金沢偕行社の遺構

1488576346194.jpg

平成29年2月16日大阪発13:12の特急サンダーバードで金沢を訪れる。

兼六園の近くにある訪問先に出向いたのが午後4時という夕刻であったが、5時過ぎには用件が終わったので、近くにある行きたかった場所を訪問することにした。

旧帝国陸軍の第九師団に属する金沢偕行社の遺構である。

大阪偕行社の跡地を母校にする由縁により、機会があれば全国の存在する偕行社の遺構を行脚している。

過去に、岡山偕行社善通寺偕行社を訪問したが、ようやく今回は、金沢偕行社を訪問することができた。

R9950314-1.jpg

夕方も17時を過ぎていたので撮影が厳しいかと思っていたが、周囲の空間が奏功してコントラストを抑えたいい雰囲気で撮影することができた。

護国神社の境内に接する金沢能楽堂の敷地内にそれはあった。

R9950294-1.jpg

明治31年築 登録有形文化財

R9950309-1jpg.jpg


R9950294-2.jpg

意匠を凝らした屋根部分や避雷針も見るべきところと思われる。

R9950296-1.jpg

残念ながら入館はできなかったが、正面玄関は、奥まったところにあり、両側が区分された部屋になっていることが推察される。

R9950302-1.jpg

R9950312-1jpg.jpg

偕行社は、陸軍将校倶楽部としての性格を持つので、館内は広い会合スペースを必要とする。

よって、階段や廊下部分は、広間を相殺しないような配置にする必要がある。

今はなき豊橋偕行社は入口を突出した形状にして2階への階段室を兼ねることにより2階部分を大会議室に使えるようにしていた。

R9950300-1.jpg

こちらは、正面部分にはそういったスペースはなさそうだ。

余り厚みのない建物かと後ろに回ってみると、少し小振りな後陣部分が現れた。

R9950299-1.jpg

そして正面の真後ろには扉が配置されている。

実はこの続きに講堂があったが、現在はカットされている。

となれば、正面から建物内部を通ったこの部分に階段室がありここで反転する形で2階に上る構造になっているのであろう。

後陣部分の窓の位置が1偕と2階との間にあることから階段の踊り場部分であると推察できる。

R9950311-1.jpg

窓下の通気孔には、五芒星が今でも残っていて、これが帝国陸軍の遺構であることを如実に表している。

[More...]

スポンサーサイト

水陸両用観光バス“ダックツアー”体験記

鉄道ネタが続くので、一服の清涼剤として、日本初の水陸両用観光バス“ダックツアー”を利用したときの様子のレポート。

平成28年7月16日(土)職能団体の支部活動としての日帰り旅行に参加した。

いつも職場の前を観光客を載せて通過するこのバスの事はよく知っていたが、乗るのは初めてだ。

身近なツアーだけに、こんな企画がなければ、利用することもなかったであろう。

20160716_104443-1.jpg

八軒家浜から出発し、御堂筋を南下し、本町通りを東行し、上町筋を北に行き桜ノ宮から大川に入って天満橋界隈を一周して帰ってくるという1時間30分のコース。

20160716_105527-1.jpg

この水陸両用車輌を利用したツアー企画については、運行スタート時の企画から実施できるまでには、様々な行政法規の壁が存在し、その実現までに一つ一つクリアーするについて大変な苦労をしたと以前TV番組で報じていた。

そういう苦労があったことを思いつつ、前のタラップから乗車

車内にはトイレがなく、飲食禁止 よってビールは乗車前にいただき、トイレも済ませました。

因みに、この特殊車輌は1台しかなく、故障すればツアーは中止となる。

20160716_123329-1.jpg

大型バスの様な運転席の脇にあるのが、船舶用の操縦機器

20160716_111204-1.jpg

この車輌には窓ガラスがないので、雨天のときは、雨合羽を着用しての乗車となるらしいが、今日はその心配はなさそうだ。
しかし、差し込む夏の日差しは窓側席の人にとっては辛いかもしれない。

[More...]

大阪臨港線(浪速貨物線)の今昔

平成7年といえば、クラシックカメラに興味を持ち始めた頃だった。

KodakのLetinaやZeissのSuper-Ikontaで遊んでいるうちはよかったが、
Leicaに手を出したのが間違いだった。ドイツのLeicaは、無尽蔵ともいえるライカマウントのレンズが交換ができる万能カメラであり、古きよきドイツ工業製品の精華ともいうべき金属製カメラの甘美なる魅力の泥沼に陥るのに時間はかからなかった。

19950708457-1.jpg
Leicaコレクション第1号であるⅢCとズミター5cm

新たに手に入れた古典カメラは、愛でるだけではなく、あちこち持ち歩きたくなるのは当然であり、この日も地元のパトロールへと出かけた。

お手軽な大阪臨港線(浪速貨物線)を撮影して回ったが、その20年前のネガを見つめていると、平成28年現在の風景とは何か解からないが空気感が違うような気持ちが湧いてきたので、昨今のデジカメを持ち出して20年の時間と空気の違いを比べてみたいと思う。

前回の記事に登場したSuper-IkontaやContaxで撮影した写真もあるが、その時間の経過を並べてみたい。

まずは、当時の地図にて撮影場所のチェック

R0029577-2.jpg

大阪臨港線の歴史は古く、今宮から大阪港まで昭和3年には臨海貨物を扱う貨物線として誕生した。そして、その路線の一部を使って昭和36年に大阪環状線が大正・弁天町・西九条の間を新しく路線を敷設することによりループ状の環状線となったわけである。

19950805ライカ試写・臨港線517-1
浪速駅構内

大阪環状線は、今ではなくてはならない大阪の大動脈となっているが、一方その礎ともいうべき大阪臨港線は、湾岸荷役の衰退と貨物輸送手段の変化により、徐々にその活躍の場は少なくなっていったが、平成7年当時では、1日2本の運用となっていた。浪速駅 10:52発と16:20着だけであった。それも休日は運休だった。

しかし特筆すべきは、それだけ運用が減っても廃止にならなかったのは、鉄道レールの輸送が挙げられる。JR西日本管内で使用されるすべてのレールが、高松のレール製造工場から船便でここ大阪港まで運ばれ、ここからは鉄路によりレール運搬貨車(チキ)で運び各地に配るという大切な使命があったからだ。

しかし、その役目もついに終焉を迎え、平成16年には休止路線となり2年後には廃止された。

また、その線路周辺には臨海風景としてなかなか味わい深い被写体が点在していた。

19950805ライカ試写・臨港線522-1jpg
なみはや大橋の大正区側を望む・・・いまでは橋のたもとにブルーとイエローの
IKEAの建物が存在感をアピールしている。


19950805ライカ試写・臨港線524-1
歴史を刻む倉庫群・・・重厚な鉄製扉が魅力的である。


19950805ライカ試写・臨港線527-1
“たばこのむな”ではなく“たばこのめぬ”の表示・・・“のめぬ”の方が、一切例外を認めない感じがして上から目線で威圧的である。 今は普段では見られない表現だ。



その1日2便しかない消え行く臨港貨物線の姿を追ってみた。



①福栄橋西詰から東を向く
19950715天下茶屋ほか509-1
Super-Ikonta

大きなハンマーの音が聞こえてきそうな純然たる工場地帯だった。

R0029580-1.jpg
平成28年の姿


②福栄橋東詰から西を向く
19950715天下茶屋ほか502-1
Super-Ikonta

クレーンや建設工事機材が台船に乗って出番を待っている姿がいつもの風景だった。

R0029581-1.jpg

[More...]

平成7年大阪春景色

阪神淡路大震災から程ない平成7年4月、いつものように春爛漫の季節は巡ってきた。

被災された方への支援活動が本格化していた頃でもあった。

平成7年4月8日ほかほか陽気に誘われて大川端をフォト散歩することに・・・

19950408桜ノ宮・阪急118-1

造幣局の迎賓館である泉布観も桜の季節はこんな風景となる。 

明治村ではなく、明治初期の洋風建築が今でも現存しているのがありがたい。

内部の詳細はコチラ

19950408桜ノ宮・阪急120-1

泉布観の隣の桜ノ宮公会堂も重厚な建物であるが、初代造幣局の正面玄関を移設したもの

初代の正面玄関といわれても、記憶に無い方のため当時の建物の全体像は下記のとおり

R0028816.jpg

正面エントランス部分が残されているのだが、当時のよすがを偲ぶには十分な遺構である。


19950408桜ノ宮・阪急121-1

昭和5年に建築された桜宮橋・通称銀橋も重厚そのものの愛すべき橋梁である。

平成18年には、この左となりに新桜宮橋が敷設されダブル銀橋の姿を見ることができる。

旧銀橋が撤去されずに残された功績は大きい。

[More...]

完成直後の“なみはや大橋”と浪速駅のJR東日本E127系

平成7年3月18日のことだった。

港区と大正区を結ぶ“なみはや大橋”が、昭和52年の着工以来18年の歳月を経て、平成7年2月に完成したと聞いたので、さっそくその1ヵ月後にパトロールに出かけた。

19950318l臨港貨物線952-1

地下鉄中央線「朝潮橋」駅の北側では巨大な「大阪プール」が建設の真っ最中である。

地下鉄の駅から八幡屋方面に向かう。

19950318l臨港貨物線955-1

地下鉄中央線・朝潮橋南側のみなと通から大阪港方面を望む

R0028238-1.jpg

(参考)平成26年の様子・・・歩道橋や中央緑地帯ができているのと、街路樹が大きくなっているのに20年の歳月を感じる。

19950318l臨港貨物線956-1

そこから道なりに西に進むと、下町の庶民の胃袋を養ってきた、なんでも安い八幡屋市場に出る。

R0028268-1.jpg

昭和36年に地下鉄が開通した当時は、こんな風情であった、

・・・すっかり変わったような・・・余り変わってないような

19950318l臨港貨物線957-1

八幡屋市場の周囲を沿うように進むと、それはあった。

19950318l臨港貨物線959-1

猛烈な急勾配がつづく“なみはや大橋”である。これが自動車専用道路なら、驚くには値しないが、自転車や徒歩でも渡れるというのがミソ

(注)平成24年になって島根と鳥取とをむすぶ江島大橋が「べた踏み坂」としてダイハツのCMで紹介されているが、実はこちらの方が勾配はキツイらしい。

[More...]

阿倍野パトロールと明治屋

平成25年9月14日(土)中学生の娘が通う女学校の文化祭を見学に行った帰り、久しぶりに阿倍野界隈を歩いてみた。

2013-0914-144101524-1.jpg

あべのベルタ北側から北方を望めば、ハルカスが聳えるとともに阿倍野筋の拡張工事がかなり進んでいるようだ。

2013-0914-144317264-1jpg.jpg

しかし、阿倍野筋の東側の大きなビルの前には、今でも古い建物が2棟がドンと居座ったままである。
セットバックして建てたビルもえらいが、居座る側もしぶといものだ。

[More...]

平成6年1月 伊丹空港の“マリンジャンボ”

平成6年1月30日のことだった。

大阪国際空港(伊丹空港)にクジラのペインティングを施した全日空機の“マリンジャンボ”が飛来するというので出かけてみた。

19940130伊丹空港627-1_?

航空ファンというわけではないが、話題性が高い飛行機なので、カメラの望遠レンズの性能テストを兼ねて伊丹空港の屋上デッキからひとときあれこれと航空機を撮影してみた。

19940130伊丹空港629-1

駐機場には、「ロッキード事件」で名を馳せた全日空のトライスター機の姿も見える。


19940130伊丹空港630-1_YS11

これは国産の名機YS-11だと思う。

あのブウーンというプロペラ音とともに、ふわりと浮くが如き離陸シーンはなんとも軽やかで心地よい航空機であった。

19940130伊丹空港631-1_MD-87

これは、日本エアシステム(JAS)時代の1988年から1992年にかけて8機が導入されたマクドネルダグラス(ボーイングに吸収合併)のMD-87だ。

鶴首のようなスマートな機体だったが、下記のエンジンを4基備えた大型機のジャンボ機が現れると、存在感が薄れてしまった。

19940130伊丹空港632-1

関西国際空港が開港するまでは、国際空港を冠する伊丹空港だけに、大型機の去来は珍しいものではなかった。

しかし、同じ年の平成6年9月4日の関空開港の後、国際便は関空に移譲された。

そして環境問題から平成17年4月1日以降は、3発以上のエンジンを搭載した大型航空機の定期便の来航は禁止されてしまい、飛来する機種の多様性には乏しいものとなった。

よって、このような華やかな伊丹空港の様子も風前の灯といった具合だった。

19940130伊丹空港634-1

19940130伊丹空港635-1_?

エアバスA320-200


19940130伊丹空港657-1

このときは、普段のネガではなく、36枚撮りのKodak Ektachrome400Xprofessionalのホジフイルムを使った。半絞りくらい露出を切り詰めると、ポジらしく高コントラストで緻密な金属感が記録されるが、この一枚もそういえよう。



[More...]

平成6年1月 大型練習帆船“海王丸”の大阪寄港

平成6年1月22日大阪港に航海練習船で大型練習帆船の海王丸が寄港すると聞いていたので、天気晴朗なれど、北風強く、港内にも白波が立つ状態の天保山岸壁にカメラを携えて出かけた。

19940122海王丸589-1

11時30分 大阪市の広報船に先導されるようにして大阪港内にその姿を現すと、華麗なスタイルの大型帆船の来航に、岸壁にいる人たちはその耳目を自然に集めていた。

左隅の工事現場は、建設中の“なにわの海の時空館”である。


19940122海王丸592-1


19940122海王丸595-1
着岸が近づくと、タグボートの援助をもってゆっくりと作業がすすめられる。

19940122海王丸596-1

[More...]

平成5年 Tessarと天保山ほとがら散歩 (続)

前回からのつづき・・・平成5年当時の天保山界隈の風景を追う

19931024天保山テッサー試写500-1

大阪・天保山では、今でもおなじみの遊覧船サンタマリア号

よく考えればもう20年以上の現役選手なのだ。よく頑張ってるね。


これだけ見れば、平成25年の現在の風景と同じように見えるが、左奥の様子がちょっと気にかかる。

19931024天保山テッサー試写504-1

建設中の大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)

現在ではコスモタワーとよばれている。

今になって冷静に考えると、大阪市民のみならず大阪府民にまで甚大な負債を負担させることとなったバブルにしてバベルの塔

こんな高層ビルは造らなければ良かったのに・・・・と反省しきりナウ


[More...]

平成5年 Tessarと天保山ほとがら散歩

平成5年のことだった。

いままで数多くの一眼レフ用のレンズを見てきたが、そのレンズの大きさには常々辟易していた。とくに父から「これはプロ用のカメラだから大切に使いなさい」と譲り受けたNikonFフォトミックとニッコール5.8cm/f1.4の組合せは、比べるものなく長年大切に使い続けていたが、最近その大きさと重さに疑問を感じるようになった。確かに写りに不満はないが、アマチュアはアマチュア用のコンパクトで軽量のカメラやレンズがあるのではないかと・・・。

そんな中、カメラ店で見つけたCarl Zeiss Tessar 45mm/f2.8の際立ったコンパクトさには瞠目させられる思いがあった。またTessarは、3群4枚のシンプルなレンズ構成だが誕生から100年近く現役であることから判るようにその信頼性が高い名玉である。

R0027675.jpg
                       Tessarのレンズ構成

このレンズを使うには、カメラのボディがContaxでなくてはならず、その値段の高さが邪魔をしてCarl Zeissのレンズを身近にすることは叶わなかったが、平成5年10月このレンズが使える安価なマニュアルカメラ Yasica FX-3 SUPER が発売されたので、一緒に手に入れることが出来た。

R0027673-1.jpg


     Carl Zeiss Tessar 45mm/f2.8 定価¥37,000- 購入価格¥27,000-
     Yashica FX-3 SUPER       定価¥24,800- 購入価格¥16,000-

 レンズより安価なカメラとはどんな関係になるのかと疑問を持ちながらも・・・その軽さと、電池がなくてもシャッターが切れるマニュアル機の信頼性と余計なものがついていないシンプル性がストレスをもたらさないのが嬉しい。



そうなると、早く使ってみたいのが人情ということで、次の休日である平成5年10年 日このペッタンコのパンケーキレンズの試写を兼ねて、天保山界隈をぶらりとフォト散歩に出かけた。

[More...]

JR東海道線ガード下にみる戦争の痕跡

1993鷺洲449-1

平成5年9月 福島区鷺洲五丁目所在のJR東海道線ガードに立ち寄った。

何故ならば・・ここのコンクリート壁面に、先の大戦において米軍の戦闘機P51・ムスタングによる機銃掃射の痕跡があると耳にしていたからだ。

1993鷺洲446-1

1993鷺洲447

硬いコンクリート壁を穿つ数多くの不規則な蜂の巣状の“くぼみ”がそれである。

薄暗く人通りのないガード下でその“くぼみ”を一人凝視する。

堅固なコンクリートにこれだけの穴を穿つ銃弾の威力を想像すると、ゾクリと戦慄を感じた。

1993鷺洲448-1

昭和20年6月7日の空襲の時、ガード下に逃げた民間人を狙ったものか、線路上の列車を攻撃したものと思われる。


(参考) 西鉄電車が筑紫駅付近でP51の機銃掃射を受ける様子

[More...]

太っ腹な“関西文化の日”・・・博物館はしごの一日

R0026331-1.jpg

平成24年も“関西文化の日”がやってきた。

今年は11月17日と18日がメインとなって、数多くの博物館・美術館の入場料がタダになるので、このときとばかりに預けてあった博物館はしご訪問を、小学生の息子とともに実行する。

[More...]

ブログ再開しました! 四ツ橋駅の壁面について

皆様おひさしぶりでございます。

 relay_20101205224935.jpg


思えば、ちょうど1年半前になりますが、職場環境の激変により休刊を余儀なくされましたこのブログですが漸くその環境にも慣れ、“忙中閑有り”の精神を尊び、突然ですが本日よりブログを再開いたします!

休刊中でも毎日400~500回に及ぶアクセスを頂き、そして古い記事にもかかわらずコメントも多く頂戴いたしましたことを、ここで改めて御礼申し上げます。




さて、再開第1号の記事は、その筋の方にはすでに話題となっているものですが、大阪市営地下鉄四つ橋線の四ツ橋駅構内の新しくなった壁面についてであります。


2012-0630-181849244-1.jpg

Twitterに次の4枚の写真をアップするには面倒なのと、一覧性に問題があるなあ~と思ったのも再開の背中を押した理由のひとつなり。

[More...]

昭和58年大阪世界帆船まつり(夜)

前回のつづき・・・世界からやって来た帆船の夜の風情


19831023大阪帆船まつり157-1

桜島埠頭に繋留する左:日本丸、右:海王丸

19831023大阪帆船まつり160-1

外国船が繋留しているため、夜間は、岸壁への立ち入りは厳しく禁止されている。

従って桜島埠頭から対岸の帆船を狙ってみたが、こちらから撮影している人はほとんどいなかった。

天保山岸壁に繋留する帆船群:左から、クォウテモック(メキシコ)、サグレス(ポルトガル)、ダルモジェジィ(ポーランド)、エスメラルダ(チリ)

[More...]

昭和58年大阪世界帆船まつり(昼)

昭和58年10月23日(日)大阪湾において、世界から10隻の帆船が集まり大々的な帆船パレードが行われた。

この年は、大阪城築城400年を記念して、世界帆船まつりをはじめ、大阪城博覧会、御堂筋パレード、食博覧会などのイベントが数多く開催された。華やかな一年であった。


当日は早朝から上空に飛来するヘリコプターの轟音がやかましく、いつもの静かな天保山とは様相を異にしていた。

19831023大阪帆船まつり145-1

天保山周辺は、極めて多くの市民が押し寄せているため、多少遠いが安治川内港の弁天埠頭突堤から望遠レンズでその様子を捉えた。

R0022360-1.jpg
(2010.11.14撮影)
現在ではこの風景のど真ん中に阪神高速湾岸線の天保山大橋が横たわっている。

19831023大阪帆船まつり147-1

クォウテモック(メキシコ)の着岸の様子

19831023大阪帆船まつり148-1

船首を180度向きを変えたのち、タグボートに助けられ天保山岸壁に着岸した。

19831023大阪帆船まつり149-1

19831023大阪帆船まつり150-1

その後、午後になってから天保山エリアに向って撮影を行った。



[More...]

建設中の天保山大橋

前回「港大橋」の建設中の写真をご紹介したが、もうひとつの大きな橋梁の建設中の姿をご覧いただこう。

大阪・港区と此花区を結ぶ天保山大橋である。


天保山大橋(てんぽうざんおおはし)は、安治川の河口に架かる斜張橋。大阪市港区築港と同市此花区桜島とを結んでおり、阪神高速5号湾岸線の一部となっている。

完成は平成2年。


198706天保山大橋107-1

昭和62年4月撮影


R0022360-1.jpg

平成22年11月撮影



昭和62年4月 場所をかえて、天保山突堤から同橋梁の様子を眺めてみる。

198706天保山大橋108-1

此花区側橋脚・・・橋脚の奥には、日立造船の工場群が望めるが、いまではすっかりUSJの景色となっている。


水面に浮かぶは、高松行き高速艇・ジェットラインである。

瀬戸大橋・明石大橋の開通により、大阪?高松航路は、2000年に廃止された。

198706天保山大橋109-1

港区側橋脚・・・天保山ハーバービレッジなどは未だなかった頃で、三菱倉庫が立並ぶだけの寂しい波止場だった。


天保山大橋・工事中-1

上記2枚を繋いでみたらこんな具合になった。

この橋ができたのが昨日のように感じられるが、もう20年も経ってしまったか・・・。


  1日1回 ぽちっとね♪

建設中の大阪・港大橋

阪神高速道路大阪湾岸線の港大橋は、大阪市港区港晴と住之江区南港を結ぶ巨大な橋梁であり、そのスケールや他を圧倒する重量感から、大阪港のランドマークになっている。

R0021534-1.jpg

この橋梁は、昭和49年に完成した。

最大支間長510mのダブルデッキ形式のゲルバートラス橋で、トラス橋としては、カナダのQuebec橋(549m)、イギリスのForce橋(521m)についで世界第3位の威容を誇っている。

IMG_4857-1.jpg

朝焼けに輝く現在の港大橋・・・平成22年12月撮影


手元にその建設中の写真があったので、掲載してみた。


1973建設中の港大橋099-1

橋下を4万トン級の大型コンテナ船が航行できるよう、海面から桁下までは50m以上の空間を確保するため、巨大な橋梁となるが、その僅かな地上との接点を中心にバランスよく上部および左右にトラスを伸ばしていく様子は、“やじろべえ”のようにも見えた。

また元々の鋼材の色は、このようなダークグリーンだった。


1973建設中の港大橋100-1

使用された鋼材は約35,000tであるが、断面のコンパクト化を図るため、破断強度が80、70kgf/m2という極厚板の超高張力鋼HT80、HT70が、上下弦材に約5,000tも使用され、強度と溶接性を兼ね備えた鋼材の開発と製作に関する検討に重点が置かれた。耐風設計においては、全橋模型による風洞実験によって抗力係数を設定し、耐震設計においては、動的解析結果に基づき各種振動モードを想定した修正震度法を採用するとともに、躯体の設計には早くから三次元有限要素法が取り入れてられている。架設においても、中央支間4500tの一括吊り上げ架設を行い、今日の大ブロック架設工法のさきがけとなった。(関西土木学会のページから)

これらの写真の撮影時期は不祥だが、昭和47年か48年の夏ではないかと思われる。

1973建設中の港大橋098-1

自家用の小型プレジャーボートを利用しての大阪港遊覧をしたときのスナップのようだ。

(大阪港の水の色は、平成22年現在のような澄んだものではなく、どこまで行ってもチョコレート色だった。)

1973建設中の港大橋097-1

同乗者の写真だが、やはり昭和の香りがするなあ。




1973建設中の港大橋112-1

完成後の港大橋を走る大阪市営バス(昭和49年大阪市交通局パンフより抜粋)

・・・まだまだ非冷房車の時代だったので、この路線は恰好の納涼コースだった。


  1日1回 ぽちっとね♪



ベイ&リバーサイドパーティOSAKA2010

日頃から天保山マーケットプレイスあたりでブラブラ散歩することが多いが、

子どもが遊覧船の「サンタマリア」に乗りたいと言って仕方ない。

R0021476-1.jpg


その度に「サンタマリアは、日頃海に縁のない人がココに来て乗るモンや。普段から海見ているような者は、乗ったらいかんのや。たとえ乗っても船から見えるのは、いつも見てる風景やぞ!」と言って納得させていたが・・・

今年の10月2日(土)は、“ベイ&リバーサイドパーティOSAKA2010”という催しのため大人500円小人200円で乗船できると聞いた。(普段の遊覧コースは、大人1,600円 小人700円)


R0021471-1.jpg

R0021474-1.jpg


それも普段のコースとは全く違う、天保山を発ち鶴浜イケヤ前に到着するという珍しいコースだった。

これなら小生も乗ってみたいと思い、「ええ子にしてたら今度の土曜日サンタマリアに乗せてやる。」と子どもに恩着せがましく言う。




果たして・・・当日は秋晴れの絶好のお出掛け日和となった。

予定時刻には随分早くから出かけ、マーケットプレイスで久しぶりに銀塩カメラを振り回す。

今日のお供は、にせコンタックスのソビエト製のКиев(キエフ)+Zeiss-Opton Tessar50mmf3.5

ストラップはカール・ツアイスの双眼鏡用とバラバラの組み合わせ。

R0021469-1.jpg

まあソビエトと西ドイツという今はなき国同士の組み合わせというのも愉快ではないか。

[More...]

“出張なんでも鑑定団 in 大阪・上町”公開収録!

R0021263-1.jpg

9月19日(日)に大阪城のお堀端にある追手門学院の“大阪城スクエア”において“出張なんでも鑑定団 in 大阪・上町”の公開収録があった。

当初は、“in 大阪・追手門”だったが、出演者が学院関係者に限らなかったためか、“in 大阪・上町”となっていた。

R0021199-1.jpg

事前に観覧希望の申し出をしていたら当籤したので、追手門学院大手前中高の門をくぐった。

R0021253-1.jpg

何故ここでこのようなTVの公開収録が行われたか不思議であったが、鑑定士団を見て合点がいった。

R0021254-1.jpg

鑑定士は、おなじみの中島誠之助さんと、京都・思文閣の代表者田中大さん、いろんな骨董の専門家の勝見充男さんの三人の方々。

田中大さんは、追手門大学の出身である。卒業といえないのは、8年間在学したが中退したため。奥様も同大学でみつけられたとか。そのあたりのことは、「追手門学院の履歴書(文化人編)」日経大阪刊に詳しい。

また勝見充男さんは、同大学の客員准教授をしていらっしゃるとか。

またTV東京系のTV大阪が校地に隣接しているということもあるかもしれない。



小生は、追大のことはよく分からないが、とにかくこうしてこの番組の収録が行われることとなった。

[More...]

昭和58年“アクティ大阪”展望テラスから(定点撮影)

前回からのつづき

昭和58年9月10日“サロンカーなにわ”のお披露目展示会のあったその日、同年4月27日にオープンした新しい大阪駅“アクティ大阪”の最上階展望ロビーから梅田界隈の眺めを撮影した。


※昭和58年当時と27年後の平成22年夏の様子とを撮り比べてみた。


(その1)大阪駅前第4ビル方面

19830910サロンカーなにわ068-1

19830910サロンカーなにわ068-2

中央のダイヤモンドタワーの建設地には、戦後の闇市の名残である小さなアーケードが残っていた。

同様のバラックがこの東側の駅前第4ビルの北側にもあったと記憶している。


R0019661-1.jpg

平成22年の様子 そこには、モノリスのようなダイヤモンドタワーが屹立している。

そしてその東側に当たる駅前第4ビルの北側もイーマビル、リクルートビル、梅田第一生命ビルが、いつの間にか立ち並び、現在では小奇麗な区画となってしまった。

[More...]

昭和50年代の大阪港・大阪臨港線(浪速貨物線)風景

拙ブログのアクセス状況を見ると、“在りし日の大阪臨港線・港のスイッチャー”の記事が常に上位に入っている。

これは、同様の記事が少ないのでアクセス数が多いためか、どこかの人気ページにリンクが貼られているものと思われる。

そこで、大阪臨港線に関する他の写真はないかと探したところ、昭和58年5月に天保山?大阪臨港線(浪速貨物線)をフォト散歩したもの等があった。

そのネガを改めて見ていると、現在との相違に少なからず驚かされるので、少しご紹介しようと思う。




(その1)大阪市営地下鉄・大阪港

19830505天保山寸景・枚方市駅052-1

昭和58年5月 大阪市営高速鉄道(地下鉄中央線)“大阪港”駅 

昭和36年弁天町?大阪港が高架鉄道として誕生したが、その当時のままの佇まいを残していた。
“築港”の表示あるこの交差点も広々というより、なにやら閑散とした風情である。

19830505天保山寸景・枚方市駅052-2

高架部分に表示された“地下鉄”の表示もユニークであった。


R0019603-1.jpg

平成22年7月 現在の同場所からの光景

平成9年には大阪港から海底トンネルを通じて南港のコスモスクエアまで延伸したことにより終着駅としての役割を終えた。

R0019836-1.jpg

大阪港中央突堤の付け根から東側を望む。

大阪港を出ると急勾配で地上に降りてきて、そのまま咲州トンネルに吸い込まれていく。

R0019844-1.jpg

白いフェンスで囲まれたところが地下鉄路線で、両側は自動車専用トンネル。



(その2)天保山の渡し

19830505天保山寸景・枚方市駅051-1

昭和58年5月天保山渡船場

平成3年9月に開通する阪神高速湾岸線・天保山大橋はもちろんなく、遠方の対岸には、平成13年USJに様変わりすることになる工場群が望める。


R0018471-1.jpg

平成22年7月現在の渡船場の風景

昭和58年の頃と比べ場所自体もかなり東側に移っている。現在は明治天皇の観艦式記念塔の北側にある。


[More...]

京セラ大阪ドーム野球観戦記

6月20日の気だるい日曜日の昼下がり、チケットがあるので、自宅から近い京セラ大阪ドームにオリックス・日本ハムの公式戦を見に行った。

R0019146-1.jpg

座席は、スーパーシート(3塁側)というところ。バックネット裏のエグゼクティブシートと通路を隔てた隣の席なので、選手の姿もよく見えて快適な場所である。

小学生の子供がプロ野球見たい!というので連れてきたが、選手のプレーはそこそこに、手許のお菓子ばかり食べている。



そんなときに、売り子が“ジュースいかがっすか?♪”と近づいてくる。

R0019151-1.jpg

もちろん“ジュース買って♪”と泣訴哀願して来る。


“さっきお茶飲んだばかりやないか!”と叱責するも・・・

R0019152-1.jpg

おいおい、どこ行くの?

R0019154-1.jpg

ほほう、こういうシステムになってるんやね♪

ビアタンク重そうだから、どこかに忘れたということで、ココに置いていってくれてもいいよ。



R0019155-1.jpg

野球観戦には、ビールはつき物。これなくして野球観戦はありえない!

[More...]

海上自衛隊の輸送艦“おおすみLST-4001”見学(後編)

前回からのつづき・・・



R0019532-1.jpg

輸送艦「おおすみ」の甲板に上がると只々広い空間が広がっている。

R0019538-1.jpg

R0019526-1.jpg

帝国海軍の軍艦旗(十六条旭日旗)が戦後の自衛隊にも引き継がれ、「自衛艦旗」として使われている。

こういうのを旗色鮮明というのだろう。

[More...]

海上自衛隊の輸送艦“おおすみLST-4001”見学(前編)

近畿地方の梅雨明け宣言が出された7月17日

海上自衛隊の輸送艦「おおすみLST-4001」が大阪港の中央突堤で一般公開しているとの情報を得て、見学に出向く。

R0019580-1.jpg

子ども「お父さん・・あの船いがんでるで?、運転するところ左に寄ってる。ひっくり返れへんのかな?」

お父さん「ひっくり返れへんように、ちゃんと工夫してあるんや、心配せんでええ」と言ったものの、その工夫具合はよくわからない。


R0019589-1.jpg

入口では、ボディチェックを受けたものの、艦内では写真撮影もOKでいろんなところを見せてもらった。

R0019486-1.jpg

輸送艦“おおすみLST-4001”は、平成8年11月に進水した輸送艦おおすみ型の一隻である。

艦種を示す略号はLSTは、Landing ship,Tankの意味で、つまり「戦車揚陸艦」として製造され現在全3隻が呉に配備されている。

また、艦内には数区画に分けられた陸上自衛隊員用の居住区を持ち、完全武装した陸上自衛隊員330名と90式戦車10輌または74式戦車12輌の輸送が可能である。

R0019577-1.jpg

大きな開口部から中に入る。

[More...]

司馬遼太郎記念館

今月の或る土曜日、上本町で2時間ほどの空き時間ができたので、行きたいと思いながらいまだ実現できていなかった司馬遼太郎記念館に行ってみることにした。

R0018631-1.jpg

上本町からは、地階の奈良線で一本、河内小阪駅で下車して徒歩で向う。

R0018632-1.jpg

小阪駅のホームには、早くも記念館の広告あり!


駅前の地図を見ると、何ともクネクネして一度見ただけでは憶えられない道順であるが・・・

R0018634-1.jpg

アーケードにも大書してあるのでなんとか行けるのではないかと、ゆるゆると出発する。

R0018635-1.jpg

アーケードを抜けて公民館のある三叉路を左に向う。(標識がちゃんとある。)
その後も曲がらなくてはならない箇所には標識があるので、見落としさえしなければ大丈夫のようだ。



この横の小阪公園には、氏の文学碑がある。

R0018636-1.jpg

 21世紀に生きる君たちへ  司馬遼太郎

 君たちは、いつの時代でもそうであったように、自己を確立せねばならない。
 ― 自分に厳しく、相手にはやさしく。
 という自己を。
 そして、すなおでかしこい自己を。
 21世紀においては、特にそのことが重要である。
 21世紀にあっては、科学と技術がもっと発達するだろう。科学・技術が、こう水のように人間をのみこんでしまってはならない。川の水を正しく流すように、君たちのしっかりした自己が、科学と技術を支配し、よい方向へ持っていってほしいのである。




程なく司馬遼太郎記念館に到着。

[More...]

USJで見つけたもの♪

R0018654-1.jpg

嵐のような黄金週間が過ぎ去った5月9日(日)ひさしぶりにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に出かけた。

日曜日にもかかわらず多少来園者は少ないような気がする。


R0018671-1.jpg


子どもたちのリクエストに応えて、人気アトラクションのJAWSに出向いたときのことだった。

R0018660-1.jpg

R0018663-1.jpg


待ち時間40分の表示に、ダルイなあ・・・とつぶやきながら建物内を蛇行する列に並ぶ。

[More...]

熊野街道の起点を歩く(16) 岸和田・西大路~久米田

前回からのつづき・・・

R0018575-1.jpg

牛滝川にかかる高橋を渡れば、いよいよ岸和田市に入る。

R0018576-1.jpg

この高橋は、人の通れるスペースが全くないので極めて危険だ。この黄金週間の通行量閑散期でさえ危険を感じて渡った。(隣には新しい橋を架ける工事が進行中ではあるが・・・)


R0018578-1.jpg


[More...]

熊野街道の起点を歩く(15) 和泉・王子町~小田町

前回からのつづき・・・


R0018537-1.jpg

信太にある篠田王子を過ぎると、和泉市幸の街道沿いに、江戸時代の高札場の遺構が保存されていた。

R0018538-1.jpg


いわゆる「お達し」が掲げられていた場所であるが、宿場町で保存しているところはチラホラあるが、このような小栗街道沿いでは珍しい存在だ。

R0018541-1.jpg


近くに「小栗の湯」という市立の銭湯がある。日差しが強い日だったので、一風呂浴びたいところだったが、営業時間は午後4時からなので、断念せざるを得ない。


R0018542-1.jpg

小栗の湯の南隣には、立派な構えの西教寺がある。

[More...]

熊野街道の起点を歩く(14) 堺・鳳~和泉・信太

R0018499-1.jpg
天王寺行き普通列車 クハ103-258 JR鳳駅にて


前回は、鳳駅でリターンしたので、今回(平成22年5月3日)は同駅からスタートする。

今までは雪も降ろうかという寒い日々がつづいていたが、今日は、打って変わって夏日を記録する暑さとなった。

R0018501-1.jpg

いきなり商店街のアーケードが現れた。熊野街道の中でもアーケード付というのは、ココだけであろう。

R0018502-1.jpg

鳳本通商店街の案内にも小栗街道の文字があり、道筋は間違っていないことが判る。
(※このあたりは、熊野街道のことを小栗街道と呼称する。)


R0018503-1.jpg

途中北王子の表示あり。ただ、前回記述したとおり王子社(美波比社)は大鳥大社境内に移築されているし、この場所は本来の王子跡ではない。

R0018504-1.jpg

まあ人の往来が多いところでダンジリの倉庫と自治会会館を設置しているのは理解できる。

[More...]

今秋閉館予定のサントリーミュージアム・天保山へ

長い5日も休日のつづく今年の黄金週間

何処にも行かないまま終えることは至難の業であった。

R0018492-1.jpg

子どもたちの要求は果てしがないが、手頃なところで、大阪港のサントリーミュージアム「天保山」に行く。

同館は、海遊館の登場とともに同場所に併設された美術館であるが、昨今は訪問者の数が減少したということで、残念ながら今秋閉館するとの報を受けた。

R0018489-1.jpg

閉館間際ともなれば、入館者は増えるだろうが、それまでに訪れておいてもよかろうと、5月2日(日)海遊館入場の長蛇の列を尻目に、同美術館に行ってみた。

[More...]

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
城崎温泉 山陰線 青春18切符 福知山線 Ziess シネレンズ Tesser 長野 北陸新幹線 ますすし わさび 安曇野 扇沢 破砕帯 黒四ダム 室堂 立山黒部アルペンルート 富山地鉄 立山駅 アルペンルート 京阪3000系 コダック シグネット エクター スロフ12 味めぐりわかさ マヤ タンゴ・デイスカバリー 下市口 橋本 跨線橋 近鉄 東海道線 新幹線 石亭 熱海 グリーン 西鹿児島 TSUBAME JR九州 つばめ ビュッフェ 鹿児島中央 偕行社 金沢 ルサール ライカ 昭和 ソ連 世田谷線 ラピート 関西空港 名鉄 モ510 モ750 モ770 揖斐線 近江鉄道 米原 彦根 C56 北びわこ号 SL 赤うし弁当 人吉 ハチロク 8620 熊本 阿蘇神社 温泉 大畑 真幸 肥薩線 矢岳 しんぺい号 はやとの風 C55 吉松 鹿児島 霧島温泉 鹿児島市電 九州新幹線 天満橋 ダックツアー 八軒家 水陸両用車 徳島線 土讃線 高松琴平電気鉄道 高徳線 コトデン 岐阜市内線 黒野駅 C56 臨港貨物線 Leica スーパーイコンタ 阪堺線 天下茶屋 阪神淡路大震災 阪神電鉄 阪急電鉄 はやぶさ ハスカップ 混浴 JRバス 酸ヶ湯温泉 青函連絡船 青森 すすきの 寝台車 はまなす アイアンホース 大勝 しずか 小樽 鉄道 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 真庭市 遷喬小学校 久世 姫新線 えきそば キハ127 蒸気機関車 義経号 梅小路 サンライズ出雲 温泉津温泉 スーパーはくと 温泉津 薬師湯 山口線 おとなびパス スーパーおき 博多 官営鉄道 明治 鉄道遺産 蹴上浄水場 ツツジ 京阪電車 京津線 大阪地下鉄 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 阪急 造幣局 大阪環状線 泉布観 しまなみ街道 四国鉄道文化館 今治 カーバイド アセチレン EF52 交通科学博物館 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 国鉄 京都 蹴上 三条通 京阪 尾道 竹原 竹鶴 マッサン 湯坂温泉 白市 かんぽの宿 西条 酒蔵 くろんぼ 広島 18切符 浪速駅 なみはや大橋 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 デナ21 叡山電鉄 鞍馬 木津川駅 南海高野線 阪堺電車 万年筆 デルタ 宇野 連絡船 高松 予讃線 豊浜 桜島 天保山 櫻島線 北港運河 USJ 曝涼展 流電 モハ52 明治屋 あべの 汽車会社 蒸気動車 リニア・鉄道館 長野電鉄 湯田中 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 小郡 宇部 新山口 雀田 モ253 モ301 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 コンタックス ヤシカ テッサー 汐見橋線 レディー・カガ グランフロント大阪 山代温泉 バー 懐石 ホワイトラベル ズームカー 高野線 本線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 吊り手 投書箱 2階建て電車 緑木車庫 花園橋 市電保存館 播但線 ロングシート キハ58 レールバス だるま 日野駅 キャブオーバーバス ボンネットバス キハ7 軽便鉄道 西大寺鉄道 岡山 北陸本線 和倉温泉駅 金沢駅 福井駅 博物館 関西文化の日 丸窓電車 上田交通 C62 梅小路蒸気機関車館 動画 長崎駅 特急 スキー列車 シュプール号 原鉄道模型博物館 沼津魚がし鮨 今井町 藤原京 橿原 奈良 薬師寺 舞鶴 肉ジャガ 北近畿タンゴ鉄道 海上自衛隊 アテンダント 山椒大夫 丹後由良 ハクレイ酒造 由良のと KTR 碧翠御苑 久美浜 京丹後 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 関東鉄道 気動車 キハ07 大阪市 地下鉄 梅田駅 四條畷 桃谷 片町線 城東線 関西鉄道 忍ヶ丘 桃山 特急冨士 宮崎駅 宮崎空港 南宮崎 宮崎 日豊本線 ジョイフルトレイン大分 大淀川 鉄橋 試作B編成 B編成 A編成 試作車 武器学校 土浦 戦車 自衛隊 長浜 旧型客車 湯村温泉 はまかぜ 客車 北近畿 寝台列車 フォトニュース 20系 こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 きぬ けごん 東武鉄道 鬼怒川 オリエント・エクスプレス 大阪駅 '88 オリエント急行 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 路面電車まつり 阪堺電鉄 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 北海道 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ JR カニ クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 小学校 常磐線 レトロ 境港 鳥取 智頭急行 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 稲田朋美 パーティ ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー