大阪中央郵便局は移転しました!

2007年1月に「中央郵便局が危ない!」と題して記事を載せたが、ついにその日がやってきた。

R0010673-1.jpg




黄金週間前には、移転のポスターが気にはなるものの・・・

DSC05180-1.jpg

いつものように営業していたが・・・

DSC05176-1.jpg

DSC05178-1.jpg

DSC05179-1.jpg


5月9日(土)ふらりと梅田に出たときの中央郵便局の変貌ぶりに驚いた。

[More...]

スポンサーサイト

京都府庁旧本館の枝垂桜

京都府庁旧本館は、明治37年12月10日竣工したもので、平成16年12月10日に重要文化財に指定された京都市内の代表的な近代建築のひとつである。

IMG_3582-1.jpg

烏丸丸太町の西側、釜座通りの北詰にあり、威風堂々とした構えにしてお洒落な雰囲気を湛えている。

3月23日(月曜)から4月5日(日曜)の期間、府庁旧本館中庭の一般公開をするというので、最終日に立ち寄ってみた。

IMG_3725-1.jpg



[More...]

洛中徒然

四月五日(晴)



洛中ニ採訪シ櫻花愉シム


IMG_3669-2.jpg




[More...]

堺の裁判所が・・・

久しぶりに堺に出向く。

南海なんば駅への上りエスカレーター附近が、改装工事中でかなり綺麗になりそうだが、改札口の列車のフラップ式表示板は今でも健在だった。

DSC05021-1.jpg

バタバタという音を耳にしながら下を通ると何となく旅情を誘うものだが、最近近隣の鉄道施設からは徐々にその姿を消しつつある。

因みに右下の「お手洗」の貼り紙は、品位を欠くので是非止めて欲しいね。

多くのホームを持つ南海だけに、南海・空港線と高野線とに別れて表示しいてるのも同電鉄の矜持といえよう。

したがって、ここのものは全国でも屈指の大きさを誇るものとなっている。


DSC05023-1.jpg

こちらは高野線のものだ。

ちょうど3段目がパタパタと替わりつつある。

久しぶりにじっくりと眺めてみるが、順番に繰り上がっていくところなんぞは、大人が見ても実に楽しいものだ。


なんばを離れて高野線を進ままし。


堺東駅では、表通りの西口ではなく裏側の東口を使ってみる。

DSC05025-1.jpg

写真左側のちょっと良さげな回廊がそれである・・・。



[More...]

大大阪・ダイビル本館

R0015267-1.jpg

1925年に完成した渡辺節設計によるダイビル本館(旧称:大阪ビルヂィング)が、2010年には取壊され、跡地に新ダイビル・ウエストの高層ビルができるらしい。

[More...]

景観論争を考えながら鞆の浦を歩く

対潮楼から日東第一の形勝を眺めた後は、町中を歩いてみる。


R0015527-1.jpg


R0015529-2.jpgR0015531-2.jpg


地元の手作り鯛めし(\450-)と鯛ちくわを、防波堤の上でのんびりといただく。


  頭上ではトンビがピーヒョロロローと鳴きながら旋回している。

  長閑なりや鞆の浦・・・



昼食の後は、ポカポカ陽気の鞆港をぶらぶらと・・・


港町らしい風情の中、細い道が網の目のように無秩序に伸びている。

[More...]

東京から仙台へ

DSC04663-1.jpg

11月下旬のある日、早朝から東京・大手町でお仕事


その後重要書類を少しでも早く郵便に付したいと、東京中央郵便局に向かうが・・・

R0014414-1.jpg

ガーン!!

営業していない・・・大時計も12時を示したママで・・・全くやる気ナシ!

[More...]

大阪府・知事公館一般公開

4月6日(日)大阪市中央区にある知事公館が初めて一般公開された。

DSC09177-1.jpg



1923年築というクラシックなものなのだが、外見はそんなに古いものには見えない。

DSC09179-1.jpg


いつもはこんなに静かな風情だか・・・

[More...]

「棄景・・・弁天埠頭」


今日は、少し趣向を変えて船舶ネタをひとつ。


現在のレポートなのだが、なぜか昔の出来事のような気がしてならないのだ・・・





JR大阪環状線の弁天町駅北へ徒歩15分のところに弁天埠頭という客船ターミナルがある


・・・いや、あった


?


昭和の終わりまで、四国・九州への船旅の一大出発ターミナルだった。


[More...]

「重要文化財・愛珠(あいしゅ)幼稚園の一般公開」

大阪市立「愛珠幼稚園」といえば、大阪で最も古い幼稚園である。

平成19年12月8日午後の半日だけ一般公開されたので、見学に行った。

今年の6月18日に国の重要文化財の指定を受けたための市民公開デーである。

明治34年築だが、今でも現役の幼稚園として利用している。
利用する園児の安全のため普段は門は固く閉じてあり、関係者以外立ち入り禁止である。

今まで外から眺めるしかなかったが、ようやく内部に立ち入ることが出来た。(念願叶う)

[More...]

「現代アート・時の交差点」

先日、大阪・備後町にある国指定重要文化財の日本綿業会館の脇を通ったとき、へんな帽子のオブジェがあるのに気づいた。

[More...]

「大阪府庁の現代アート・・・螺旋状の21本の直線」

大阪府庁の本館はなんだか白くて四角いだけの官庁と思われがちだが、じっくり見てみると趣き深い。

[More...]

「大阪中央郵便局が危ない!!」




大阪中央郵便局は、戦前の重厚な建築物のひとつ。

吉田鉄郎氏(逓信省)設計。昭和14年築。

取り壊して建て直しの計画があるとか。


[More...]

「建直し中の梅田・阪急百貨店」





阪急百貨店といえば、昭和を代表するターミナル型デパートの雄。


[More...]

「心斎橋ラルーチェ」


建築で有名なウィリアム・メレル・ヴォーリズ が設計した心斎橋大丸

大阪でも屈指の名建築。アラベスク模様がことのほか美しい。







その大丸が12月から夜間にアールデコ調のイルミネーションがお目見えした。

「心斎橋ラルーチェ」といふらしい。







創業280年記念らしい・・・む?ん・・・下村呉服店 以来の老舗ぢゃ。






(江戸時代の同店模型)







心斎橋筋も同じようにイルミネーション模様・・・クリスマスが近づいてきたネ。






※ご注意 これは、2006年12月の風景であります。



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
       ぽちっとね♪

「しはわうせ?」




大阪市西区の川口に秀麗なアーチ橋の「しはわうせ」がある。







反対側の欄干には「橋和昭」とある




銘板をみると







 
75年前になるね。

宮本輝の「泥の川」の舞台となったところである。




そんな昭和橋・・・いつまでもこのままであってほしい橋のひとつである。




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
       ぽちっとね♪

「木造の愛珠(あいしゅ)幼稚園」

大阪最古の幼稚園「愛珠(あいしゅ)幼稚園」・・・今でも現役の幼稚園である。







武家屋敷のような門構えも立派。前の大戦の兵火を浴びなかったのが奇跡といえる。

明治時代の教本とかの資料も随分所有しているようだ。




大阪市立というのもいいね。




とある日、淀屋橋界隈をさすらっていたら・・・







いつもは脇戸ばかり使って出入りして、正門は固く閉ざされたままだったが、その日に限って開いていた!!




むむっこれは貴重かも・・・と思い、写真に撮った。




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
       ぽちっとね♪

「五階百貨店」




阪堺電車の終着点「恵比須町」から久しぶりに日本橋電気屋街をあるいてみた。

ゲームの店やメイドカフェなども目に付くが一歩内側に入るとありました





[More...]

☆高射砲住宅




偕行社の跡地で青春をおくった者として、耳をそばだてる言葉

「高射砲住宅」?

戦時中に軍隊が作った高射砲のコンクリートの台座部分を住宅として棲家としている人がいる。
それも大阪の東淀川駅の近くに一つではなく複数存在するらしい。

すごい!!

常々淡路界隈はワンダーランドと思っていたが、
やはり・・・。

http://www.asahi-net.or.jp/~zu3h-sonm/haikyo/awaji.htm


  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


☆しはん志うわく

    


京都地方法務局の本局は、京都らしいシックなデザインとなっている。
鴨川に掛かる丸太町上る荒神橋の西詰にある。
天気のいい日にこの橋をゆっくり渡るのは気持ちいいね。


この橋の橋柱には「くわう志んはし」とある

(「は」の変体仮名はどうすれば表現できるのだろうか?)



ル至ニ學大國帝都京 東リヨ是



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

☆動かない白い客船



大阪港にある大阪港湾合同庁舎には、税関や入管や動物検疫所などが入っている。

その庁舎は、真っ白な大型客船を模している。
全面はゆるやかなカーブを描き、角もとってある。
屋上にはご丁寧にマストまである。

デザイン音痴の行政が建てたものとしては、良いものかもしれない。

全面のRは設計者・工事者泣かせだろうな。と思ってしまう。

絶対に動かない白い客船



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
 

☆泉布観

    

国の重要文化財「泉布観」の一般公開が、3月19日?21日の三日間だけしていたので、最終日に行ってみた。

明治4年築のこの建物。隣の造幣局の貴賓館であったもの。明治大帝も3日間宿泊したことがあるらしい。

すべての周囲を吹きさらしのベランダを配した「ベランダ・コロニアル」様式で建築されたこの建物は、雨風には弱いと思うし、先の大戦もあったし、またすぐ横には国道一号線が走っているなど、建物にとって決して良好な構造・環境とはいえない。
いままで、残っていたことが奇跡かもしれない。

華奢な造りの建物だけに、立ち入りは、スリッパに履き替えることとし、立ち入れる人数は、スリッパの数だけに限るとしている。
したがってスリッパがなくなると、人が出てくるまで玄関口でしばし待機ということになる。

また二階には一度に多くの人が集中しないように注意書きがなされている。
二階が重いと床が抜けるのかなあ?

二階のバルコニーから明治の元勲たちはどんな思いで目の前の大川(旧淀川)を眺めたことだろうか。

☆51階建て分譲マンション

  


51階建てのマンション

実家の近くには51階のホテルとマンションが2本建っています。

またもう一本高層建築がすぐ南側に誕生します。なんと51階建ての分譲マンションです。

最上階は島田紳介が入居予定とか。

国道2本、鉄道2本、高速道路2本の交差するポイントにできます。

「日本のブルックリン」とほめ殺しする人もいるようですが、やはり騒音と排気ガスは如何ともし難い。

中心部まで10分以内で行けるという駅前で便利なところではありますが・・・。

☆大阪ガスビルの不思議なでっぱりの答え

    



前回の日記に書いた大阪ガスビルの不思議なでっぱりについて、mixi質問状を出したところ、ご回答を頂きました。(感謝)
ご教示ありがとうございます。

ホールの映写室ですか。なるほど。

少しでも映写画面を大きくするため、会場スペースを確保するために出っ張ってしまったのですか。
どおりで、窓は光取りのガラスブロックしかなく、その周囲の壁には窓がないのですね。

また別の方からは、当時の図面までご提示いただきました。かたじけない。



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
 


☆大阪ガスビルの不思議なでっぱり

    

大阪における昭和の名建築のひとつ。通称「ガスビル」


昭和初期の建築なので、竣工当時はさぞモダンだったのでしょうね。
いまでも全く古さを感じさせません。


ところで、南側の4階部分のでっぱりは一体なんだ?
全体のすっきりしたデザインの調和をこの箇所が乱している。

ガラスブロックの光取りがある程度で、本当に必要なでっぱりなのだろうか。
緊急脱出のための装置であれば床下にハッチが取り付けてあるはずだか、それでもない。
文化住宅の流しではあるまいし、引っ込めても全く問題のないスペースではないのか。
前を通るたびに考える。

なんだろ?何だろ?


  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
 


☆愛日小学校

    


ここは、元大阪市立愛日小学校があったところ。

この『愛日』は、「揚子法言-孝至」の「孝子愛日(孝子日を愛しむ)」からきている言葉。日を惜しむという意味もある。
大阪でもっとも古い小学校(明治5年創立)だった。

東京銀行(只今閉鎖中)の大阪支店の南側に広い敷地であったが、ついに売却。三井住友海上火災が新たな所有者。
只今大型ビルの建築工事中。

御堂筋の中央大通?淀屋橋の間は、昭和30年代の都市計画法改正まであった「百尺制限」の名残が見られる。
高さを31mで整ったスカイライン。高さが整ったすっきりとした直線が美しい。
御堂筋の東側(写真3枚目)は第一勧業銀行・東京建物・日本生命・東京海上・三和銀行・東洋信託銀行と続く。
道幅50mの御堂筋と縦横比5:3の黄金分割になっている。

三井住友海上火災はこの御堂筋の百尺制限を守るというが、御堂筋の東側と違い西側は凹凸多い。

大阪の顔とも言える御堂筋。後世に誇れるような街づくりをしてほしいものだ。

☆バブルの塔の崩壊

     

御堂筋と本町通りとの交差点にあった商社伊藤萬のイトマンビル。
建築学会賞も受賞した立派なビルであったが、イトマン事件の後、住金物産へ合併による所有権移転した。
そののち積水ハウスに売却された。

そして・・・今。取り壊し。

負の遺産であるバブルの塔の崩壊。


因みに、この二代目イトマンビル(写真二枚目)は昭和51年3月に竣工した。初代ビル(写真三枚目)の解体から3年、当時の総工事費約45億円、赤御影石の外壁、防災設備の先取り設置、自動制御の空調機器、大きく厚いガラス窓等近代建築技法の粋を集めたビルだった。
屋上には近代ビルには似つかわしくない赤い鳥居の「稲荷神社」が祀られていた。この神社は宝塚駅の近く、裏側には武庫川の清流が流れるという風光明媚の地にあった「萬朶荘」という建物の庭園にあったものを遷座したものである。
この「萬朶荘」というのは、そもそもはイトマン二代目社長伊藤萬助個人所有の別荘だった。その後厚生施設として会社資産に移った総桧造りの立派な造作の建物であった。緑に囲まれた広大な庭園があって、大広間から眺める泉水には、赤、白、黄、黒等の色とりどりの錦鯉が遊泳しているという、今再建築せよといっても恐らく不可能と思われる豪華な木造の施設であった。グループや、部・課の懇親会や忘年会などに利用したりして、中堅以上の社員にとっては、馴染み深いなつかしい郷愁を感じる思い出の多い場所だった。
また、イトマンの重要なお得意先を年一回招待のうえ「萬昭会」と称する園遊会をこの「萬朶荘」で開催して、屋台がでたり仮設舞台では余興の漫才や落語等の演芸があったりして、イトマン側は役員をはじめ営業関係者総出でお得意先の首脳を日頃のご愛顧に感謝し、手厚く持て成したものだった。
このように有効に利用されてきた「萬朶荘」も、昭和50年河村政権になってから、再建のため遂に処分せざるをえなくなり手放すことが決定された。ある中堅ゼネコンに売却し、建物は取りこわされ整地されて高級マンションになってしまった。
イトマンの当時の経営陣は「企業の明日への再起のために……」と祖先の霊前にこれを詫び、かつていつの日にか萬朶荘以上のものの奪回を堅く誓ったのだった。

が、・・・結果は、その本体をも失ってしまうことになる。

お稲荷さんにも見放されたというべきか。

☆軍艦 最上

    

軍艦「最上」のマストと艦橋

明治のそして戦争の遺産が大阪・中之島にひっそり息づいている。

昭和4年、同艦の前マストと後部艦橋を大阪府と大阪市が購入し中之島公園(天神橋西側)に掲揚用ポールにするため、設置したもの。
したがって、昭和10年竣工の重巡洋艦「最上」ではなく、明治43年に建造された通報艦「最上」のもの。

通報艦「最上」は、明治41年に日本で初めてタービンを使った軍艦として竣工し、大正元年に一等砲艦に類別変更され、第一次世界大戦で南支那海や南洋群島の警備で活躍し、シベリア出兵にも警備艦として参加した艦船

経歴

07.3/3三菱重工業長崎造船所起工
08.3/25進水
08.7/29艦長木村剛(兵15宮城)中佐
08.9/16竣工
08.9/25艦長竹内次郎(兵14東京)中佐
09.10/1艦長志摩猛(兵15宮崎)中佐
10.2/16艦長荒西鏡次郎(兵15滋賀)中佐
12.8/28一等砲艦12/1艦長秋沢芳馬(兵18高知)中佐
13.12/1艦長三村錦三郎(兵18岡山)中佐
1914第一次世界大戦時に青島攻略戦に参加しドイツ水雷艇S90を撃沈
15.6/30艦長筑土次郎(兵24大6静岡)中佐
15.9/25艦長関田駒吉(兵24高知)中佐
15.10/17艦長井手元治(兵25佐賀)中佐
16.12/1艦長平岩元雄(兵26愛知)中佐

28.4/1除籍7/6廃艦第3号と仮称
29.1/31廃船
29.6/1売却後大阪で解体


近年まで、ホームレスの格好の棲家として利用されており、ブルーシートで覆われ、妙に生活臭のする哀れな姿であったが、今日では綺麗に整備された?姿に戻っている。
南側では、京阪電車の中之島新線の護岸工事が進行中。



☆ボウマン船長の『影のない部屋』

  

映画「2001年宇宙の旅」での、最後のシーン
デイヴ・ボウマン船長が臨終のベッドに横たわっている影のない部屋。

不思議な空間でした。そして死からスター・チャイルドへの輪廻転生

そんな空間を思い出させてくれる建物が、これ・・・ORIX高麗橋ビルディング

旧山一證券の大阪支店跡地にできた不思議な建物。
1階エレベータホールに入るたびにあの「影のない部屋」を思い出す。


山一證券の死からORIXへの再生をイメージしているのか・・・といえば考えすぎ?

☆愛珠幼稚園の塀に亡霊発見!!



大阪最古の幼稚園「愛珠(あいしゅ)幼稚園」
武家屋敷のような門構えも立派。前の大戦の兵火を浴びなかったのが奇跡といえる。隣の適塾も併せて・・・。
その愛珠幼稚園の塀に古色蒼然とした案内板あり。

そこには、案内板というより、過去帳の風情あり。
鬼籍に入った企業名がぞろぞろ。
ああ怖い。

第一勧業銀行、富士銀行、三和銀行、千代田火災、中央信託銀行、住友銀行、日本興業銀行・・・・。

みんなみんな どこへ行ってしまったの・・・。



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ぽちっとね♪ 

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
昭和 ライカ ルサール 世田谷線 ソ連 ラピート 関西空港 名鉄 モ510 揖斐線 モ750 モ770 彦根 米原 近江鉄道 C56 SL 北びわこ号 赤うし弁当 ハチロク 8620 人吉 温泉 阿蘇神社 熊本 大畑 しんぺい号 矢岳 真幸 肥薩線 C55 吉松 はやとの風 鹿児島 霧島温泉 鹿児島市電 九州新幹線 水陸両用車 ダックツアー 八軒家 天満橋 高松琴平電気鉄道 高徳線 土讃線 徳島線 コトデン 黒野駅 岐阜市内線 C56 Leica 臨港貨物線 天下茶屋 スーパーイコンタ 阪堺線 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 新幹線 はやぶさ 青森 酸ヶ湯温泉 青函連絡船 混浴 JRバス 寝台車 すすきの はまなす 鉄道 しずか 大勝 小樽 アイアンホース 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 真庭市 久世 遷喬小学校 えきそば キハ127 姫新線 蒸気機関車 梅小路 義経号 温泉津温泉 サンライズ出雲 スーパーはくと 薬師湯 温泉津 スーパーおき 山口線 おとなびパス 博多 鉄道遺産 明治 官営鉄道 ツツジ 蹴上浄水場 京津線 京阪電車 地下鉄サリン事件 平成7年 大阪地下鉄 特別警戒実施中 阪急 泉布観 大阪環状線 造幣局 四国鉄道文化館 今治 しまなみ街道 アセチレン カーバイド EF52 交通科学博物館 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 国鉄 三条通 蹴上 京都 京阪 竹鶴 竹原 尾道 マッサン 白市 湯坂温泉 かんぽの宿 くろんぼ 西条 酒蔵 18切符 広島 臨港線 なみはや大橋 浪速駅 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 叡山電鉄 鞍馬 デナ21 阪堺電車 木津川駅 南海高野線 宇野 万年筆 連絡船 デルタ 高松 豊浜 予讃線 桜島 天保山 USJ 北港運河 櫻島線 曝涼展 流電 モハ52 明治屋 あべの 汽車会社 蒸気動車 リニア・鉄道館 湯田中 角屋ホテル 長野電鉄 屋代線 大阪国際空港 新山口 小郡 雀田 宇部 モ301 大和川橋梁 モ253 大阪 サントリーミュージアム ヤシカ コンタックス テッサー 汐見橋線 山代温泉 レディー・カガ グランフロント大阪 ホワイトラベル 懐石 バー 高野線 ズームカー 本線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 保存 大阪市電 吊り手 投書箱 2階建て電車 市電保存館 緑木車庫 花園橋 ロングシート キハ58 播但線 日野駅 レールバス だるま ボンネットバス キャブオーバーバス 軽便鉄道 西大寺鉄道 キハ7 岡山 金沢駅 和倉温泉駅 北陸本線 福井駅 博物館 関西文化の日 丸窓電車 上田交通 梅小路蒸気機関車館 C62 動画 特急 長崎駅 シュプール号 スキー列車 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 奈良 近鉄 藤原京 橿原 今井町 薬師寺 アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 舞鶴 肉ジャガ 海上自衛隊 由良のと KTR 山椒大夫 ハクレイ酒造 丹後由良 碧翠御苑 久美浜 玉川 京丹後 観音寺 銭形 昭和レトロ 偕行社 梅干 善通寺 気動車 キハ07 関東鉄道 地下鉄 大阪市 梅田駅 桃山 城東線 桃谷 片町線 関西鉄道 四條畷 忍ヶ丘 宮崎駅 特急冨士 南宮崎 宮崎空港 宮崎 鉄橋 大淀川 日豊本線 ジョイフルトレイン大分 試作B編成 A編成 B編成 試作車 自衛隊 戦車 武器学校 土浦 長浜 旧型客車 湯村温泉 はまかぜ 福知山線 客車 北近畿 20系 寝台列車 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 けごん 東武鉄道 鬼怒川 きぬ オリエント・エクスプレス オリエント急行 大阪駅 '88 プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり 亀岡 カメラ 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 追手門学院 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 JR九州 春日大社 汐留 東京スカイツリー ビール 大阪ドーム 阪和線 紀勢本線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 北海道 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 レトロ 境港 鳥取 智頭急行 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 白浜 上湯温泉 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 小西六 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 恋道路 鉄道模型 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー