FC2ブログ

Super Ikonta 531で港町散歩

平成8年9月23日のことだった。

ファジー・コレクションにはジャバラのカメラも多く存在するが、この日は1938年ドイツ製ツアイスのスーパーイコンタIII(Super Ikonta 531)にモノクロフイルムを詰めて、桜島・天保山の港町散歩に出掛けた。

19950708459-1.jpg

このカメラは、分類ではスプリングカメラに属するが、ドレーカイル式のピントあわせ装置を備え、同種の中では最高品である。

レンズの横に飛び出た腕木単目のドレーカイル方式の説明は、本機を手にすればその精緻な光学装置に驚嘆するばかりであるが、その光学装置の説明を文書にすると絶対に理解できない代物である。

アマチュアには、この半分の大きさのセミ・イコンタが好まれたが、イコンタがもつ6×9cmのビックサイズはプロに好まれ、この傾向は1970代まで続いた。

R0029564-1.jpg

左側の35mmフイルムではなく、右にある細長いサイズの裏紙のついたプローニ判のフイルムを使う。

IMG_20190202_100413298-1.jpg


ネガを比べてみると、35mmに比べて圧倒的なサイズの大きさを誇る。これは、今で言うところのデジタルカメラの受像子の大きさの違いと同様の効果がある。

昔はレンズの性能をカバーするため大きなサイズが求められたが、名レンズのテッサーを搭載したスーパーイコンタともなれば、大きく引き伸ばす必要のあるプロ写真にとっては、35mm判より重用された。

そして、スプリングカメラの特徴として、折りたたむとコンパクトになることから山岳写真家には特に愛好された。

今回は、これだけ大きなサイズだと、写真屋さんに頼まなくても、自分でフイルム現像とベタ焼き(ネガフイルムと印画紙を接してプリントする方法)ができるのではと思いトライした次第である。(サンプルは、上記のとおり)

19960923スーパーイコンタ103-1

大阪の臨港貨物線「浪速駅」に隣接するダイゾー(旧:大阪造船)の巨大クレーン

この造形には、人を魅了する要素がある。しばらく見ていても飽きが来ない。
鉄骨の素材が華奢なのにこんなに大きな造作になっていることが、なんとも美しい。しかも縦横無尽に駆動する。

19960923スーパーイコンタ103-2

6cm×9cmなので、中央の操縦室部分の拡大にも破綻を来たさない。

19960923スーパーイコンタ104-0-1

こちらは、余りに見事な“草ワイパー”があったので、撮ってみた。
こういう被写体はやはりモノクロがいいね!

(注)草ワイパー:草と風が壁面に織りなす造形美であり、振り幅が大きい方が美しいとされている。小さいながら壁面の穴から成長した草木の場合360°にも及ぶものがあるので侮れない。

[More...]

スポンサーサイト



USJで六櫻社8年型Pearlの試写

前回からのつづき・・・



平成22年2月20日(土)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に出かけた。

もちろんジャバラの再生により70年前の姿に甦った六櫻社8年型パールをお供に・・・。


R0017294-1.jpg

純正のフードがないのだが、手許にある戦後に発売されたコニカI型(昭和23年)のチープなかぶせの角型フードがなぜかしっくりと合致した。

戦前と戦後、ブローニ判と35mmの違いはあれど、同じ会社のカメラだけあって融通が効くものだ・・・と感心しきり。

ショートレリーズは、外様であるイーストマン・コダック社(米)のNo.29 Cable Release


R0017196-1.jpg

フイルムは、ブローニ判のフジのNew PRO 400 (自宅の冷凍庫で保存してあるものを解凍して使用)

このカメラのフイルムサイズは、6cm×9cmなので、1本のフイルムで8枚しか撮影できない。

デジカメのようにバシバシ連写してあとでバッサリ消去すればよいという代物ではなく、一枚一枚をいとおしむ様にして撮影する。


また古典写真機の場合、お茶の作法のような一連の所作が欠かせない。


 その壱、静かに前蓋を開き、鏡玉(レンズ)を正しく屹立させるべし。

 その弐、フアインダーを覗き、被写枠を定むべし。

 その参、底の螺子(ネジ)を静かに巻き上げ、フイルムを正位置に留むべし。

 その四、正しき絞りとシヤツター速度を撰ぶべし。
     (手馴ともなれば適正値は露出計なしにて撰びたし)

 その五、ピントは目測で合わすべし。
     (近距離に於いてはピンボケ生み易きが故に慎重怠るべからず)

 その六、両脚を開き体を安定せしめ、両脇を閉ぢ両手にて写真機を確実に保持すべし。

 その七、息を殺し心静かにシャッターレリーズをゆるりと押込むべし・・・ カシャリ!


[More...]

クラシックカメラのジャバラ再生について(2)

前回からのつづき・・・


ナベル社に、新しい蛇腹を作ってもらうには、正確な寸法を指定用紙に記入しなければならない。

まず8年型パールから蛇腹をはずす。

シャッターマウントは4つのねじで台座から取り外すことが出来るので、苦もなくできる。

しかし、手前のボディー側は、接着剤でベタリと貼り付けてあるので、簡単にはいかない。

手許にリムーバーがあったので、それを張り合わせ箇所に垂らして暫く置くことに・・・。

R0016634-1.jpg


そうすると70年前の接着剤がゆるんで来た。

程なくして完全に取り外すことができ、これならなんとか寸法が計測できそうだ。

R0016636-1.jpg

ただ、かなりのヘタリがあるので、寸法が測りにくい。中央と端とでは長さが異なる。う?ん困ったなあ。

まあ昔のカメラなので、そう厳密にしなくても何とかなると思い、長さを特定し、用紙に記入した。

会社には、用紙と併せて実物も添付して送った。



数日後、設計図面が出来上がって送られてきた。

ジャバラ設計図007-3


その立派な図面に精密機械を見るような思いがする。


内容OKの回答をして、代金+送料の振込みを済ませ、製作に取り掛ってもらった。

[More...]

クラシックカメラのジャバラ再生について(1)

思えば・・・平成21年の暮れのことだった。


会議が終わった後、仲間で、いつものように居酒屋で盃を傾けていた時のお話。

酔いが回ってきた頃からF(ファジー)とS(仲良しグループの女性)との趣味の話に入ってきた頃の・・・何とも不思議な会話





F:「私は戦前のクラシックカメラを集めては、廃棄直前のようなモノを修理して最新のフイルムを入れてやってですね・・・現代社会の様子を撮影してそのカメラを驚かせてやるのが趣味なんですよ♪」

S:「ヘェー」

F:「ところが・・・多少の修理ならば何とか出来る自信はあるのですが、手許にあるカメラ「小西六(六櫻社)8年型パール」というカメラのジャバラがボロボロになって、撮影に適さないんですよ。」

  「小さなピンホールの一つや二つは塞ぐことが出来るのですが、一旦補修しても、いざ撮影の段になるとまた光漏れがあるという繰り返しでお手上げ状態なのです。」

  「レンズがヘキサーという良いものを装備しているだけに、このまま棚の肥やしにしてしまうのは、つくづく勿体なくて残念で・・・(泣)」

R0016628-1.jpg

(ジャバラがお手上げ状態の「六櫻社8年型パール」ヘキサー11.5cm f4.5付 昭和11年製)


S:「カメラのジャバラが具合悪いんですか・・・?」

F:「そうです。当時のカメラは個体差があるようで、大正・明治期のジャバラでも完璧なものもあるのですが、手許のこのカメラはダメでした。ジャバラさえ取替えてやれば完全に復活できる自信があるんですけどなあ?」

S:「それなら新しいジャバラが手に入ればOKですよね。」

F:「そうなんですが、今時新品のジャバラなんてないですから・・・ヤフーオークションなどで同形式でジャバラの状態のいいものをゲットして取り替えようかと画策してるんですが・・・これだれの古い機種となると出品自体なかなかなくてね・・・」

S:「私、ジャバラを作っている会社知ってますよ♪

F:「ええっ。何ですって・・・ジャバラのメーカーを・・・」

S:「はい♪」

F:「あの?。肩こりがひどいのでいい医者を知らないか?という問いかけに回答はあっても、クラシックカメラのジャバラが具合悪いので困っている・・・の問いに即座にクリーンヒットする回答があるなんて・・・1万人に問いかけても絶対100パーセント『知らな?い』と答えますよ・・・ホントですか?」

S:「でもジャバラって、昔の写真機についていて伸び縮みするアコーディオンみたいなモノですよね。」

F:「まあ?なんということでしょう♪・・・是非ご紹介ください!」

[More...]

日本最古のカメラメーカー “堆錦(ついきん)カメラ”

平成21年7月5日まで、尼崎市総合文化センターで第9回上野彦馬賞のフォトコンテストをしているので前の日曜日に出かけてみた。

R0011355-1.jpg


このフォトコンテスト前回も訪れたのであるが、「上野彦馬賞」と冠するくらいなので、写真コンテストもさりながら、併設される古写真に関する展示がとても魅力的なのだ。

前回は幕末写真の集大成だったが、今回は当時のカメラ「堆錦(ついきん)カメラ」が主役だった。

R0011377-1.jpg

ちょうど21日(日)14時から古カメラに造詣が深い東野進氏による「日本最古のカメラメーカー」と題した講演会があったので、それに併せるように会場を訪れた。

[More...]

Carl Zeiss Planar 75mmf3.5

R0014582-1.jpg

これは、二眼レフのRolleiflex3.5fの装着レンズであるツアイスのプラナー75mmf3.5を取り出して一眼レフで使えるように加工してM42マウントに仕上げたもの。

どこの御仁がこんな荒業を思いついたか知るすべもないが、とある中古カメラ店で手に入れたもの。

R0014586-1.jpg

[More...]

Rietzschel Clack(リーチェル・クラック)といふ冩眞機

手許に一台の古典写真機(クラシック・カメラ)がある。

R0013833-1.jpg

かなりの時代物だが、外革をふくめ状態は非常に良好。

またジャバラカメラなので折りたたむとこんな感じでペッタンコ。

とてもコンパクト。

R0013800-1.jpg

外革に丸くRietzschel’s CLACK Munchenとある。


このリーチェル・クラックというカメラ、今から4年前、平成16年12月2日に中古カメラ店でその美貌に一目惚れして買ったものだが・・・ライカやコンタックスと比べ、その氏素性が全くといっていいほど判らない。


そういうときには、文献漁りをするのもこの道の楽しみだが・・・

[More...]

古典写真機同好会?ハッセル祭りだ!

8月のとある日曜日、ライカ先生のクリニックで古典写真機同好会の例会があった。

R0012949-1.jpg

前回の会合では、ライツのフォコマートでモノクロ写真の焼付けを愉しんだ。


本日のお題は、6×6の雄「ハッセル・ブラッド」である。

構成員がそれぞれご自慢の愛機を持ち寄った。

R0012956-1.jpg

やはり、ハッセルには、白い鏡胴のレンズが似合うねえ。美しいねえ。


[More...]

報道写真傑作集とスピードグラフィック(その1)

先日、アサヒカメラ臨時増刊号として朝日新聞が毎年発刊していた「報道写真傑作集」の1951年から1959年までのもの計9冊を入手した。

表紙はこのようなもの。

R0010251-1.jpg

[More...]

ベストエキザクタ(B)

私の手元に、ベストエキザクタ(B)という写真機がある。

以前エキザクタバレックスIIaという西洋甲冑に似たカメラ(1960年製)を少しアップしたことがあったが、これはそのご先祖様にあたり1935年頃製造された一眼レフ。

DSC00860-1.jpg

この黒塗りボディにニッケルの怪しい輝きには、敵いません。たちまち降参。

ライカやコンタックスもそうだが、戦前の黒塗りカメラはなぜこんなに美しいのだろうか。

じっと眺めているだけでも至福の時が流れる。

[More...]

「八九式活動写真銃」

我が家には、いくつかの出所のよくわからないレンズがある。


このHexar 7.5cm f4.5もそのひとつ。 紺色の指輪のケースのようなものに入っていた。

レンズの直径がわずか18mmの小さなレンズ。
絞りはついているが、ピント調節のためのヘリコイドはない。

[More...]

「六櫻社 パーレット出づ!!」

 

パーレット出づ!パーレット出づ!

「パーレットでず」・・・と読まないで。
「パーレットいづ」で、出てもらわなくっちゃ。

[More...]

「100年前の冩眞機」

私の写真機コレクションの中には、100年以上前のカメラ・・・冩眞機といふべきか。も数台含まれている。

そんなカメラ使えるの?
という声が聞こえてきそうだが、・・・・少し手を加えてやれば、今でも充分使えるのだ。

これは、ドイツのゲルツ社が作ったベスト・ポケット・テナックスというカメラ
1911年製なので、明治44年!!ということになる。

[More...]

「ローライフレックス4台揃い踏み」


ローライフレックスといえば、二眼レフカメラの最右翼。


今でも新製品を製造しているところがエライ。

最近では戸外で二眼レフを取り扱っている人を見ることはほとんどないが、根強い人気がある。




一眼レフのようにカメラを目の位置まで持ち上げて撮影するのをアイレベル撮影という。

一方、二眼レフのように胸の前にカメラを構えて、上からのぞく撮影方法をウエストレベル撮影という。

ウエストレベル撮影のほうは、カメラマンが直接被写体を向いてないことと、お辞儀をしているような格好で撮影するので、被写体(モデル)にとって緊張感が少ないようだ。

モデルに優しいカメラといえる。




ただ、速写性はないので、ゆっくりじっくりと被写体と対峙するのに向いている。

しかしフイルムは35mmフィルムよりずっと大きいブローニサイズを使うので、描写性能はバッチリである。




もっと屋外に持ち出してもらいたいカメラだなあ。




我が家には大小取り混ぜて約10台ほどの二眼レフカメラがあるが、収納にちょっと嵩張るのが難点だ。







[More...]

「ジャンクなジャバラカメラ」

いつもパトロールしている中古カメラ店に不思議な物体があった。

ジャバラカメラの抜け殻。レンズがない。

こんなものが売り物になるのか?







[More...]

「BOLSEY FLEX」






このカメラは、スイス人でアメリカに移住したジャック・ボルスキーの作品。

[More...]

☆Voigtlander?BRILLANT (1930年製)

今日は少し暖かいので、昨日我が家にやってきたVoigtlander(ホクトレンダー)社製のブリリアント(1930年製)の試写をしたいと思います。モデルは豚児

67605820_165.jpg



VoigtlanderはZeissやLeitzよりずっと古い光学会社で、創業は1756年でモーツァルトの生まれた年です。

私の歴史の教科書「和漢年契」によれば、江戸の宝暦5年に当たります。
翌年江戸大火あり。
中国は、名君の誉れ高い清朝の乾隆帝の治代です。

たいして古くないね。






  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

> tags
小田原 箱根登山鉄道 強羅温泉 阪急 正雀 電車寝台 青函連絡船 国鉄 釧網本線 北海道 仮乗降場 阿波川島 琴電 JR四国 こごみ 長野 Leica 奈良 岡山 Summilux Signet35 大阪城 Kodak 智頭急行 あわくら温泉 宮本武蔵駅 陸送 車輌 桜島線 モノクロ 天保山渡船 ブローニ スーパーイコンタ 山代温泉 加賀百万石 なごみの宿 新山口 オロテ 津和野 スハテ D51-200 SLやまぐち号 湯田温泉 松田屋ホテル キハ181 倉吉 はくと 三朝温泉 空港 みのり 仙台 松島 奥羽本線 新庄 陸羽西線 陸羽東線 山形新幹線 クモヤ 西九条 安治川口 つるや 高湯 蔵王 温泉 山形 東北新幹線 E3系 E5系 E6系 那須塩原 カツサンド 特急 サンライズ 寝台車 スーパーレールカーゴ サンライズ瀬戸 高岡 氷見線 ネコ電車 城端線 加越能鉄道 高徳線 長尾線 志度線 今橋車庫 コトデン 京浜急行230 高松築港 117系 高松駅 一畑電鉄 ムーンライト八重垣 大社駅 ステンドグラス 出雲大社前 デハニ ライカ 京阪電車 プレミアムカー ヴォーリズ 近江八幡 スイッチバック 木次線 しまかぜ 近鉄 門司港 はやぶさ 下関 ムーンライト九州 さくら 越美本線 JRバス 419系 ムーンライトながら レチナ 岐阜 美濃 白鳥 浪速駅 JR貨物 八幡屋 北びわこ号 C56 C57 鳥取砂丘 鳥取 岩井温泉 日本秘湯を守る会 岩美 餘部 山陰本線 はまかぜ 瑞風 城崎温泉 山陰線 福知山線 青春18切符 Kodak エクター Ziess シネレンズ Tesser 北陸新幹線 わさび 安曇野 ますすし 立山黒部アルペンルート 黒四ダム 破砕帯 室堂 扇沢 立山駅 富山地鉄 アルペンルート 京阪3000系 シグネット コダック タンゴ・デイスカバリー マヤ スロフ12 味めぐりわかさ 下市口 橋本 跨線橋 グリーン 東海道線 熱海 石亭 新幹線 JR九州 西鹿児島 ビュッフェ つばめ TSUBAME 鹿児島中央 偕行社 金沢 ソ連 世田谷線 ルサール 昭和 ラピート 関西空港 モ510 モ750 モ770 名鉄 揖斐線 彦根 近江鉄道 米原 SL 人吉 ハチロク 赤うし弁当 8620 阿蘇神社 熊本 肥薩線 真幸 矢岳 しんぺい号 大畑 吉松 はやとの風 C55 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 天満橋 八軒家 ダックツアー 水陸両用車 土讃線 徳島線 高松琴平電気鉄道 岐阜市内線 黒野駅 C56 Leica 臨港貨物線 天下茶屋 阪堺線 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 混浴 青森 酸ヶ湯温泉 はまなす すすきの 小樽 鉄道 しずか 大勝 アイアンホース 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 久世 真庭市 遷喬小学校 姫新線 キハ127 えきそば 梅小路 蒸気機関車 義経号 スーパーはくと 温泉津温泉 サンライズ出雲 薬師湯 温泉津 おとなびパス スーパーおき 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 ツツジ 蹴上浄水場 平成7年 地下鉄サリン事件 大阪地下鉄 特別警戒実施中 造幣局 大阪環状線 泉布観 今治 しまなみ街道 四国鉄道文化館 カーバイド アセチレン 交通科学博物館 EF52 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 京都 蹴上 三条通 京阪 竹鶴 竹原 マッサン 尾道 白市 かんぽの宿 湯坂温泉 くろんぼ 西条 酒蔵 広島 18切符 なみはや大橋 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 デナ21 叡山電鉄 鞍馬 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 万年筆 デルタ 宇野 高松 連絡船 豊浜 予讃線 天保山 桜島 北港運河 櫻島線 USJ 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 蒸気動車 リニア・鉄道館 汽車会社 角屋ホテル 長野電鉄 湯田中 屋代線 大阪国際空港 雀田 宇部 小郡 モ301 モ253 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 コンタックス テッサー ヤシカ 汐見橋線 レディー・カガ グランフロント大阪 ホワイトラベル 懐石 バー 本線 高野線 ズームカー 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 吊り手 投書箱 花園橋 2階建て電車 緑木車庫 市電保存館 播但線 キハ58 ロングシート レールバス 日野駅 だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 軽便鉄道 西大寺鉄道 キハ7 福井駅 北陸本線 和倉温泉駅 金沢駅 関西文化の日 博物館 丸窓電車 上田交通 梅小路蒸気機関車館 C62 動画 長崎駅 スキー列車 シュプール号 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 藤原京 薬師寺 今井町 橿原 海上自衛隊 アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 肉ジャガ 舞鶴 丹後由良 山椒大夫 ハクレイ酒造 由良のと KTR 碧翠御苑 京丹後 久美浜 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 キハ07 関東鉄道 気動車 大阪市 梅田駅 地下鉄 城東線 桃山 関西鉄道 四條畷 忍ヶ丘 桃谷 片町線 特急冨士 宮崎空港 宮崎駅 南宮崎 大淀川 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 宮崎 日豊本線 試作B編成 A編成 B編成 試作車 武器学校 戦車 自衛隊 土浦 長浜 旧型客車 客車 北近畿 湯村温泉 寝台列車 20系 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 鬼怒川 けごん 東武鉄道 きぬ 大阪駅 オリエント急行 '88 オリエント・エクスプレス プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ JR カニ クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 関西本線 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 障子 小学校 常磐線 レトロ 境港 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 九州鉄道記念館 門司 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © ファジー