fc2ブログ

令和4年春分の奈良散歩(その2)


前回からのつづき・・・

般若寺から少し南に下ると、本日のポイントのひとつである旧奈良監獄に出た。

_DSC1177-1.jpg

明治41年築の五大監獄のひとつ

現在まで当時の建築様式がよく残っており、今では国の重要文化財となっている。

_DSC1170-1.jpg

とりわけこの表門が美しい佇まいをしている。

両脇を支える円塔といい、エントランス上部のアーチ型の意匠といい、威圧的な感じがしない。

黙ってみれば、ディズニーランドにあっても違和感のない華やかな煉瓦造りのエントランスである。

とても刑務所の正門とは思えない。

実は塀の内側から見た表門の反対側のデザインは、これとは全く異なり権威的な雰囲気が漂っている。

_DSC1168-1.jpg

表門の奥行きは、このようにほとんどない。

_DSC1178-1.jpg

戦後は少年刑務所として使われていたが、それも平成29年3月31日に重要文化財に指定されるとともに廃庁

_DSC1173-1.jpg

_DSC1174-1.jpg

そして平成29年9月1日をもって拘置支所としての役目も終える。


_DSC1169-1.jpg

_DSC1166-1.jpg

表門の隙間から内部を覗くと、正面には本館が望める。

_DSC1166-2.jpg

廃庁となったこの場所は、星野リゾートが開発することになっていたので、どれだけ工事が進んでいるのか見たいと思って来たが、まだ工事には着工していないようだ。

令和4年に開業予定であったが、コロナ禍のためか延期されて令和6年頃に、監獄史料館やホテルなどの複合施設としてリニューアルされるらしい。

さて予定通りに進むのだろうか?


_DSC1179-1.jpg

その向かいにあるのが現在の奈良少年鑑別所




さてさて、奈良監獄を見学したのちは、さらに南に進むと煉瓦建の小さな小屋があった。

変電所には小さすぎるし、ここには鉄道施設はないので、鉄道のランプ小屋でもなさそうだ。

_DSC1181-1.jpg

奈良市水道計量器室と表記のある建物(大正11年築)

こういう未知の建物に出会うのも街歩きの楽しいところだ。

_DSC1182-1.jpg

水道の水圧を測る装置がある場所とのこと。

以前は荒れた状態のまま放置されていたが、土木学会選奨の土木遺産と認定されたことを機に整備保存された。

めでたしめでたし!




[More...]

スポンサーサイト



令和4年春分の奈良散歩(その1)



令和4年3月21日春分の日

天気が良いのでお気に入りのカメラをもって、ぶらり奈良散歩に出掛ける。

_DSC1134-1.jpg

_DSC1132-1.jpg

阪神西九条駅から阪神なんば線で奈良まで一直線。便利になったものだとつくづく思う。

DSC_0828~2-1

本日のお供は、コニカの大口径準標準レンズ HEXANON (L) 60mm F1.2

このレンズは、1999年に800本限定で発売された今となっては幻のレンズ

そのレンズがなぜ私が持っているかというと、昔から小西六のパール愛好家としては、ヘキサーやヘキサノンという名前を見ると何故か物欲が湧いてくる。

このレンズも売り出す前からアンテナを張っていて、売り出されるや否やカメラ店に駆け込んだ次第である。
他にも限定モノのLマウントのヘキサノン35mmf2と沈胴ヘキサノン50mmf2.4などを愛用している。

この60mmも取得からすでに20年以上経過しているが大きくいので持ち出す機会が少なかった。

そもそも夜間撮影用のレンズであるので、開放値f1.2の描写を昼間に味わおうとすると、フイルムのカメラのLeicaではシャッタースピードが遅すぎて使えなかったこともその要因の一つである。

SONYα7であればシャッタースピードが最速1/8000とあるので、ISO感度を調整すれば日中でも開放値で描写を楽しめる。

_DSC1138-1.jpg

近鉄奈良駅から北側はあまり歩いた記憶がないので、今回はそちらの“奈良きたまち”地域に向かって進む。

ちょうど今年、国の登録有形文化財になった旧奈良警察署鍋屋連絡所である「きたまち案内所」をひとつ寿ぐついでもあった。
向いにある奈良女子大のデザインに合わせたような、洋風のデザインが特徴的で、近代巡査派出所の希少な遺構としての価値があるらしい。

_DSC1139-1.jpg

明治42年築の奈良女子大の正門と後方の本館・・・ともに国の重要文化財である。

奈良女子高等師範学校時代の雰囲気を濃厚に湛えている。実に素晴らしい造形である。

よく今まで残ってくれた、残してくれた。と感謝の気持ちでシャッターを切る。


_DSC1140-1.jpg

春うらら 佐保川沿いに進む (ヘキサノン60mmの開放値f1.2で撮影)



_DSC1142-1.jpg

さらに北に進むと、幻の“大仏鉄道”の黒髪山トンネル跡に出た。

現在は大きな“切り通し”となっているが、往時のトンネルは関西鉄道(かんせいてつどう)の社章がついた立派なレンガ建てのトンネルだった。

その社章が弁天町の交通科学博物館に保存されていた。(2009年撮影)

R0012425.jpg

これが実物だ。

R0012426.jpg

現在は京都の鉄道博物館に移動しているが、大切に保存されているのだろうか。


昭和41年までそのトンネルが残されていたとか・・・当時でも小型自動車が行きかうくらいで精々の隧道巾であったただろうと思われる。

現在の交通量を考えると取壊しも、やむなしか

_DSC1144-1.jpg



DSC_0953~2

明治38年のワラヂヤの鉄道地図から

当時の関西線は奈良~木津~加茂ではなく奈良~大仏~加茂のルートだった。

この道を進めば加茂駅までの間にいくつか遺構があるようだが、今回はここまで。
これより東進して般若寺方面に向かう

[More...]

平成10年3月 奈良・氷室社の枝垂桜



前回からのつづき・・・

陽光に誘われて奈良公園を散策する。

19980329奈良町・氷室社361-1

大仏殿と桜のコラボも期間が短いだけに、出会えば撮っておくべき一枚

19980329奈良町・氷室社362-1

春日社の参道は長く続くが、桜の大きな古木が多いためか、枝が石燈籠の高さのもの少なくないような気がする。

19980329奈良町・氷室社366-0-1

桜だけではなく、青い芽を吹き、春風にそよぐ柳の枝も注目に値する。

これは三月堂の前で撮影したものだが、現在は残念ながら、この柳の木は見当たらない。


つぎに国立博物館の北にある氷室神社に移動し、奈良の春を告げる「奈良の一番桜」を拝見

19980329奈良町・氷室社380-1

この四脚門前の枝垂桜は、奈良市内のその他のソメイヨシノと比べ、比較的咲く時期が早いため「奈良の一番桜」などと呼ばれて、多くの観光客を集めている。

19980329奈良町・氷室社379-1

19980329奈良町・氷室社394-1

手の届くところまで垂れ下がった枝垂れが何とも素晴らしく、息をのむ美しさである。

19980329奈良町・氷室社381-1

19980329奈良町・氷室社392-1

樹齢約400年にもなるエドヒガン系の春日野の在来種里桜が見せる、この艶やかな姿にどれだけの人々が癒されてきただろうか。

20210324氷室社-1

しかし、撮影した平成10年から二十余年を経た令和3年の今日、400年の樹齢を重ねる桜は、近年は「古樹」となって、残念ながら樹勢が衰える傾向にあり、往年の姿は偲ぶしかない。

歳月は人を待たずというが、人だけではなく森羅万象に当てはまる。

しかし、老いたるとはいえ、持てる精力を振り絞って今年も花をつけた古樹は、これまた見事なものである。



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ




平成10年3月奈良町フォト散歩


平成10年3月29日(日)のことだった。

奈良の奈良町あたりをふらりと訪れてみたくなり、CONTAXに交換レンズを数本お供にJRに飛び乗った。

環状線からは大和路快速ならば、乗り換えなしで一気に奈良に・・・

19980131灘駅ほか421-1

地上駅時代の奈良駅構内

クラシックな軒飾りのホーム屋根と複雑な構造の跨線橋部分に今更ながらに気が付いたのか、一枚収めている。

またよく見ると、安全性を担保するため、階段の傾斜が設置当時より緩やかなものに改修されているのが、見て取れる。

19980329奈良町・氷室社346-1

1番線は、桜井線のホーム。
ロングランの和歌山行普通列車が入線していた。

19980329奈良町・氷室社343-1

南都・奈良を象徴するJR奈良駅本屋(昭和9年築)・・・九輪・水煙を冠した寺院風建築で、実に奈良らしいデザインだと思う。

奈良駅の高架工事のため、このあと平成15年9月に2代目駅舎としての役目を終え、曳家工法で18m移動されたのち奈良総合観光案内所として使用されている。

19980329奈良町・氷室社345-1

19980329奈良町・氷室社344-1


19980329奈良町・氷室社348-1

奈良町は観光名所でもあるので、このような案内板が用意されている。

19980329奈良町・氷室社350-1

古い家並みの残る地域は、そこだけゆっくり時間が流れているように感じる。

19980329奈良町・氷室社351-1

御霊神社の狛犬は、なかなか厳つい顔立ちをしてござる。
しかし、これがなかなか「足止めの狛犬」として霊験あらたかな有り難い狛犬さんらしい。

前足のミサンガのような紐は、参拝者がくくりつけたもので、行方不明者が見つかりますように・・・子供が家に落ち着きますように・・・とのおまじないとのことである。

19980329奈良町・氷室社349-1

しかし、いきなりこんなバドワイザーが目の前に現れて驚かされる。

19980329奈良町・氷室社347-1

奈良町の家並の軒先には、「身代わり申(さる)」がよく吊るされている。

19980329奈良町・氷室社354-1

この庚申堂の神様のお使いなのだ。

庚申の夜には、三尸の虫が天帝に悪口を伝えさせないために寝ずの番をしていたというが、地域のコミュニティとしての役割が大きかったのではないかと私は思っている。

19980329奈良町・氷室社358-1

南都の銘酒「春鹿」の醸造元もこの町にある。

19980329奈良町・氷室社359-1




春先の陽気と、ソメイヨシノに誘われて、春日社の方に足を進る。

19980329奈良町・氷室社361-1



   つづく・・・



  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ



古い家並みの残る町~奈良・五條ぶらり旅



山櫻古典寫眞機同好會のメンバーから、「久しぶりに何処か撮影旅行に行きませんか。」というメッセージがLINEのグループ欄にアップされた。

夏の暑い時なのでハードなスケジュールはご免蒙りたいと考えていたが、なりゆきで私が段取りすることになり、奈良の五條には古い町並みが残っているし酒蔵もあるので組織員の嗜好にピッタリということで、7月25日(土)の日帰り旅行を計画した。



Screenshot_20200716-211316.png

近鉄阿倍野橋9:10発の吉野行特急の指定席を確保する。吉野口までの1時間は朝麦酒で乾杯!吉野口からはJR和歌山線で五条に入る。

その予定だった。

いつもなら天神祭りの当日はじりじりとした夏空が広がるものなのだが、今年は要領が違った。
梅雨明けの遅れている近畿地方では、前日夜には近畿中南部に豪雨があり、何かいやな予感がしていた。
案の上、当日の早朝、意気地のないJR西日本は、早々に和歌山線の高田・橋本間を始発からその運転を休止してしまった。

Screenshot_20200725-060528-1.gif

Screenshot_20200725-071832-1.gif


近鉄は動いているが、その先の移動手段を絶たれてしまった。近鉄の下市口まで足を伸ばして、そこからタクシーを飛ばすという手もあったが、組織員にLINEで連絡したところ、複数者から「それなら自家用車出しましょうか」とのありがたい申し出あり。

運転者は、終始お酒が飲めないことになるので誠に申し訳なかったが、なんとか足の手配ができて良かった。

本来7月23日に東京五輪が開催し、なにやかやと沸き立っているはずの4連休だったが、それが憎きコロナ禍により延期となったため、こちらとしては、もしこの計画が中止となれば、その無聊を慰めるものもなくつまらない休日となってしまうところだった。

集合場所を阿倍野橋から谷町六丁目に変更し、予定通り出発進行。
N氏から提供していただいたトヨタ・アルファードの快適な乗り心地を味わいつつ五条に向かう。

途中何度か大雨に出会うが、目的地到着時には霧雨程度の小康状態となる。

GR050350-1.jpg

五條の新町通りにある源兵衛に11:00からのランチコースを予約していたが、遅れることなく、かつ早すぎず絶妙のタイミングで到着する。

五條 源兵衛は、五條の野菜を中心としたミシュラン☆のレストランである。

日ごろから血液どろどろのメンバーたちには、体が喜ぶ野菜だけのコース料理(@3,500-)を予約していた。お酒は別である。

GR050351-1.jpg

江戸時代の商家を利用した店舗の中に入ると、落ち着いた雰囲気の中、静かにピアノソナタが流れていた。

店主で料理長でもある中谷暁人さんによるコース料理の説明を受けた後、我々はビール、ドライバー殿はノンアルコールビールで乾杯してコース料理がスタートした。

GR050353-1.jpg

食前酒ならぬさっぱりとした食前酢で胃を整える

GR050356-1.jpg

地産のもち米団子のお椀 上には緑鮮やかな様々な野菜が乗っている。黄色い花をつけた極小キュウリもある

GR050357-1.jpg

湯葉に包まれた正体不明の香草が出てきた。 

目をつぶって咀嚼すると牡蠣の味がしますよ。とのことだったので、果たして教示通り反芻すると驚いたことに、生ガキの如き磯臭い風味が漂った。不思議な香草である。

GR050359-1.jpg

提供される野菜のサンプルが山盛りになってテーブル上に置かれた。

恥ずかしながら、いかに野菜の知識がないかが暴露される瞬間でもある。
あまり聞きなれない野菜の説明が続く。しかし「グラスに入っているのはホップではないですか?」との問いに「そうです」との回答あり・・・やれやれ少しは面目を保つ

GR050361-1.jpg

野菜だけの天婦羅盛り合わせ  

手前の赤いトマトの天婦羅のうしろの大きい一品は、カボチャの花である。
芋の天婦羅も数個あるため、しっかり食べ応えあり。

GR050367-1.jpg

ビールはほどほどにして、地酒に移る

左は、店主こだわりの野迫川 村おこしプロジェクトにより醸造された「伯母子岳」・・・しっかりとしたガツンとくる味わいで野菜料理との相性が良い。
中と右は、地元の酒蔵山本本家の松の友「十一代」・・・直汲みとは、無濾過の生原酒である。ともに軽やかな飲み口だが、右の大吟醸は少し発泡性を帯びて夏向きの逸品である。

GR050362-1.jpg

ウリやマメ、豆腐などを色々な味付けで調理した3品 地産池消よろしく地酒との相性も良く、盃がすすんで困る。

GR050369-1.jpg

止め椀は、五條米の上に針茗荷を乗せたものに、出汁をかけていただく。これも出汁の味わい深く出色の一品だった。

GR050373-1.jpg

葛菓子 葛の味が濃厚にして弾力のあるものにして、彼の地ならではの得難い風味。

すべて野菜尽しのコース料理だったが、思った以上に満腹感あり。おいしゅうございました。

日ごろの不摂生を洗い流すような、いわば薬膳料理のような感覚がしてならなかった。

少しだけ健康になった気がする。

[More...]

平成4年 クラシックバス2題

平成4年4月のことだった。

吉野山と奈良公園に行った際、それぞれクラシックなバスに出会った。

まとめてご紹介しようと思う。




(1)H4.4.29奈良公園での出会い

黄金週間の一日、奈良公園に遊ぶ。

春日大社の参道付近を歩いていたら、奈良交通のボンネットバスがやってきた。

1992吉野・奈良344-1

祝日なのでボンネット部分に日章旗が見える。

もちろん車掌さんも乗っている。


ゴールデンウイークの目玉として臨時に運用していたものかどうかは不明だが、右回りの市内循環の標識を掲げて一般乗り合いバスとして運行しているのには驚いた。

1992吉野・奈良345-1

このバスは、改造を加えられた後、現在でもイベントなどでその姿を見ることが出来るらしいが、このように一般運行用車輌として走ることはないだろう。

[More...]

橿原フォト散歩~ホテイアオイの里から今井町へ

平成24年9月15日(土) 職能団体の写真クラブのお誘いにより、大和橿原をフォト散歩する。

午前9時40分に大和八木駅集合なので少し早起きして、近鉄上本町駅から近鉄線を利用する。

昨日はゲリラ豪雨があったが、本日は雨の心配はなさそうだ。しかし暑くなりそうな気配なりなり。

R0026012-1.jpg

『ちちろ鳴くつがひの如く特急車』 ふあぢゐ

R0026013-1.jpg

青山町行き急行に乗車すると、こんな吊広告が・・・まだ完成もしていないのに気の早いことだ。


畝傍御陵前駅から徒歩で元薬師寺址に向かう。

IMG_0725-1.jpg

[More...]

いざ、春日大社中元万燈籠に参らむ

EPSN1218-1.jpg

8月15日の宵もとっぷりと暮れた。

春日大社の一の鳥居から参詣する。


EPSN1221-1.jpg

EPSN1219-1.jpg

しかし大変な人出だ。そしてかなり暗い。小さな子どもの手を放すと生涯生き別れになりそうな漆黒の闇だ。

EPSN1226-1.jpg

カメラの部品など落とそうものなら・・・たとえ足元であっても見つけることは出来ないであろう。



途中では小さな蝋燭を立てた提灯(一灯500円)を売っている。

これが単なるお遊びでないことは、誰もが直ちに理解することとなる春日の杜である。


R0020228-1.jpg

僅かな灯りにケモノの気配・・・ストロボ一閃!


なにやら霊体(オーブ)のような光体が多く捕らえられたようだが、蜘蛛の巣越しか空中の塵埃を撮影したものと思いたい。

[More...]

明治42年開業の奈良ホテル

8月15日(日)のつづき・・・

猿沢の池から春日大社の一の鳥居前を通って荒池のほとりにある奈良ホテルに向う。

R0020221-1.jpg

奈良ホテルは、本館の建築にあたっては鉄道院によって35万円という巨費が投じられ、明治42年10月開業した。

また東京駅を手がけた辰野金吾と片岡安のコンビにより設計され、西の迎賓館とも称せられる格式高いものとなっている。


大正10年の「鉄道旅行案内」(鉄道省刊)にも鉄道省直轄のホテルとして山陽ホテルとともに紹介されている。

R0020288-1.jpg

「鉄道旅行案内」(鉄道省刊)の詳細については、過去記事にあり。


R0020192-1.jpg

吹き抜けのロビー部分も由緒ある神社の社務所の様な雰囲気だ♪

[More...]

8月15日春日大社中元万燈篭に向けて出発

1ヶ月ほど前のことだった・・・


ライカ先生曰く、「今年の8月15日は日曜日なので、古典写真機同好会を開きますか?」

小生「屋外活動として、春日大社の万燈籠でも行ってみませんか?」

ライカ先生「いいかも知れませんね。そうしましょう。」



・・・ということになり、カメラ仲間に声を掛けた。

そうするとMr.KとMr.Gから参加希望の意思表示有り。


集合場所と時刻は、近鉄奈良駅・行基噴水前に午後4時半。

R0020141-1.jpg

(注)予定通りのスタートとなるはずだったが、直前にライカ先生が病を得られて緊急入院され、我々3人で実行することとなった。主宰が欠席されるとは甚だ残念なことではあるが、速やかなご快癒をお祈りするばかりである。

さて、持参するカメラのことを考えると、夜の仄かな光源を撮影するには、明るいレンズ(高速鏡玉)を用意しなければならず、今回は、EPSON R-D1sにライツのSUMMILUX35mmf1.4とSUMMARIT5cmf1.5という高速にして癖のあるレンズを選択する。

R0020279-1.jpg


まだ日暮れには時間があるため、東向商店街のお好み焼き店の「おかる」で少し早い夕食とする。

R0020143-1.jpg

R0020144-1.jpg

昔ながらの店舗の佇まいである。(まだ酔っていないのに、少しブレてしまった。)


焼きソバ・お好み焼き・明石焼き(玉子焼き)を三人でつつく。

R0020150-1.jpg

ビールとハイボールによって暑さを吹き飛ばした後、熱中症対策として、カキ氷をいただく。

R0020156-1.jpg

Mr.Kは、ここのカキ氷が特にお好みである。氷の食感が滑らかでノド越しがよいとのこと。

確かに滑らかな舌触りであった。



午後5時半に店を出る頃には、入口にはお客の列が出来ている。この地の人気店であることを示している。

さてさて、まだ日没には時間があるため、奈良ホテルまでプラプラ散歩することに・・・

[More...]

十津川から白浜への温泉三昧の旅(その4)

十津川村の「上湯温泉」は、ホテル昴から龍神方面に狭隘な山道を進んだ山中の秘湯である。

尋ねた「神湯荘」は残念ながら休業していたので、露天風呂だけを撮影(道端から簡単に覗ける。)して、入浴したつもりになって・・・

R0013349-1.jpg
(休業中でもお湯はザアザアと音を立てて流れ出ている。)


同じ源泉である近くの出谷温泉に行くことにする。

[More...]

秘湯・十津川の源泉掛流し温泉三昧の旅(その3)

十津川村の二つ目の温泉である「ホテル昴」のお湯は、ナトリウム炭酸水素塩泉・塩化物泉とある。

DSC09982-1.jpg

深い山々に囲まれたところなので森林浴も一緒に楽しめる温泉である。

やはり少し硫化硫黄の匂いが漂う。

[More...]

秘湯・十津川の源泉掛流し温泉三昧の旅(その2)


谷瀬の吊橋がある上野地から十津川村役場前までは奈良交通バスで40分ほどの乗車。

八木を出てからほぼ4時間後の13時10分  ようやく最初の下車地に到着!!



そこで下りると、さすがに空気が美味い。


杉の香りが漂い清々しい 。 大きく深呼吸ひとつ!




R0013260-1.jpg

役場の隣にある道の駅「十津川郷」で昼食。

[More...]

秘湯・十津川の源泉掛流し温泉三昧の旅(その1)

同職の仲良し連中と年一度一泊旅行をしている。


去年は福井・越前をめぐるグルメ旅、一昨年は、セントレア空港と知多半島の街めぐりだった。


今年は13回目となり、近くて遠いところである奈良県十津川村へ源泉掛け流しの温泉を楽しみに行くことになった。




集合は、9月6日午前8時に近鉄鶴橋駅

R0013207-1.jpg

[More...]

「ここまでプライバシーを保護?」

8月5日、引越しに先立ち、お清めのお砂をいただくために奈良・桜井の大神神社(三輪明神)に参詣する。

[More...]

「生駒・ブルとミケのケーブルカー」





生駒山上遊園地に子どもを連れて行こうと思ったら、冬場は閉園してた。







[More...]

「大神神社初詣」




3日午前8時半、ファジーの一族12人が揃って奈良・桜井の大神神社に初詣。

暖かいためか、霧が立ち込めた神域を参拝する。


[More...]

☆橿原神宮

    
昨日、とある近畿地区の総会が橿原神宮の近くであった。奈良会が幹事だったのでその場所になった。

橿原神宮は、いまだ参詣したことがなかったので、会議を脱け出して参拝してきた。

そしてパーティの時間にはちゃんと戻って、乾杯!!

☆南都のふところ



昨日顧客先へ出掛けた。
奈良の新大宮。奈良駅と西大寺駅の間の小駅。
近くには奈良市役所があるが、駅前には何もない。

しかし駅前の案内板には、多くの古刹の表示あり。
法華寺はもとより、海龍王寺、不退寺などなじみのないお寺もある。
奈良の古刹はどこも国宝ごろごろ状態。立ち寄れば、あれも国宝、これも国宝。重文がスカのように見えてくる。

海龍王寺には、国宝の五重塔があるが、これが境内にで?んと立っているのではない。
なんと室内用のミニチュア版。4メートルしかない。
天平時代の作で、精巧にできている。イメージは東大寺南大門で使われた天竺様の五重塔といった軽やかな感じ。

南都はふところの深?いワンダーゾーン。

☆初詣



今朝六時前に起きて、大神神社に初詣しました。
小雨のためか、参拝客少なくゆったりと年始の参拝できました。





「なでうさぎ」は人気のスポットで、多くの人になでられたためか、頭から鼻先までピカピカになっていました。
酒飲みのウサギのようで、親近感が沸きます。

幕の絵柄はちょっと「美々卯」のうさぎにも似ているような。

汽笛一聲・阿房列車

Fuzzy Studio

Author : Fuzzy Studio




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


古いLeicaやRolleiなどの寫眞機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・
鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本・奇書や・・・
DSC03810.jpg

いにしへの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg

洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・   

 

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

> tags
直島 草間彌生 宇野 アート 南瓜 お座敷レイアウト 鉄道模型 上町線 コンコース レンズ シャンデリア 梅田阪急 ライカ 客車 D51 C57 亀山 国鉄 無煙化 C58 柘植 D51 関西本線 草津線 修学院車庫 デナ1 八瀬遊園 叡山電車 新八日市 近江鉄道 近江八幡 八日市 貴生川 豊郷小学校旧校舎群 ウサギとカメ ヴォーリズ 高宮 金亀 多賀大社 鳥居本 加悦鉄道 2号機関車 ハブ3 ハ4995 キハ08 瑞龍寺 雨晴海岸 富山 三郎丸蒸留所 白山総合車両所 北陸新幹線 ズミクロン JOBK 大手前 駅舎 山陰本線 各駅停車 こうのとり 雲海 竹田城 東京スカイツリー 定点撮影 名建築で昼食を 銀座ライオン 鉄道開業150周年 近代建築 土浦 フイルムカメラ コッペル 笠岡 井笠鉄道 倉敷 美観地区 新粋 やくも 高野線 木津川 汐見橋 南海 西天下茶屋 奈良監獄 転害門 二月堂 お水取り 聖林寺十二面観音 蔵元豊祝 奈良 般若寺 きたまち ヘキサノン コニカ 南海電車 阪堺電車 浜寺公園 セミ判 Pearl コンチェルト ハーバーランド 小西六 神戸 神戸電鉄 粟生線 天空 橋本 高野山 瀬戸 高松 JR 京都市電 80系 金閣 近江路 サンライズ 285系 寝台列車 枝垂桜 奈良公園 氷室神社 JR奈良 奈良町 環状線 梅田 CLE ミノルタ アールデコ 灘駅 クラシック クラシックカメラ Retina レチナ 35mm 平成9年 鉄道 きらら 叡電サブレ デナ 叡電 特急 ひのとり ナロー 近鉄 新町通り 源兵衛 五新鉄道 五條市 鶴見緑地線 大阪地下鉄 偕行社 惜別会 追手門学院 校舎 ハウステンボス 島原鉄道 大村線 喫煙車 新幹線 700系 土佐大正 高知 塩タタキ カツオ 宇和島 JR四国 トロッコ 四国新幹線 乗り放題切符 福井 福井鉄道 武生 福田和子 小田原 箱根登山鉄道 強羅温泉 正雀 阪急 電車寝台 青函連絡船 釧網本線 北海道 仮乗降場 琴電 阿波川島 こごみ 長野 Leica 岡山 Summilux Kodak Signet35 大阪城 智頭急行 宮本武蔵駅 あわくら温泉 車輌 陸送 モノクロ 桜島線 スーパーイコンタ ブローニ 天保山渡船 SLやまぐち号 D51-200 オロテ スハテ 津和野 新山口 湯田温泉 松田屋ホテル キハ181 倉吉 三朝温泉 はくと 空港 仙台 松島 みのり 山形新幹線 奥羽本線 陸羽西線 陸羽東線 新庄 クモヤ 安治川口 西九条 山形 高湯 蔵王 温泉 つるや E6系 那須塩原 E3系 E5系 カツサンド 東北新幹線 寝台車 サンライズ瀬戸 スーパーレールカーゴ 氷見線 高岡 加越能鉄道 ネコ電車 城端線 長尾線 高徳線 志度線 今橋車庫 京浜急行230 コトデン 117系 高松築港 高松駅 一畑電鉄 ムーンライト八重垣 大社駅 出雲大社前 ステンドグラス デハニ 京阪電車 プレミアムカー スイッチバック 木次線 しまかぜ ムーンライト九州 さくら 下関 はやぶさ 門司港 419系 越美本線 JRバス 白鳥 美濃 ムーンライトながら 岐阜 JR貨物 浪速駅 八幡屋 C56 北びわこ号 鳥取砂丘 岩井温泉 鳥取 日本秘湯を守る会 岩美 瑞風 はまかぜ 餘部 青春18切符 城崎温泉 山陰線 福知山線 エクター Kodak Ziess シネレンズ Tesser ますすし 安曇野 わさび 黒四ダム 立山黒部アルペンルート 室堂 扇沢 破砕帯 京阪3000系 アルペンルート 立山駅 富山地鉄 コダック シグネット スロフ12 タンゴ・デイスカバリー 味めぐりわかさ マヤ 下市口 跨線橋 グリーン 熱海 東海道線 石亭 西鹿児島 つばめ ビュッフェ JR九州 TSUBAME 鹿児島中央 金沢 昭和 ルサール 世田谷線 ソ連 ラピート 関西空港 名鉄 揖斐線 モ510 モ770 モ750 彦根 米原 SL 人吉 ハチロク 8620 赤うし弁当 熊本 阿蘇神社 大畑 肥薩線 矢岳 しんぺい号 真幸 吉松 はやとの風 C55 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 天満橋 ダックツアー 水陸両用車 八軒家 徳島線 土讃線 高松琴平電気鉄道 岐阜市内線 黒野駅 C56 臨港貨物線 Leica 阪堺線 天下茶屋 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 ハスカップ 青森 混浴 酸ヶ湯温泉 すすきの はまなす しずか 大勝 アイアンホース 小樽 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 遷喬小学校 真庭市 久世 えきそば 姫新線 キハ127 義経号 梅小路 蒸気機関車 温泉津温泉 スーパーはくと サンライズ出雲 温泉津 薬師湯 おとなびパス スーパーおき 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 ツツジ 蹴上浄水場 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 泉布観 大阪環状線 造幣局 今治 しまなみ街道 四国鉄道文化館 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 デイ100 P-6 大震災 神足 向日町 京都 京阪 蹴上 三条通 マッサン 尾道 竹鶴 竹原 かんぽの宿 湯坂温泉 白市 酒蔵 西条 くろんぼ 広島 18切符 臨港線 なみはや大橋 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 デナ21 叡山電鉄 南海高野線 木津川駅 デルタ 連絡船 万年筆 予讃線 豊浜 天保山 桜島 USJ 櫻島線 北港運河 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 リニア・鉄道館 蒸気動車 汽車会社 湯田中 長野電鉄 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 小郡 宇部 雀田 モ301 モ253 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 山代温泉 グランフロント大阪 レディー・カガ 懐石 ホワイトラベル バー ズームカー 本線 南海電鉄 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 保存 大阪市電 投書箱 吊り手 緑木車庫 市電保存館 2階建て電車 花園橋 ロングシート 播但線 キハ58 日野駅 レールバス だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 軽便鉄道 西大寺鉄道 キハ7 北陸本線 金沢駅 和倉温泉駅 福井駅 関西文化の日 博物館 上田交通 丸窓電車 C62 動画 梅小路蒸気機関車館 長崎駅 スキー列車 シュプール号 原鉄道模型博物館 沼津魚がし鮨 今井町 橿原 薬師寺 藤原京 海上自衛隊 北近畿タンゴ鉄道 肉ジャガ アテンダント 舞鶴 KTR 丹後由良 由良のと ハクレイ酒造 山椒大夫 京丹後 久美浜 碧翠御苑 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 キハ07 関東鉄道 気動車 大阪市 地下鉄 梅田駅 桃谷 城東線 忍ヶ丘 桃山 四條畷 片町線 関西鉄道 特急冨士 南宮崎 宮崎空港 宮崎駅 ジョイフルトレイン大分 大淀川 宮崎 鉄橋 日豊本線 試作B編成 B編成 試作車 A編成 武器学校 自衛隊 戦車 長浜 旧型客車 湯村温泉 北近畿 フォトニュース 20系 こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 きぬ 東武鉄道 鬼怒川 けごん 大阪駅 オリエント・エクスプレス オリエント急行 '88 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 城崎 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 ビール 大阪ドーム 阪和線 紀勢本線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ カニ JR 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 白浜 上湯温泉 十津川温泉 奈良交通 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © Fuzzy Studio