平成5年12月の山陽新幹線“広窓0系こだま”

前回の記事にあったように、山口・宇部に出張したが、もう一度同月17日に宇部に出向いた。

その時のネガを透かして見てみると、新大阪駅新幹線ホームで0系新幹線を何枚も撮影している。

この当時0系新幹線は、それほど珍しいものではないのに・・・と思ってネガをスキャンして気が付いた。

広窓車輌の存在だ!

開通当初より製造された基本番台車両は側窓が座席2列で1個の広窓であったが、昭和51年以降増備された1000番台車より石跳ね等による窓ガラスの損傷を警戒し、座席1列に1窓という狭窓となった。

この当時もすでに運行車輌は狭窓がほとんどで、この日数少なくなった広窓車輌の姿を見つけて、喜んで撮影していたのだろうと思われる。

19931200新大阪ほか582-1

この博多行き“こだま”は、6両編成であるが、3号車だけが狭窓となっているが、他の号車は昔懐かしい「広窓」仕様となっている。

19931200新大阪ほか583-1

4号車の側面下部には26-582の車輌番号が見える。

26形(M')は、普通席(旧二等席)を備える中間電動車。27形を除く奇数各形式とペアを組んで使用される。集電装置・主変圧器・整流装置・空気圧縮機などを搭載する。基本番台車は各種で762両と同系の中では最も大勢帯車である。次ぐ1000番台車は213両、2000番台車は89両と少数のなかで先頭車改造(22形)改造された数が多いため純正で残っている数少ない。(Wikipediaより)

19931200新大阪ほか579-1

3号車だけはこのように狭窓となっている。

19931200新大阪ほか580-1

2号車の側面下部には26-926の車輌番号が見える。






最近の新幹線車両は、乗り心地は向上したが、窓の大きさはどんどん小さくなっていき、最新のN700系は、まるで飛行機と思わせるような縦長の小窓になっている。

軽量化と車体強度の確保を両立させるため、それは仕方がないのかもしれない。

しかし、かなり見慣れてきたとはいえ、これらの広窓0系の写真を見ていると、N700系はなんとも閉塞感を憶えるようでならない。




  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪


スポンサーサイト

平成5年冬 山口・宇部出張

平成5年12月15日早暁 出張で山口県宇部市に向かう。

19931215小郡554-1

新大阪には午前6時40分に到着 

自働改札化以前の在来線からの新幹線乗換口は、このようにあっさりしたものだった。 

しかしながら、朝早くからビジネスマンの姿が多いのは、昔も今も変わらない。




19931215小郡556-1

新大阪仕立ての7:00発「のぞみ501号博多行」に乗車。

この当時の「のぞみ」は、300系車輌だった。鉄仮面のようなのっぺりした先頭車両が特長だ。

19931215小郡555-1

この大きなパンタグラフの風防が何とも違和感を感じるところではある。

19931215小郡557-1

もちろん0系車輌もJR西日本ではまだまだ現役だった。


このとき初めて「のぞみ」に乗車したが、車窓の流れが「ひかり」より速く感じられた。

[More...]

平成5年秋の阪堺電車(続)

前回からのつづき・・・

大和川鉄橋を視察した後は、我孫子道まで戻ってきた。

19931115阪堺線534-1

木造瓦葺2階建の阪堺電車事務室もえ~感じである。

19931115阪堺線532-1

車庫内を外から覗くが、カラフルな車輌の姿が見える。


19931115阪堺線533-1

ここにも旧京都市電のモ254がお休み中・・・

19931115阪堺線535-1

この当時、外装の多彩さは正味うんざりするほどだった。

よって写真映りがよくないものだから余りカメラを向けることはなかったが、今回はZeissのPlanarの試写ということがあり写真散歩に出かけた。

しかしこのときから20年を経ると、流石に貴重な車輌が写り込んでいるのに嬉しくなる。





[More...]

有人改札時代の南海高野線・西天下茶屋駅

(前回からのつづき)

驚愕の木津川駅を満喫した後は、銀輪をさらに南に向かわせる。

津守駅は、カメラを向ける気をも喪失させるが如き味気なきものにして、流し目のみにて通過す。

次の西天下茶屋駅は、堂々とした近代建築。戦前のモダン建築の芳香を色濃く残している。

入口ヒサシのデザインやその上にある光取窓など南海らしさが感じられる。

        19930918南海西天下茶屋・木津川481-1

ただ、駅舎の前の道路が狭く、バックすると両脇がカットされてしまうのが残念なところである。

19930918南海西天下茶屋・木津川482-1

[More...]

平成5年9月 驚愕の南海高野線・木津川駅

過日、南海高野線の汐見橋駅から岸ノ里玉出駅までのショートトリップを楽しんだが、その車窓から気になる風景があったので、別の日にその気になる場所をパトロールすることとした。

ただ、電車だと途中下車すると次の列車まで、20分は待たなければならず、この晩夏の季節では屋外で待つのは少々辛い。

そこで地図を見ながら、しばし考えたが、渡し舟を利用すると、自転車でもさほどの距離にはならないことが判った。

平成5年9月18日、思い立ったが吉日、まだまだ残暑厳しい日ではあったが、カメラと地図帳をチャーリーの前カゴに放り込んで出かけたのだった。

19930918南海西天下茶屋・木津川383-1

港区福崎からは、尻無川の“甚兵衛渡船”を利用して大正区泉尾へ

僅か1分の船旅だが、生活の足として利用者は多い。

19930918南海西天下茶屋・木津川384-1

19930918南海西天下茶屋・木津川386-1

(思えば、この撮影から20年が経ている・・・乗船客の女子高生も立派なマダムになっているだろうし、自転車の女の子も今では大人の仲間入りだ。)

大正区に到着するとほぼそのまま真東に銀輪を進める。1.6kmほどで木津川の“落合上の渡船”に到着。

19930918南海西天下茶屋・木津川387-1

木津川には、尻無川同様、大きな可動式水門があるが、これはそもそも高潮対策で設置されたものだ。しかし設置後さほどの高潮に見舞われることがなかったため本領発揮する場面がなかった。

しかし東日本大震災以降は、高潮より津波対策として頼もしい存在となったいる。大正橋のたもとにある石碑“両川口津浪記”に記された津波の被害を考えるとこの水門の役割の大きさがおのずと判るというものだ。

[More...]

平成5年 南海電車の旧塗装車輌を求めて

(前回からのつづき)

最近、南海電車の伝統ある南海カラーが変わりつつあるというので、今のうちに記録しておかねばと思い、クラシックな南海・汐見橋駅からフォト散歩に出かけた。

平成5年9月11日

19930911南海汐見橋467-1

この南海1521系車輌も風前の灯火・・・汐見橋線ではこの2年後の平成7年8月24日に運転終了となり、同年10月の和歌山港線でのさよなら運転をもって南海における営業運転を終了した。

19930911南海汐見橋465-1

昭和の扇風機がブンブン廻つて生温き空氣を攪拌してゐる・・・そもまた一興なり。

[More...]

平成5年 自動改札機導入前の南海・汐見橋駅

平成5年9月11日のことだった。

南海電車の車輌の塗装が伝統ある南海カラーから変わりつつあることが気になったので、久しぶりに汐見橋駅を中心としたフォト散歩に出かけた。

19930911南海汐見橋458-1

都会のエアースポットのような南海電鉄・汐見橋駅

駅構内はガランとして人影も少ない。利用者の多くは近くの難波駅を使うため、現在では都心のローカル線の始発駅といった存在だが、じっくり観察するととても面白い路線である。


R0027191-1.jpg

歴史を訪ねると、明治37年の鉄道地図に早くも「高野鉄道」の起点として登場している。(明治33年9月3日開業時の駅名は「道頓堀駅」)

因みに、同線の「阿倍野駅」は、大正14年に本線と統合し、「岸ノ里駅」と名称変更された。

R0027194-1_20130302175107.jpg  R0027195-1.jpg

表紙に南海鉄道の「羽車」社章が表された社誌「開通五十年」が手許にあるので、同線の歴史の部分を転記してみた。

※「開通五十年」記念誌の発刊が昭和11年3月3日ということに、同鉄道の歴史の深みが感じられてならない。

[More...]

平成5年 阪神電鉄・福島駅の地下工事レポート(続)

(前回からのつづき)

H5.8.22のフォト・ウォッチングでは、阪神電鉄・福島駅の西側にも足を伸ばしているので、そのときの様子とH25.1現在の様子とを比較してみたい。

1993阪神・福島地上駅425-1

なにわ筋とあみだ池筋との中間区域・・・高架のJR環状線としばらくの区間並んでいたところである。

環状線の車窓から並走する阪神電車を眺めるのが好きだった・・・・。

R0027000-1.jpg

H25.1現在では、線路敷であった場所は、青天の駐車場となっている。

また踏切部分は、フェンスにより閉鎖されていた。

(当時のように俯角で撮りたかったが、足場がなくなっていた。)

[More...]

平成5年 阪神電鉄・福島駅の地下工事レポート

1993阪神・福島地上駅434-1

平成5年8月22日(日) 地下工事の進む阪神電鉄・福島駅周辺をパトロールした。

(註) この当時、阪神電車は、地下の始発駅梅田を出ると今でいうところのハービスOSAKAの東端あたりから地上に出て高架駅の野田阪神までは、地上路線を走っていた。

これは、国道2号線「出入橋」交差点の様子。前に見える踏切もいままでと寸分違わぬ日常風景なのだが・・・。

1993阪神・福島地上駅435-1

あとわずか2週間足らずでこの界隈は、地下路線となり、この踏切はその姿を消すこととなる。

そうとなれば、この界隈を記録しておかなければと、思い立ったが吉日、買ったばかりのCONTAX-T2を片手に気楽なフォト・ウォッチングに出かけたのだった。

因みに、このあたりには、阪神電車の「出入橋駅」があったのだが、昭和23年には廃止されてしまった。

R0027200-1.jpg
(昭和8年 大阪最新地図より)

阪神福島地下工事H5.9.6_ページ_3-1

この地下工事は、開かずの踏み切りと嫌われていた出入橋・浄正橋・福島西通踏切の解消とばかり思っていたが、それだけではなく西梅田一体の区画整理事業にも関与していた。

そもそもその端緒は、昭和54年の国鉄総裁から大阪市長に貨物ヤード跡地利用計画の策定が依頼されたことに始まる。

その対応として大阪市は昭和59年西梅田地区の土地区画整理事業を承認し、「西梅田地区再開発地区計画」がスタートした。

この区域の幹線道路や区画街路、ライフラインの整備を主体とする事業を行ったが、阪神高速道路梅田ランプ移設によって東西幹線が貫通したほか、2号線の地下に阪神本線を移設する工事もその一環として行われたのだった。

[More...]

平成5年 市電保存館完成記念の車輌展示会(その3)

(前回からのつづき)

市電保存館には、珍機種なる車輌も保存されている。

1993大阪市電一般公開398-1

散水車21型(25号車)である。  青いテント屋根も夏らしくて洒落てるネ!


R0026989.jpg

昭和初期まで道路が未舗装で電車が通りたびに砂埃が立つため明治43年から散水車が登場した。

1993大阪市電一般公開416-1

この車輌は、大正14年製のもの。

大阪市電では、明治43年から昭和4年にかけて計30台の散水車が製造されたが、戦時中多くの散水車が客車に改造されていき、この車輌もその予定だったが改造資材が戦災のため消失したため、そのまま改造されずに残った。オリジナルな形で現存するのは珍しい。

1993大阪市電一般公開411-1

八月の酷暑の昼下がり、表通りにこんな車輌が水撒きしながら通っていくと、どんなに涼やかであっただろうか。

今でも国県道などの舗装路で、大きなブラシを回転させて清掃するために散水している専用自動車の姿は見ることはあるが、その趣きとは随分違いそうだ。

※ 鹿児島市電では、2010年から線路敷きの芝の養生と桜島の降灰の対策として散水電車が登場したと聞く。

[More...]

平成5年 市電保存館完成記念の車輌展示会(その2)

(前回からのつづき)

1993大阪市電一般公開403-1

続いての車輌は、古典車輌の11型客車(30号)である。

すぐ横には地下鉄四つ橋線の新鋭車輌の姿も見受けられ、その時々の主役の否応なしの移り代わりが歴然と感じられる。

1993大阪市電一般公開396-1

この車輌は、明治45年製の285号車で大正11年に一度廃車されたものを昭和30年に復元したものだ。


1993大阪市電一般公開410-1

N電のように腰を絞ったサイドパネルが、黎明期の路面電車のスタイルを軽快なものにしている。


鉄道ファン1969.6-1

昭和44年3月24日の市電廃止のパレードの時には、ダブルポールゆえの自走不能状態だったので貨物電車に牽引されてのパレード参加となっている。前方には自走する2階建電車が見える。(鉄道ファン69年6月号より)


[More...]

平成5年 市電保存館完成記念の車輌展示会(その1)

今回は、懐かしの大阪市電の話題・・・

大阪市電の保存車輌といえば、平成5年まで、港区の見本市会場の跡地に出来た八幡屋交通公園の簡易なプレハブ小屋に保存されていた。その内部は薄暗い倉庫といった雰囲気で、金網越しにホコリをかぶった車輌が覗き見えた。 “保存”というより“収納”といった感じだった。

しかし、このたび住之江の大阪地下鉄の緑木車庫内に新設された鉄骨平家建の「市電保存館」に移転保存されることととなった。

そのことを記念して平成5年7月8月1日緑木車庫内で保存車輌の一般公開がおこなわれたので、見学してきた。

1993大阪市電一般公開417-1


これは、当日現地で配布していたパンフレット

市電保存館・見学のしおり_ペ

拡大バージョンはコチラ


市電保存館・見学のしおり2-1

拡大バージョンはコチラ


現在でも定期的に一般開放しているが、このときは、全ての車両を屋外に展示し、車内も全て公開していたことが特筆すべき出来事だと思われる。

[More...]

寺前行普通列車は、なんと超ロングシートのキハ58だった!!

平成4年7月1日のことだった。

姫路から和田山に伸びる播但線は、この当時、仕事でもたまに使うことがあった。

姫路10:12発の普通寺前行きに乗車して福崎に向かった。

1992播但線キハ585511-2

姫路駅播但線ホームに発車を待つ堂々の6両編成

手前に見えるのはキハ585511であるが、このカラーリングは以前どこかで見たことのあるような・・・

1991旧金沢駅320-1

1年前の平成3年4月に、和倉温泉でみたキハ58である。

七尾線の電化で余剰となった気動車がそのまま播但線に流れてきたものだった。

それだけなら、あまり驚くべきことはないが、車中に入ってみて、おろろいた!

1992播但線キハ585511-1

なんということでしょう! 

クロスシートを排除して設置された、こんなに長大なロングシートは、いまだかつて見たことがない。

途中に乗車扉がないため、15mもあろうかと思われる座席には圧倒される。

窓枠ひとつにつき3人掛けのシートを並べてあると計算すると11×3=33人掛けのロングシートである。

吊革は、はたして何個あるのやら・・・


ちょっと有り得ない光景に感動して、カバンの中から思わずカメラを取り出した。


一度全席埋まった状態を見たかったものだ。


※キハ58-5511は、金沢鉄道部のキハ58-433を平成4年1月31日付で松任工場にてロングシート化して姫路に異動させたものであり、その後平成11年4月23日付けをもってタイ国に輸出された。


(参考)
キハ58-5500番台
1991 - 1992年に姫新線や播但線などのローカル輸送で、通勤輸送を考慮してロングシート化改造されたグループ。床材張り替え、吊り手増設なども併せて行われた。改造施工は、鷹取・松任の両工場。全車姫路鉄道部に配置されたが、1999年に全車廃車となり廃区分番台となった。廃車後31両中20両がタイに譲渡されている。(Wikipediaより)





  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

平成3年 西大寺鉄道バケットカー発見!

平成3年7月22日仕事で岡山へ出向いた。

両備バスに乗って西大寺バスターミナルまで行ったが、そこで驚愕の西大寺鉄道のバケットカーを発見し、大喜びの写真撮影となった。

1991西大寺331-1
あたかも始発駅西大寺市駅のホームで出発を待つ現役車輌のような風情である。

仕事カバンには常にコンパクトカメラ(オリンパスXA)を忍ばせておくことの価値を改めて感じた次第なり。
もしカメラを持っていなかったらどんなに悔やまれたことであろうか。

1991西大寺332-1

小豆色の車体に太い白線が、力強いインパクトを与えている。


昭和37年に廃止された西大寺鉄道なので、この訪問時でさえ30年の歳月を経ている。よって、その痕跡は全くないものと思っていた。

絶えて久しい西大寺鉄道の車両が、こんな綺麗な状態で保存されていようとは、全く予備知識がなかっただけに
狂喜乱舞、一期一会の出会いに感謝した。


[More...]

平成4年9月 再び小諸・望月町へ

(前回からのつづき)

平成2年に小諸を訪れたが、それから2年ぶりとなる同地訪問である。

前回と違い、学習がすすんで、小海線の北中込駅からだと望月町へは程近いということが分かったので、今回はそのルートを取った。

1992小諸と新大阪371-1

北中込駅は、ホームに上屋もない簡易な駅だった。

キハ110-106ほか



1992小諸と新大阪378-1

周りを山々に囲まれた佐久地方・・・北中込・岩村田間にて

1年前の平成3年7月に導入されたばかりの最新車輌のキハ110は、乗り心地の良いものである。
そしてレールバスというには、少々上等な感じがして、外観の配色も朱一色の“たらこ”バージョンではなく上品な感じがする。

しかし、前回訪れたのは11年前の昭和56年だったか、大学のスケート合宿の帰りの小海線のキハ52の搭乗記のようなローカル旅情を感じることはできなかった。



[More...]

鉄道施設の“痰壺(たんつぼ)”を考える

思えば、平成4年9月28日の早暁のことだった。

2年ぶりに信州小諸に向かう途上に降りた新大阪駅の12番ホームで、最近トンと目にしないため、てっきり絶滅したと思っていた「痰壷(タンツボ)」を発見した。

1992小諸と新大阪368-11

太いホームの柱のネキに、ちんまりと納まっていた。

それも赤ペンキの工部省マークのついたホーローびきの出自正しき純正品である。



おおっ!と唸り、新幹線の発車時刻を気にしながらも、通行人が少なくなるのを待ってカバンからカメラを取り出し“激写”した。

1992小諸と新大阪372-1

上記写真の部分アップすると、周辺のガラス質がかなり剥げ落ちて時代を感じるものとなっている。


197308国鉄大阪駅492-1

(参考)こちらは、昭和48年8月の大阪駅東口コンコースのもの。

さすが水都の玄関口らしく、重厚な大理石の角柱と対比しても存在感満点にして、華麗なる木製の四足高台付きの特上品である。

[More...]

平成4年 近江鉄道日野駅探訪

平成4年6月1日とある仕事で近江鉄道日野駅に向かった。

普段の仕事だとJR近江八幡駅からバスで日野に向かうのだが、このときは時間に余裕があったのか鉄道を利用した。

1992近江鉄道・日野駅348-1

ステンレスの模様腰板と乗客用扉を有していたハイカラなモハ506+クハ1506

近江八幡駅にて

1992近江鉄道・日野駅349-1

その車内を観察すれば・・・ワンマンカーの料金箱は分かるけど、そこの座席は正座専用??


1992近江鉄道・日野駅350-1

電車と気動車の珍編成がすれ違って行った・・・桜川駅にて

[More...]

地上駅よさらば・・・平成3年4月北陸本線金沢駅

平成3年4月27日黄金週間を使って、職場旅行として和倉温泉に出かけた。

立ち寄った金沢駅では、高架工事の真っ只中。


1991旧金沢駅325-1

駅本屋は変わりなかったが、ホーム部分は、レールが剥がされ、架線柱が撤去され、哀れな状態だった。

昭和60年9月に立ち寄った折もかなりレールが剥がされた状態であったが、その後高架ホームができて、いよいよ
高架駅への切り替えを待つばかりとなっていた。

1991旧金沢駅326-1


1991旧金沢駅324-1

後ろに見える高架ホームが完成し、取壊しが進む地上1番2番線ホーム

1991旧金沢駅323-1

この時期は、駅正面へはいまだ旧ホームを通らなければならなかった。


[More...]

平成2年 平成の千曲川スケツチ

/平成2年11月14日些かなる出張の命ありて長野縣北佐久郡望月町なる地處に赴く。

望月町といへば、古城のほとりなる小諸より旧弊たる路線の乘合自動車にて、思はるる以上の時間揺られざれば到着できぬ箇所なり。

よつて大坂より陸路を辿るれば、だうしても日歸り不可能と相ひなる。

此のご時世、札幌や那覇にても大坂から日歸り可能也といふに、其れより頗る近き信州・北佐久の某町へのそれが叶わぬとは、何とも理不儘なる心地こそ憶ゆれ。


尾州名古屋迄は新幹線にて出向かんとす・・・/


1990小諸行310-1

新大阪駅にて


平成元年7月から団体専用列車として登場した“トワイライト・エキスプレス”であるが、同年12月一般夜行列車として通常スジに登場した。

豪華寝台特急列車の登場とあって、世間の注目を浴びたのだった。

EF81-103


1990小諸行311-1

最後尾の展望車のスロネフ25は、列車後方展望を満喫できるリビングのほか、ダブルベッドを備えた寝室などがある。

その豪華さに衆人の耳目を集めたが、この写真もその登場当時のものである。

ただ、初期タイプは、この写真のように“のっぺり”としたデザインであったが、雨天時には天井から垂れた雨滴で視界が遮られてしまうことが多かったため、この後に窓周りに雨滴除けをトイを取り付ける改造がなされている。


[More...]

平成2年9月 三角屋根のJR長崎駅

平成2年9月23日職場旅行で長崎オランダ村に行った。

(しかしながら歴史の経緯は無情なもので、平成4年のハウステンボスが開園してからは、とんと忘れられた存在となり、知らない間にその姿を消してしまったようだ。)

1990長崎300-1


その最終宿泊地はJR長崎駅近くの「ホテルニュー長崎」だった。

1990長崎304-1


長崎市内見物を済ませ、夕食に卓袱料理などを楽しんだ後、千鳥足でホテルへと戻る。

1990長崎306-1

ミドリの三角屋根とステンドグラスが美しい長崎駅本屋(昭和24年に建造された3代目の駅舎である)

[More...]

平成2年1月シュプール号でスキーに行こう

平成2年1月のことだった。

大学時代の旧友と岩岳にスキーに行くこととなったが、メンバーは全国に散らばっているため、現地集合ということになった。

小生は、新大阪から名古屋まで新幹線を利用して、名古屋からは夜行列車のシュプール号でいくことにした。

昔と違い、スキー板やスキー靴の嵩張る荷物は、宅急便で先送りすることができたので、本当に気軽なスキー旅行となった。

1990南小谷170-1

名古屋駅ではユーロライナー仕様の『 シュプール ユーロ赤倉・志賀 』に遭遇する。

1990南小谷178-1

牽引機は、ユーロ色のEF64-66

この列車は、名古屋~妙高高原を走るので、我々とは行き先違いである。


これを見送り次の夜行列車“シュプール栂池・八方号”に乗車する。これでも急行料金で乗車できた。

1990南小谷171-1

1990南小谷177-1

[More...]

平成元年 南宮崎車輌基地を訪ねて

平成1年10月26日に続いて同年11月2日に再び宮崎を訪れる。

前回同様大淀川鉄橋を訪れた後は、南宮崎に向かう。

そこには、車輌基地があるので、写欲を満たすような車輌はいないか?との思いからである。

1989宮崎193-1

“JR”の文字が目新しいJR九州の宮崎駅

※平成5年10月には高架化に伴う新駅舎が完成して、この駅舎は姿を消した。後方に見える大型クレーンは、昭和63年からスタートした高架工事によるものと思われる。


1989宮崎194-1

15:40高鍋行きの普通列車630Dに乗車


1989宮崎194-2

1番ホームの柱に取り付けてある埴輪の飾りが、旅行客をして「神話のふるさと宮崎」のイメージを惹起せしめる。

また冨士号・彗星号の表示も今となりぬれば追憶の彼方なり。

[More...]

平成元年 宮崎・大淀川鉄橋訪問

宮崎の日豊本線大淀川鉄橋といえば、鉄道写真撮影者にとっては聖地といえるところである。

特に蒸気機関車の場合は足回りがすっきりと見渡せ、良い写真が撮れるところとして有名であった。鉄道写真集でも数多く目にするビューポイントである。

そんな名所に一度は訪れたいと思っていたが、平成1年10月26日仕事で宮崎に行くことがあり、その合間を縫って初めて訪れた。

1989宮崎187-1

宮崎発博多行き 急行えびの4号 5614D キハ58×2+キハ65

1989宮崎186-1

この列車、宮崎を出発し都城から熊本を経由して博多までを約6時間余りの時間をかけて走る急行列車である。


1989宮崎188-1

日豊本線 大分発南宮崎行き 普通列車5530M


フェニックスが南国らしく好ましいアクセントになっている。

[More...]

消えゆく片町駅夜景

平成元年のことだった。

国鉄時代から計画されてようやくこの年に工事がスタートしている「JR東西線」

同線の完成とともに消滅する運命の「片町駅」

昼間は、駅前のタクシーなどが邪魔をして上手く写真が撮れない駅だったが、夜間ともなると駅前はひっそりして多少道路に飛び出しても自動車の迷惑になることがなかった。

何かの会合の帰りだと思われるが、そのようにして撮影した片町駅の写真が1枚手許にある。

昼間の同駅写真は枚挙にいとまがないが、夜の光景は珍しいのではなかろうか。


1988大阪寸描160-1

戦前の駅舎の特徴をもち、神戸駅と同様シンプルな造形にスクラッチタイルの外観が渋い。

また他の駅に先駆けて「自動改札機」いち早く導入された駅でもある。

1988大阪寸描160-2

玄関口をアップしてみた。木製の重厚なガラス扉が懐かしい。

[More...]

地下鉄梅田駅の壁面工事で思い出すこと♪

平成24年5月19日夜

とある会合の懇親会が終わって、呑み直しと称して中津の角打ち“おおにし酒店”に向かう途中のことだった。 

大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田駅構内(北行き2番線ホーム)を歩いていると一部工事をしている箇所があった。

2012-0519-1.jpg

隣の南行きの1番ホームとの連絡通路を新設している工事のようだ。

もともと、この壁面は南行き線路の外壁部分だったところである。

その蔽いの内側を覗くと、その昔の壁面の一部が現れていた・・・懐かしい!

2012-0519-2.jpg

とっくにどんな色柄だったが忘れてしまっていたが、やはり目で見ると思い出すものだ。

そうそう、こんな薄橙色の壁面だった。

「のこす」のは結構だが保存状態も考慮して欲しいものだ。



そうなると比較のために、当時の写真も探さねばならない。



昔の鉄道アルバムをめくっていたら・・・ありましたよ・・・平成元年11月2日撮影したものが2枚でてきた。

1988大阪寸描167-1
(ホーム中央部より南側を望む)

何を思って撮ったものなのかが今一思い出せないが、小生のことだから、南行きホームの移転予告を耳にして現状を記録すべく撮影したものではなかろうか・・・。



1988大阪寸描168-1
(南詰改札口から北側を望む)

この写真からも窺えるが、毎日の通勤時に発生する大量の乗降客を捌くには、ホーム幅が狭いと感じられてならない。

左の千里中央行きの2番線の壁面はきれいに改装されているが、右側の南行きの1番線は、昔のままだ。
1番線の線路の上にホームを拡張し、壁の向こう側にある線路(太平洋戦争前から谷町線用にと準備されていたもの)を使って1番線とする工事があるため壁面工事が中途半端に残されているものと思われる。

1988大阪寸描168-2

南側の壁面の広告や駅名板が行灯式でないところも注目すべきところである。

なお、この撮影のわずか3日後である平成元年11月5日から壁の向こうの新1番線ホームの供用が開始されたのである。


ちなみに・・・行灯広告は、百貨店の大丸だと記憶していたが、なんと吉原製油が幅を利かせていた!

(平成24年現在、ともにその商号の会社は組織再編により存在しない。)



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
タンゴ・デイスカバリー スロフ12 マヤ 味めぐりわかさ 跨線橋 下市口 近鉄 橋本 東海道線 新幹線 グリーン 熱海 石亭 つばめ TSUBAME ビュッフェ JR九州 西鹿児島 鹿児島中央 金沢 偕行社 ライカ ルサール ソ連 世田谷線 昭和 ラピート 関西空港 名鉄 モ770 揖斐線 モ750 モ510 彦根 近江鉄道 米原 C56 北びわこ号 SL ハチロク 赤うし弁当 人吉 8620 阿蘇神社 熊本 温泉 しんぺい号 大畑 矢岳 真幸 肥薩線 はやとの風 吉松 C55 鹿児島 霧島温泉 鹿児島市電 九州新幹線 八軒家 水陸両用車 天満橋 ダックツアー 土讃線 高松琴平電気鉄道 徳島線 高徳線 コトデン 黒野駅 岐阜市内線 C56 臨港貨物線 Leica 阪堺線 天下茶屋 スーパーイコンタ 阪神淡路大震災 阪急電鉄 阪神電鉄 はやぶさ ハスカップ 青函連絡船 酸ヶ湯温泉 青森 JRバス 混浴 はまなす すすきの 寝台車 鉄道 アイアンホース 小樽 しずか 大勝 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 久世 遷喬小学校 真庭市 キハ127 姫新線 えきそば 梅小路 蒸気機関車 義経号 サンライズ出雲 温泉津温泉 スーパーはくと 温泉津 薬師湯 スーパーおき おとなびパス 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 京阪電車 蹴上浄水場 ツツジ 大阪地下鉄 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 阪急 大阪環状線 泉布観 造幣局 四国鉄道文化館 しまなみ街道 今治 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 デイ100 P-6 大震災 国鉄 神足 向日町 京都 京阪 三条通 蹴上 竹原 竹鶴 尾道 マッサン 白市 かんぽの宿 湯坂温泉 くろんぼ 西条 酒蔵 広島 18切符 臨港線 浪速駅 なみはや大橋 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 叡山電鉄 デナ21 木津川駅 阪堺電車 南海高野線 高松 デルタ 万年筆 連絡船 宇野 予讃線 豊浜 桜島 天保山 USJ 櫻島線 北港運河 曝涼展 モハ52 流電 明治屋 あべの 汽車会社 リニア・鉄道館 蒸気動車 長野電鉄 湯田中 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 宇部 小郡 雀田 新山口 モ301 モ253 大和川橋梁 大阪 サントリーミュージアム テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 レディー・カガ グランフロント大阪 山代温泉 バー ホワイトラベル 懐石 ズームカー 本線 高野線 南海電鉄 汐見橋 太平洋戦争の痕跡 機銃掃射 福島 地下工事 大阪市電 保存 吊り手 投書箱 緑木車庫 2階建て電車 花園橋 市電保存館 播但線 ロングシート キハ58 だるま レールバス 日野駅 キャブオーバーバス ボンネットバス 軽便鉄道 キハ7 岡山 西大寺鉄道 北陸本線 金沢駅 和倉温泉駅 福井駅 関西文化の日 博物館 上田交通 丸窓電車 C62 梅小路蒸気機関車館 動画 特急 長崎駅 シュプール号 スキー列車 原鉄道模型博物館 沼津魚がし鮨 橿原 奈良 藤原京 薬師寺 今井町 舞鶴 アテンダント 肉ジャガ 北近畿タンゴ鉄道 海上自衛隊 ハクレイ酒造 山椒大夫 KTR 由良のと 丹後由良 久美浜 玉川 京丹後 碧翠御苑 昭和レトロ 観音寺 銭形 梅干 善通寺 関東鉄道 キハ07 気動車 大阪市 梅田駅 地下鉄 四條畷 桃谷 城東線 桃山 関西鉄道 忍ヶ丘 片町線 宮崎駅 宮崎空港 南宮崎 特急冨士 宮崎 大淀川 鉄橋 日豊本線 ジョイフルトレイン大分 試作B編成 試作車 A編成 B編成 武器学校 土浦 自衛隊 戦車 旧型客車 長浜 福知山線 湯村温泉 北近畿 客車 はまかぜ 寝台列車 20系 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 東武鉄道 鬼怒川 きぬ けごん オリエント・エクスプレス '88 オリエント急行 大阪駅 プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 北海道 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 JR カニ クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 鳥取 智頭急行 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 小西六 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー