京阪・ファミリーレールフェア2010寸描

前回のつづき・・・


平成22年10月17日 京阪電鉄の寝屋川車庫の一般公開日“ファミリーレールフェア2010”に出向いたのは“びわこ号”に会いたかったためだが、それ以外の様子は・・・

R0021749-1.jpg

R0021750-1.jpg

R0021752-1.jpg  R0021751-1.jpg


R0021748-1.jpg

京阪の歴史を内部に展示してあるミュージアム・トレイン。

内部をゆっくり見学したかったが、物凄い行列なので諦めた。



[More...]

スポンサーサイト

京阪・寝屋川車庫に“びわこ号”を求めて・・・

平成22年10月17日 京阪電鉄の寝屋川車庫では、一般公開日“ファミリーレールフェア2010”を迎えた。

まだ一度も訪れたことがなかったので、今回初めて訪問することに。

お目当ては、京阪電鉄の社宝ともいうべき伝説の“びわこ号”である。

R0021734-1.jpg

当日は、天気にも恵まれ、京橋で串カツとビールの昼食を済ませてさっそく寝屋川に向った。

京橋駅では、右端の長?いエスカレータで一気にホームへ昇る。


R0021737-1.jpg

車中から寝屋川車庫の賑わい振りが見て取れる。すでに多くの見学者が訪れているようだ。


R0021742-1.jpg

改札口には「ファミリーレールフェア」の案内が貼り付けてある。


R0021743-1.jpg

道端にあるこのゲージュツ的な色合いの工事用シートに驚きながら会場へと向った。

R0021744-1.jpg

[More...]

旧山陰本線の路線を辿る“嵯峨野トロッコ列車”で京都へ

前回のつづき・・・

10月11日亀岡・湯の花温泉で遊んだ後は、送迎バスでトロッコ亀岡まで送ってもらう。

2010101亀岡トロッコ114-1

同駅から山陰本線の旧線を利用した“嵯峨野トロッコ列車”を利用して嵯峨野に戻ることにする。

1時間に1本のダイヤなので、少し時間に余裕があり、駅前の売店で時間調整。

R0021643-1.jpg

アンジェニューは35mmのほかにスタイルのよい90mmも持ってきたので、ここらで活躍してもらう。


2010101亀岡トロッコ115-1

この川に架かる鉄橋は、京都鉄道時代のものだろうか・・・名板はペンキの塗り重ねで詳細は判読できなかったが、煉瓦と石積みの橋脚の上で風格を帯びた佇まいをしている。


R0021645-1.jpg

ところで、この亀岡牛ステーキドロップスというものは一体何だ?

家人に問うとTV番組で紹介していたとか・・・さて、どんな味がするものか?


[More...]

神戸電鉄の旅?粟生・鈴蘭台・有馬温泉

前回のつづき・・・


粟生駅に戻る。

R0021340-2.jpg


跨線橋がそのままなので、跨線橋の上から定点撮影

19820411加古川線024-1

(昭和57年4月の粟生駅構内) 28年前と比べて、変わったような変わっていないような不思議な感覚だ。


R0021345-1.jpg

AO・・・なんだかオフィス英語のようだが、ローマ字書きでは、日本で最短の駅名なり!

TSUより短い。


R0021342-1.jpg

13時9分発の新開地行きに乗車


R0021343-1.jpg

同時刻発のJR加古川線・谷川行きが数分早く入線してきた。わずか1輌編成というのが侘しいね。

[More...]

X線駅名板in北条鉄道

平成22年4月にアップした「昭和57年4月加古川3支線を訪ねて」の記事の中で、粟生駅のX線駅名板(現在の駅名板の下に昔の文字等が浮き出て見えいてるものを勝手にそのように呼称している)をご紹介したところ・・・

19820411加古川線021-1

読者のお一人である“とある北条線の利用者”さんから「北条鉄道に転換された現在も、法華口・播磨下里・長の各駅には、X線駅名板が現役で残っています。」とコメントをいただいた。

このコメントがずっと気になっていて、機会があれば行きたいな。と考えていた。

しかし、思っているだけではなかな機会というものは、やってこないもので、これは自分から行動を起こさないとダメだな。と気付いた。

そこで、遅めの夏休みをとった9月22日(水)を利用して、重い腰を上げた。

   よいしょ!

JRで加古川から北上すると昔と一緒なので、今回は、ちょっとラインを変えて、神戸電鉄で粟生に向うことにした。

R0021279-1.jpg

まずは、梅田から阪急で新開地に向う。もちろん阪神電車でもかまわないのだが、阪急の神戸線はあまり利用しないので、今回利用した。



さらりと新開地到着。

R0021284-1.jpg

ここは、これらの改札内店舗群もなんとなく、昭和40年代の色香を感じる空間となっている。


R0021290-1.jpg

改札外にも、かなり昭和の空気を色濃く留めた地下街が広がっているので、途中下車してちょっとパトロール。



[More...]

明知鉄道・明智駅からの帰路

R0020934-1.jpg

日本大正村をぷらぷらと見学した後、明知鉄道・明智駅に戻る。


R0020935-1.jpg

明智駅の出札口・・・昔ながらの窓口が今でも使われているのが何とも嬉しい。

R0020953-1.jpg

出札とともに入鋏してしまうのはちょっと惜しいが・・・。

R0020938-1.jpg

なんと名古屋までの連絡切符も発売していた。もちろん硬券なり。



そこでちょっと感じるシーンに出くわした。

ある小学生が切符を買ったところ、「普通の切符より小さくなっている」と不満そうに駅員に告げている。

駅員は、笑いながら「子供用の切符は右端の斜めの線をハサミでチョキンと切るんだよ。その短くなった切符が子供用の証拠なんだ。」

昔の切符は、国鉄も含めそう取り扱っていたが、最近の小学生は知る由もなかろうて・・・。


R0021130-1.jpg

またこの駅では、使用済みの硬券を一枚20円で販売している。これは珍しい試みといえよう。

5枚ほど買い求める。

R0021131-1.jpg

“明智から極楽行き”なんてちょっとえ?感じ♪

[More...]

近鉄創業百周年記念?近鉄100年のあゆみ展

R0021160-1.jpg

9月16日から21日まで上本町近鉄百貨店で“近鉄100年のあゆみ展”をやっていると聞いていたので、9月18日(土)に覗いてみた。入場料は無料。

これは、今年で近鉄の前身である奈良軌道?が創業してからちょうど100年になることを記念して催された展示会である。

R0021155-1.jpg

こうして沿革図をみると実に多くの中小鉄道が吸収合併されていったことが分かる。


R0021156-1.jpg

それぞれの社章もいろいろなデザインがあり眺めているだけでも面白い。

R0021154-1.jpg

パネルで、各時代をまとめて説明されているのは読み易いのだが、多くのお客が押し寄せゆっくり読まれないのが残念。

R0021147-1.jpg

R0021149-1.jpg

奈良駅の地上駅時代から地下駅に移行する途中の写真

油阪方面から東を向いて撮影されているが、これは貴重なワンカットだ!

そのほか、各駅の懐かしい姿がパネルとなっている。

R0021180-1.jpg

昭和30年の布施駅


R0021181-1.jpg

極めてクラシックな奈良駅(昭和43年)

[More...]

近鉄アーバンライナーで名古屋へ・・・不要不急の旅

今年も仲間内の一泊二日旅行の季節がやってきた。

もう15回も続いている恒例行事で、今回は、美濃の恵那地方に出向く。

去年は、皆生温泉から境港ゲゲゲ巡り

一昨年は、十津川温泉湯あたりツアーだった。


R0020619-1.jpg


9月4日(土)ナンバ午前9時発の近鉄アーバンライナーで名古屋に向けて出発する。

R0020621-1.jpg


近鉄利用は、このお気楽旅が全く不要不急の旅であることと、金券ショップで近鉄株主優待券(@1,300-)を買えばかなり安価に行けることが理由となっている。

浮いた費用で、特急指定席券については、ちょっとリッチにデラックス席を手配する。

R0020645-1.jpg

R0020616-1.jpg

しかし、近ツリさんのクーポン券は、A4サイズの巨大判・・・・紛失しなくていいが嵩張って仕方がない。

ちょっと考えてよ?!

[More...]

炭坑節発祥の地・田川石炭記念公園訪問

田川伊田駅の改札口から駅の反対側に出ると、小高い丘があり、そこは田川石炭記念公園となっていた。

そこで最初に見つけたもの・・・炭坑節発祥の地

R0020521-1.jpg

正調・炭坑節

香春岳から 見下ろせば 伊田の立坑が 真正面
12時下がりの サマちゃんが ケージにもたれて 思案顔 サノヨイヨイ

ひとやま ふたやま みやま越え 奥に咲いたる 八重つばき
なんぼ色よく 咲いたとて サマちゃんが 通わにゃ 仇の花 サノヨイヨイ

月が出た出た 月が出た 三井炭坑の 上に出た
あんまり煙突が 高いので さぞやお月さん 煙たかろ サノヨイヨイ

格子窓から 月がさす サマちゃんの寝顔の 愛らしさ
はずした枕を すけさしょか 思案なかばに 明けの鐘 サノヨイヨイ



音源は、コチラ


R0020532-1.jpg

これは、三井田川鉱業所伊田竪坑のシンボルともいうべき大煙突の「二本煙突

高さ45.45メートル

明治41年にドイツの煉瓦を用いてつくられた第一煙突と第ニ煙突。

これは、蒸気動力であった竪坑捲揚機の動力用に燃やした石炭排煙用としてつくられ、当時はボイラーが12基もあったため、常に石炭が焚かれ、日夜の区別なく常に黒煙を吹き上げていた。

また昭和26年竪坑捲揚機の動力が電気に変わってからは、病院や炭住の風呂用として利用していたが、昭和39年3月三井田川炭鉱の閉山と共にその使命を終えた。

R0020536-1.jpg

炭坑節については、一部の出版物や歌詞カードに誤記(“三井炭坑の上に出た”とすべきところを“三池炭坑の上に出た”とした)があったことから、福岡県大牟田市の三井三池炭鉱(1997年3月30日閉山)で生まれたという誤解が広がった。また、伊田と後藤寺との間でどちらの炭坑節が元祖かという論争も過熱した。この論争は、伊田が元祖だということで一応は決着がついている。

その決着のポイントは、歌詞中の高い煙突が登場することであり、それがこの大煙突(二本煙突)に他ならないということにあった。



R0020522-1.jpg

これが大煙突に通じるボイラーで作られた蒸気機関によって動かせれていた第1竪坑櫓。

高さ約23mで、イギリス様式のバックステイ形の鉄製により明治42年完成した。

R0020523-1.jpg

櫓に取り付けられていた捲揚機により人や炭車を載せて坑内を上下した二段式「ケージ」。エレベータのカゴに該当するもの。

前記の炭坑節にも登場する。


(注)文化庁が平成19年、世界遺産国内暫定リストに登載した「九州・山口の近代化産業遺産群」には、この旧三井田川鉱業所伊田坑第一、第二煙突(通称・二本煙突)と竪坑櫓が含まれている。


R0020529-1.jpg

炭坑員の住んでいた炭鉱住宅も復元されている。

この中には、「伊吹重蔵」という表札が掛かっている家があるらしい♪

R0020525-1.jpg

晩年の炭住生活は、土門拳の“筑豊のこどもたち”によりリアリティに語られているので、ここでは割愛。

(同写真集は、写真好き以外の人にも是非一度は見てもらいたい昭和の名作である。)


R0020527-1.jpg

おお、ようやくキューロクに出遭えた。59684の門デフ付ときている♪

筑豊の立役者に会えたのは嬉しいのだが、ナンバープレートがペチモンなのが悲しい。

R0020520-1.jpg

ここにも構内電車が展示してあった。先ほど立ち寄った直方の石炭記念館のものに比べ状態は遥かによさそうだ。

R0020539-1.jpg

明治から昭和への長きに渡りわが国の基幹産業を支えた炭坑の遺跡を感慨深く見学したあとは、田川伊田駅に戻る。

[More...]

平成筑豊鉄道(直方→田川伊田)

8月26日の午後、直方の石炭記念館を見学した後、平成筑豊鉄道で田川伊田に向う。

“平成筑豊鉄道”は、平成2年より九州旅客鉄道(JR九州)から継承した旧国鉄特定地方交通線の伊田線・糸田線・田川線の各線を営業しているほか、平成21年4月からは、北九州市からの委託で同市門司区において門司港レトロ観光線(愛称:やまぎんレトロライン)として、トロッコ列車を特定目的鉄道として運行している。

これから乗車する路線は、“平成伊田線”といい、昔の国鉄伊田線である。

R0020477-1_20100829161635.jpg

JRの直方駅から少し南に行った大跨線橋の下が入口だ。

R0020473-1.jpg

約30分に1本の割合での運転となるローカル私鉄だが、旧国鉄の田川線も“平成田川線”と称して引き受けている。

R0020475-1.jpg

しかし7月14日の大雨で“源じいの森”の前後の路線が不通となっていて、行橋行きは運行されず、油須原までの折り返し運転となっている。

R0020479-1.jpg

復旧までには、随分かかるようで第三セクターにとっては、辛いところだろう。

同じ時刻表を作るのなら、同じサイズのものにしてほしかったなあ?(外様モノのツイート)

[More...]

36年ぶりに訪れた、懐かしの筑豊本線直方駅

8月26日のつづき・・・

筑豊電鉄の“筑豊直方駅”からJRの“直方駅”を目指すが駅に近づくと、「昔の賑わい」の残り香が漂ってくる。

R0020369-1.jpg

「すさき」のアーケード商店街を通りぬけて来たが、シャッター通りと化していた。

R0020368-1.jpg

R0020370-1.jpg

駅前の通りを振り返ると、朽ちたアーケードに商店街のやる気のなさが伝わってくるようだ。炭鉱があった頃は、どれだけ賑やかだったのだろうか・・・と考えてしまう。

駅前の再開発事業らしいが、JRバスターミナルもこれから解体がなされようとしている。

R0020373-1.jpg

昔はあちこちに向けて、つばめマークを付けた国鉄バスが出発して行ったのだろうが、現在では手前のコンテナの待合で用が足りるようだ。

R0020463-1.jpg

西鉄バス乗り場も駅の南側にあるが、こちらもいい「時代」が付いている。

R0020386-1.jpg

[More...]

筑豊電鉄(黒崎駅前→筑豊直方)

8月26日のつづき・・・

小倉から12:14発の鹿児島本線大牟田行き快速4343列車に乗車し、12:30黒崎駅で下車。

R0020340-1_20100828171434.jpg

黒崎駅は、橋上駅である。

R0020338-1.jpg

ここで、九州専用のICカード“SUGOCA”なるものを発見・・・スゴカぁ!

Suicaとは、相互利用できるようだが、ICOCAはまだ利用できないようだ・・・残念!



そのまま筑豊電鉄に乗車できると思っていたが、一致ペデストリアンに出てから登ったり下ったりしなければならない。ちょっと不便なり。

R0020342-1.jpg

しかし、この案内板を兼ねた時刻表の表示は、なぜ斜めなんだろう・・・ちょっと無理がありそうな・・・強引に貼り付けたような感じがしてならない・・・こういうのが筑豊気質というのだろうか・・・スゴカぁ!



始発駅の黒崎駅前は、1階のバスセンターの隅っこにある。

R0020343-1.jpg

改札などなく、バスが発着するのと同様の感覚で電車が往来しているようだ。

[More...]

北九州・小倉からパトロール

8月26日(水)小倉での仕事が入ったので、新大阪8時02分発のひかりレイルスターで向かう。

R0020317-1.jpg

もう直ぐこの案内板も変わるだろうと思って記念に一枚♪

R0020319-1.jpg

北九州モノレール小倉線が突っ込むJR小倉駅ターミナルビルは、驚くほどゆったりとした空間設計となっている。

R0020595-1.jpg

[More...]

阪堺電鉄 第12回 “路面電車まつり” アラカルト

前回からのつづき・・・

平成22年6月6日(日) 第12回 阪堺電鉄“路面電車まつり”での光景を拾ってみる。

R0018930-1.jpg


入口附近では、鉄道模型が子どもたちには大人気。

R0018931-1.jpg

目の前にある1/1の車輌より、1/150のNゲージや1/80のHOゲージの車輌のほうがお気に入りのようだ。

R0018969-1.jpg

Nゲージの天王寺駅前風景・・・すでに昭和の都電色にカラーリングされたモ502が入線しているところは、芸の細かいところだ♪


R0018966-1.jpg

こちらは、HOゲージで小生にとって鉄道模型といえばこのサイズ。思わず見入ってしまう。

R0018968-1.jpg

かなりマニアチックな取り揃えである。

都電色のモ502のほかに南海色の都電7500も用意されているようで、用意周到♪

しかし実際は、都電7500は、アルミ窓枠には塗装されずに窓枠の外側のボディに茶色の枠を描いているようなので、ちょっと実物とのズレがあるようだ。

[More...]

昭和の都電カラーをまとった阪堺電鉄モ502

・・・6月6日(日)のつづき

R0018973-1.jpg

阪堺電鉄の我孫子車庫の中は、親子連れや鉄道ファンのほか、一般写真愛好家と地元住民が加わり大賑わいを呈していた。

R0018939-1.jpg


R0018940-1.jpg

R0018933-1.jpg

電車と男の子との年齢の差は、どれほどだろうか?


[More...]

第12回“路面電車まつり”の先導役?ビリケン号(モ162)

平成22年6月6日(日)阪堺電車の“路面電車まつり”が我孫子車庫で催されると聞いていたので、子どもを連れて参加する。

また、天王寺駅前と恵美須町から臨時列車が運転されるらしく、撮影スペースがゆったりしている恵美須町に出向いた。

R0018885-1.jpg

出発30分も前だというのに、熱心なファンが多く集まっていた。

R0018887-1.jpg
このモ504も、1970年代の復刻塗装に綺麗に塗り替えられているが、車歴は50年を越え、古豪の仲間入りだ。


待つことしばし・・・クラシックな南海色をまとった昭和3年製のモ162が2番線に入線してきた。

R0018889-1.jpg


車歴80年を超えるこの車輛、日本一古い現役車輌であり貴重な存在となっている。

[More...]

帰りもやっぱり・・・かにカニはまかぜ

平成22年3月14日(日) 前回からのつづき・・・城崎からの帰路

R0017732-1.jpg

帰りも同じ列車「かにカニはまかぜ」を選択する。

R0017734-1.jpg


電車特急「北近畿」を利用し、福知山経由でさらりと帰ってもいいのだが、この際ディーゼル特急である181系の重厚なエンジン音を飽きるほど味わっておきたいと思い、再び15時49分発の臨時特急「かにカニはまかぜ」の車中の人となる。

[More...]

カニかにエキスプレスで城崎へ

3月も半ばとなり、「今シーズンは何故かカニにご縁がなかったなあ」と思うと、無性にカニが食べたくなった。

ちょうどJR西日本が企画した日帰りパック「かにカニ日帰りスキスプレス」のパンフレットを見ると、キハ181形の臨時特急「かにカニはまかぜ」に乗車して城崎でカニを食す企画があった。

20100314カニかにエキスプレス204-1

おお、これならカニも味わえるとともに、消え行くキハ181を堪能することも出来る。おまけに少し早いが子供たちには春休みの旅行として認識させることもできる。

思ったが吉日、早速電話で、大阪⇔城崎温泉の往復特急指定席券+昼食(かにコース料理)+外湯券=12,500円(大人ひとり)のリーズナブルなコースを申し込む。


・・・ということで、3月14日(日)家族4人で出かけることとなった。


R0017470-1.jpg

こういう旅行なら、早起きもへっちらなのだ。

[More...]

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
JR九州 西鹿児島 鹿児島中央 金沢 偕行社 昭和 ライカ ルサール 世田谷線 ソ連 関西空港 ラピート 名鉄 モ750 モ770 揖斐線 モ510 彦根 米原 近江鉄道 北びわこ号 C56 SL 8620 赤うし弁当 ハチロク 人吉 熊本 阿蘇神社 温泉 大畑 しんぺい号 矢岳 真幸 肥薩線 はやとの風 吉松 C55 霧島温泉 鹿児島 九州新幹線 鹿児島市電 ダックツアー 水陸両用車 八軒家 天満橋 徳島線 土讃線 高徳線 高松琴平電気鉄道 コトデン 岐阜市内線 黒野駅 C56 臨港貨物線 Leica 天下茶屋 スーパーイコンタ 阪堺線 阪神淡路大震災 阪急電鉄 阪神電鉄 新幹線 はやぶさ ハスカップ 青森 青函連絡船 混浴 酸ヶ湯温泉 JRバス すすきの はまなす 寝台車 小樽 しずか アイアンホース 鉄道 大勝 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 久世 真庭市 遷喬小学校 えきそば 姫新線 キハ127 梅小路 義経号 蒸気機関車 サンライズ出雲 スーパーはくと 温泉津温泉 温泉津 薬師湯 山口線 おとなびパス スーパーおき 博多 官営鉄道 明治 鉄道遺産 京阪電車 ツツジ 蹴上浄水場 京津線 平成7年 大阪地下鉄 特別警戒実施中 地下鉄サリン事件 阪急 大阪環状線 泉布観 造幣局 四国鉄道文化館 今治 しまなみ街道 カーバイド アセチレン EF52 交通科学博物館 P-6 デイ100 大震災 国鉄 向日町 神足 京阪 三条通 蹴上 京都 竹原 竹鶴 マッサン 尾道 かんぽの宿 湯坂温泉 白市 西条 酒蔵 くろんぼ 広島 18切符 なみはや大橋 浪速駅 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 叡山電鉄 デナ21 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 宇野 デルタ 万年筆 連絡船 高松 予讃線 豊浜 桜島 天保山 北港運河 櫻島線 USJ 曝涼展 モハ52 流電 明治屋 あべの 蒸気動車 汽車会社 リニア・鉄道館 湯田中 長野電鉄 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 宇部 雀田 小郡 新山口 大和川橋梁 モ301 モ253 大阪 サントリーミュージアム コンタックス テッサー ヤシカ 汐見橋線 山代温泉 グランフロント大阪 レディー・カガ 懐石 バー ホワイトラベル 本線 ズームカー 高野線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 吊り手 投書箱 緑木車庫 2階建て電車 市電保存館 花園橋 ロングシート キハ58 播但線 日野駅 レールバス だるま ボンネットバス キャブオーバーバス 軽便鉄道 岡山 西大寺鉄道 キハ7 金沢駅 北陸本線 和倉温泉駅 福井駅 関西文化の日 博物館 丸窓電車 上田交通 動画 C62 梅小路蒸気機関車館 特急 長崎駅 スキー列車 シュプール号 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 薬師寺 今井町 藤原京 奈良 近鉄 橿原 アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 海上自衛隊 舞鶴 肉ジャガ 由良のと KTR ハクレイ酒造 丹後由良 山椒大夫 京丹後 久美浜 玉川 碧翠御苑 観音寺 昭和レトロ 銭形 梅干 善通寺 気動車 関東鉄道 キハ07 大阪市 地下鉄 梅田駅 桃谷 桃山 片町線 城東線 関西鉄道 忍ヶ丘 四條畷 南宮崎 宮崎空港 宮崎駅 特急冨士 日豊本線 鉄橋 宮崎 大淀川 ジョイフルトレイン大分 試作B編成 A編成 試作車 B編成 武器学校 戦車 土浦 自衛隊 旧型客車 長浜 はまかぜ 福知山線 北近畿 湯村温泉 客車 寝台列車 20系 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 鬼怒川 けごん 東武鉄道 きぬ '88 オリエント急行 オリエント・エクスプレス 大阪駅 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー ビール 大阪ドーム 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 北海道 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 JR カニ クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 鳥取 智頭急行 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 0系新幹線 切符 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 九州鉄道記念館 門司 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー