポート

同線は、昭和59年6月には廃止予定の栃木県にある赤字ローカル線である。

1981年真岡線707-1

水戸線・新治附近 筑波山を遠景に配し、シルエットで撮ってみた。

真冬の凛とした空気が心地よい



1981年真岡線708-1

迷彩色が特異な真岡機関区(水戸機関区真岡支区)


1981年真岡線709-1

国鉄気動車色を残すキハ20246

この当時の同線には、キハ20とキハ25ばかりが屯していた。

(因みに、キハ20の片運転台仕様であるキハ25は、使い勝手が悪かったのか、国鉄分割民営化を待たずに全車両廃車の憂き目にあっている。)

[More...]

関連記事

昭和55年銚子電気鉄道探訪 黒装束のデキ3

昭和55年10月3日銚子電鉄を訪問する。

もちろん目的は、現役最古参の電気機関車であるデキ3を拝みに行くためだ。


19801003銚子電鉄651-1

国鉄・銚子駅

R0015510-1_20090920210618.jpg

19801003銚子電鉄639-1

仲ノ町に行くと、構内片隅に、ご本尊が鎮座されてござった。 

ああ、ありがたい!

19801003銚子電鉄642-1

ヤマサの醤油工場脇で、黒色の精悍なボディに身を包み静かに佇むデキ3の姿があった。

また上部の架線支えを兼ねた軒先とその朽ち具合が・・・なんとも魅力的!

[More...]

関連記事

昭和55年 伊豆箱根鉄道で天城越え

昭和55年3月4~6日大学の某クラブの合宿が、天城山中であった。

現地集合である。

19800303水戸偕楽園574-1

朝の土浦駅では、筑波鉄道線に古武士のようなキハ462が就役していた。

嬉しくなって早速カメラを向ける・・・

19800303水戸偕楽園575-1

サイドも一枚・・・


東京からは、新幹線で三島へ行くのが手っ取り早いが、在来線であちこちの風景を楽しみながら目的地に向かうのが小生のライフスタイルに適っている。

東海道線の快速列車で下る。

国府津(こうづ)では、御殿場線が活況を呈していた頃の名残の機関庫が姿を見せた。

19800303水戸偕楽園576-1

すでに転車台はなく、一台だけ残っていたD5272の姿も見えず、本体の取壊しも時間の問題なのか。

日本最初のコンクリート製扇形庫として貴重な存在だったが・・・

19800304伊豆箱根鉄道577-1


[More...]

関連記事

雨の吉野遠足

昭和52年5月4日 高校3年の春、吉野の遠足があった。

吉野駅で集合だったが、ほとんどの生徒、いや2人を除く全生徒は、近鉄で吉野に集まってきた。

小生と鉄仲間のイバさんとは、天王寺から国鉄を使って王寺経由で和歌山線の吉野口まで行き、そこから近鉄・吉野線に乗り換えようと朝早くから出かけたのだった。


この頃になると、あちこちの駅構内で廃車待ちの旧型国電の姿をよく目にするようになった。

19770406クハ79382・モハ70318-1

右からクハ79382・モハ70318


19770406地下鉄守口開通351-1

上の写真の反対側をもう一度・・・三段窓の原型をよく留めているクハ79382


19770406地下鉄守口開通350-1

少し離れた留置線にも一編成が・・・

(以上3枚は、同年4月上旬天王寺駅構内で撮影したもの)




[More...]

関連記事

亀山区のDF5026は「お召し」仕様機

昭和52年5月30日(月)この日は学校の創立記念日5月29日(日)の振替休日

こんなところまで振替休日を導入しなくてもいいのではと思いながらも・・・鉄道研究部の活動を嵌め込んだ。

生憎の天気ではあったが、亀山区のDF50が牽引する客車列車に乗ることが本日の目的!

19770530亀山・鳥羽400-1

電化した関西線で天王寺発8時17分発の快速で奈良まで行き、そこから9時04分発の202D「急行かすが」で亀山に向かう



19770530亀山・鳥羽399-1

コキの間から奈良機関庫が見える。

19770530亀山・鳥羽398-1

SLの姿が全く見えなくなったものの・・・なんと廃車となったEF521が入っていた。


この後どうなるのだろうか?と当時は心配であったが・・・

[More...]

関連記事

昭和52年厳冬の叡電と名残の京都市電

10月14日は鉄道記念日である。

こういう日は鉄道ネタを掲げなくてはならない・・・ということで、昔の写真をアップしてみる。




昭和52年2月13日 

鉄仲間のイバさんと「雪の叡電でもいってみよか。」ということになって寒い中、岩倉まで足を伸ばした。


19770213叡電・市電367-1

背後に聳える比叡山はすっかり雪景色だ。

19770213叡電・市電369-1

昭和50年12月で嵐山線はホイール式トロリーポールの集電装置を廃止し、この叡山線も来年の昭和53年10月にはスライダー式トロリーポールの集電装置を廃止すると耳にしていたので、廃止直前より少し前に訪れておこうと思ったからだ。

19770213叡電・市電370-1

ポイント部分を通過するときには、かならず車掌さんが後ろの窓を開けてポールが架線から外れないようにワイヤーを手綱の如く取扱う。

運転手とはベルで合図しあって徐行運転しながら通過しなければならない・・・この写真は無事通過して窓を閉めた直後の様子。

19770213叡電・市電364-1

19770213叡電・市電365-1

この叡山線のトロリーポール廃止をもって日本における営業路線から同形式の集電装置は、その姿を消すこととなる。


[More...]

関連記事

新幹線のあゆみ?記念立体絵葉書集

今日は、東海道新幹線開通日(昭和39年10月1日)から数えて、ちょうど45回目の誕生日だ。

新幹線は在来線の特急・急行を駆逐したのみならず沿線住民の生活をも切捨てた張本人ではあるが、恩讐を越えて、ここに手許にある昔の記念品を掲げて、こじんまりと祝福することにした。



       開業15周年記念  新幹線のあゆみ  記念立体絵葉書集

R0015376-1.jpg

これは、いつ入手したものかまったく憶えていなかったが、どこかで買ったものだとの記憶があった。


発行年月から予想して当時の日記を見ると、たまたま大阪に帰省していた昭和54年10月3日東京へ向かう新大阪9時34分発のひかりの車内販売で買ったものであることが判った。

(この日記の記事が30年後ブログに役立つとは夢にも思わなかったが・・・)


ほかにも記念のハンカチも買った。とあるがそちらのほうは行方知れずとなっている。



ついでながら・・・この2日前の昭和54年10月1日は、新幹線開業15周年の祝典が催されるはずだった。

しかし前日の30日夜、大阪を襲った台風により京都付近でクレーンが倒れて新幹線の路線をふさいだため不通となった。そのあおりで、祝典も中止になった。と日記にある。



R0015376-2.jpg

当時こういうロゴがあった。 「ひかりました。こだましました。」


[More...]

関連記事

昭和48年・東北から北関東へ

(前回からのつづき)

R0011159-1.jpg

五色沼や会津若松の観光を終えて、日光に向かう・・・

1973東北旅行330-1

こ○ごえ・・・・東武・鬼怒川線の小佐越(こさごえ)駅だろう


1973東北旅行331-1

1973東北旅行333-1

東武特急を是非写真に残したいと頑張ったが、中学生の拙い技術では、バスの車窓からはどうしても上手く撮れなかった。(もちろんモータードライブはないし、巻き上げも手巻きだし・・・)


爾後・・・この列車と再会するのは、約10年後となる。



[More...]

関連記事

昭和48年・新幹線の車窓から

昭和48年10月12日

中学の修学旅行で一週間かけて東北・関東地方を旅行した。


そのときのネガをみていると、団体行動の限られた枠の中で、はじめてみる関東の車輌をできるだけ多く撮影しようとして昂揚している自分の姿が感じられる。

モータードライブもオートフォーカスもないマニュアル露出の重たいカメラNikonFフォトミックをふりまわしていた。レンズもニッコール58mmf1.4の一本限り。

中学生のはなはだ拙い写真ではあるが、今となってはもう見られない車輌がいくつか写っているのでここにまとめてみた。





東京までは新幹線で向かう


その車窓からは、こまめに撮影を繰り返している。

開通から9年たつが、まだまだ新幹線に乗ること自体がめずらしかった頃だ。

昭和42年頃、名古屋までは祖父と一緒に新幹線に乗った思い出があるが、それ以東はもちろん初乗車。

夢のパラダイスである花の東京には、行くのも見るのも初めて・・・全くのお上りさん状態だった。

1973東北旅行292-2

梅小路機関区には山陰線のDF50とDD54の姿が見える。



1973東北旅行293-1

京都駅に進入直前の風景・・・今では巨大駅ビルができたお陰で、これもすっかり変わってしまった風景の一つだ。

[More...]

関連記事

昭和55年 日立電鉄と院電ホデ6123

過日、昭和53年水戸駅でコンテナ特急「たから」塗装のヨ5000をご紹介した。

そのとき常磐線の大甕駅でちらりと日立電鉄の姿を写真にとどめたが、やはり気になる鉄道なので、再度同鉄道を訪れた。

19800510茨城交通・日立電鉄199-1

これは、昭和55年5月10日茨城交通湊線を訪れたその勢いで日立電鉄・鮎川まで足を伸ばした時のレホートである。

この鉄道名前のとおり日立製作所傘下の鉄道だったが、平成17年3月末日をもって廃止された。

19800510茨城交通・日立電鉄200-1

左横には、国鉄常磐線が走っている。


19800510茨城交通・日立電鉄200-2

しかし、ホームに屋根がないのは、乗客の皆さんへのサービスに欠けるのでは・・・と思ってしまう。

[More...]

関連記事

有馬温泉から六甲山へ

有馬のかんぽの宿で一泊した翌朝は、六甲有馬ロープウェイで六甲山に向かう。

ホテルからロープウェイのりばまでは、徒歩で森林浴・・・暑さも一段落で・・・いい気持ちだ!

R0012589-1.jpg

途中「虫地獄・鳥地獄」という場所を通る。

R0012590-1.jpg

この石碑の表には・・・とりぢごく たんさん水 とある。

火山の近くであれば、硫化水素が噴出する場所を「○○地獄」なんて呼ぶことが多いが、
ここは、断層の裂け目から炭酸ガスが噴出し、二酸化炭素が谷地に充満することで虫や鳥が死んでしまうのでこう呼ばれているようだ。


R0012588-1.jpg

説明板


[More...]

関連記事

平成元年 アーケードが取り外された心斎橋筋(1)

R0012701-1.jpg

平成21年の8月末をもって心斎橋の名代の百貨店である「心斎橋そごう」が閉店した。

R0012702-1.jpg

明治27年にこの地移転し、昭和10年には百貨店をスタートさせ、その後長きにわたり大丸本店とともに心斎橋の顔であった。

平成17年には建物も立替え、新体制で再スタートしたばかりであったのに、残念至極。

R0012691-1.jpg

8月30日(日)の開店前の様子



そのそごうの閉店とは直接関係ないが、平成元年4月心斎橋のアーケードの新装工事があった。

この工事の期間中、長年「心ブラ客」の銀傘となっていたアーケードが撤去されたため、昔の心斎橋筋の風情を味わえる期間が、ふと復活したのだった。


現在の心斎橋筋との対比も面白いと思い、ここに掲載する。



まずは心斎橋のことから始めなくては・・・

19890408心斎橋風景529-1-1

平成元年4月の様子

今から20年前の心斎橋筋の長堀通りから南を見た風景・・・アーケードが撤去されているのがわかる。


[More...]

関連記事

札幌・留萌~稚内 北海道一周お気楽旅行(その5)

銭函から当日の宿泊地・札幌へ

1980年北海道旅行044-1

当時の国鉄・札幌駅ビルは、こんな感じだった。

札幌駅ビルの右端に「鉄道100年 義経しづか再会」の垂幕が見える。

1980年北海道旅行043-2

札幌では市電や地下鉄に乗ってあちこちと・・・

1980年北海道旅行041-1

北海の幸をたらふく味わって、すすきののグリーンプラザホテルに宿泊。


昭和55年7月27日 快晴

今日はロングラン。

最北端の稚内までの約320kmを疾走する。

国道275号線を沼田まで行き、留萌を通る。

1980年北海道旅行046-1
滝川行きの急行るもい2号(キハ22×4) 留萌本線・藤山付近


1980年北海道旅行047-1

留萌本線・留萌駅

DSC09730留萌


ここでも駅舎の記念撮影。入場券と記念スタンプも・・・。

[More...]

関連記事

銭函 北海道一周お気楽旅行(その4)

1980年北海道旅行038-1

マンサードの玄関口がお洒落な、函館本線・銭函(ぜにばこ)駅

遠い昔、ニシン漁が大漁であった頃を髣髴とさせる駅名である。

DSC09730銭函

1980年北海道旅行040-1

北海道鉄道100周年のモニュメントがホームに設置してある。

明治13年開駅の文字に歴史を感じる。


またこの駅は、映画のロケーションに使われたとの話を、今回の旅行中に耳にしていた。

ただ映画自体は、まだ公開されていなかったので・・・とにかく漠として??だった。

[More...]

関連記事

昭和55年 ニセコ?手宮 北海道一周お気楽旅行(その3)

昭和55年7月26日

1980年北海道旅行014-1

DSC09730ニセコ


当時はカタカナの駅として珍しかったニセコ駅に立ち寄り、倶知安に向かう。


DSC09933-1.jpg

1980年北海道旅行016-1

DSC09730倶知安

[More...]

関連記事

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

昭和
小田原 箱根登山鉄道 強羅温泉 阪急 正雀 電車寝台 青函連絡船 国鉄 釧網本線 北海道 仮乗降場 阿波川島 琴電 JR四国 こごみ 長野 Leica 奈良 岡山 Summilux Signet35 大阪城 Kodak 智頭急行 あわくら温泉 宮本武蔵駅 陸送 車輌 桜島線 モノクロ 天保山渡船 ブローニ スーパーイコンタ 山代温泉 加賀百万石 なごみの宿 新山口 オロテ 津和野 スハテ D51-200 SLやまぐち号 湯田温泉 松田屋ホテル キハ181 倉吉 はくと 三朝温泉 空港 みのり 仙台 松島 奥羽本線 新庄 陸羽西線 陸羽東線 山形新幹線 クモヤ 西九条 安治川口 つるや 高湯 蔵王 温泉 山形 東北新幹線 E3系 E5系 E6系 那須塩原 カツサンド 特急 サンライズ 寝台車 スーパーレールカーゴ サンライズ瀬戸 高岡 氷見線 ネコ電車 城端線 加越能鉄道 高徳線 長尾線 志度線 今橋車庫 コトデン 京浜急行230 高松築港 117系 高松駅 一畑電鉄 ムーンライト八重垣 大社駅 ステンドグラス 出雲大社前 デハニ ライカ 京阪電車 プレミアムカー ヴォーリズ 近江八幡 スイッチバック 木次線 しまかぜ 近鉄 門司港 はやぶさ 下関 ムーンライト九州 さくら 越美本線 JRバス 419系 ムーンライトながら レチナ 岐阜 美濃 白鳥 浪速駅 JR貨物 八幡屋 北びわこ号 C56 C57 鳥取砂丘 鳥取 岩井温泉 日本秘湯を守る会 岩美 餘部 山陰本線 はまかぜ 瑞風 城崎温泉 山陰線 福知山線 青春18切符 Kodak エクター Ziess シネレンズ Tesser 北陸新幹線 わさび 安曇野 ますすし 立山黒部アルペンルート 黒四ダム 破砕帯 室堂 扇沢 立山駅 富山地鉄 アルペンルート 京阪3000系 シグネット コダック タンゴ・デイスカバリー マヤ スロフ12 味めぐりわかさ 下市口 橋本 跨線橋 グリーン 東海道線 熱海 石亭 新幹線 JR九州 西鹿児島 ビュッフェ つばめ TSUBAME 鹿児島中央 偕行社 金沢 ソ連 世田谷線 ルサール 昭和 ラピート 関西空港 モ510 モ750 モ770 名鉄 揖斐線 彦根 近江鉄道 米原 SL 人吉 ハチロク 赤うし弁当 8620 阿蘇神社 熊本 肥薩線 真幸 矢岳 しんぺい号 大畑 吉松 はやとの風 C55 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 天満橋 八軒家 ダックツアー 水陸両用車 土讃線 徳島線 高松琴平電気鉄道 岐阜市内線 黒野駅 C56 Leica 臨港貨物線 天下茶屋 阪堺線 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 混浴 青森 酸ヶ湯温泉 はまなす すすきの 小樽 鉄道 しずか 大勝 アイアンホース 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 久世 真庭市 遷喬小学校 姫新線 キハ127 えきそば 梅小路 蒸気機関車 義経号 スーパーはくと 温泉津温泉 サンライズ出雲 薬師湯 温泉津 おとなびパス スーパーおき 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 ツツジ 蹴上浄水場 平成7年 地下鉄サリン事件 大阪地下鉄 特別警戒実施中 造幣局 大阪環状線 泉布観 今治 しまなみ街道 四国鉄道文化館 カーバイド アセチレン 交通科学博物館 EF52 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 京都 蹴上 三条通 京阪 竹鶴 竹原 マッサン 尾道 白市 かんぽの宿 湯坂温泉 くろんぼ 西条 酒蔵 広島 18切符 なみはや大橋 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 デナ21 叡山電鉄 鞍馬 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 万年筆 デルタ 宇野 高松 連絡船 豊浜 予讃線 天保山 桜島 北港運河 櫻島線 USJ 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 蒸気動車 リニア・鉄道館 汽車会社 角屋ホテル 長野電鉄 湯田中 屋代線 大阪国際空港 雀田 宇部 小郡 モ301 モ253 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 コンタックス テッサー ヤシカ 汐見橋線 レディー・カガ グランフロント大阪 ホワイトラベル 懐石 バー 本線 高野線 ズームカー 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 吊り手 投書箱 花園橋 2階建て電車 緑木車庫 市電保存館 播但線 キハ58 ロングシート レールバス 日野駅 だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 軽便鉄道 西大寺鉄道 キハ7 福井駅 北陸本線 和倉温泉駅 金沢駅 関西文化の日 博物館 丸窓電車 上田交通 梅小路蒸気機関車館 C62 動画 長崎駅 スキー列車 シュプール号 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 藤原京 薬師寺 今井町 橿原 海上自衛隊 アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 肉ジャガ 舞鶴 丹後由良 山椒大夫 ハクレイ酒造 由良のと KTR 碧翠御苑 京丹後 久美浜 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 キハ07 関東鉄道 気動車 大阪市 梅田駅 地下鉄 城東線 桃山 関西鉄道 四條畷 忍ヶ丘 桃谷 片町線 特急冨士 宮崎空港 宮崎駅 南宮崎 大淀川 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 宮崎 日豊本線 試作B編成 A編成 B編成 試作車 武器学校 戦車 自衛隊 土浦 長浜 旧型客車 客車 北近畿 湯村温泉 寝台列車 20系 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 鬼怒川 けごん 東武鉄道 きぬ 大阪駅 オリエント急行 '88 オリエント・エクスプレス プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ JR カニ クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 関西本線 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 障子 小学校 常磐線 レトロ 境港 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 九州鉄道記念館 門司 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © ファジー