FC2ブログ

餘部・鳥取の夏休み(その2)


(前回からのつづき)

DSC07204-1.jpg

平成29年8月10日(木)城崎温泉で、温泉と昼食を楽しんだあとは、本日のメインイベント餘部鉄橋に向かう。

11:56発の鳥取行きに乗車 キハ47の2両編成である。

DSC07205-1.jpg

香住・鎧を過ぎてトンネルを抜けると、いきなり天空を駆けるが如く足元の地面がなくなる・・・餘部鉄橋である。

DSC07206-1.jpg

高さ 41.45 mではあるが、いきなり展開する風景によるものなのか、感覚的にはそれ以上の高さを感じる。

DSC07207-1.jpg

[広告 ] VPS


息子が動画を撮っていたので、それもアップ!

DSC07209-1.jpg

12:43餘部駅到着

左側の線路は、兵庫県が主体となって整備した旧鉄橋部分に通じる展望施設“余部鉄橋「空の駅」”部分である。

IMG_20170810_135332159-1.jpg

餘部駅の駅名板

この地域は、「余部」と表記するのが相当らしいが、同じ兵庫県の姫新線に「余部駅」があるため、旧字の餘部を使用している。
よって、橋梁名も「余部橋梁」が正式らしいが、本記事では、前後の都合上「餘部橋梁」と表記することとする。

DSC07236-1.jpg

待合室には、時刻表(上)と、土木遺産に認定されたことの新聞記事(下)が掲示されていた。

DSC07235-1.jpg

その土木遺産の「空の駅」では、現在地上から一気に上れるようにエレベータの設置工事中

シースルーの籠であれば日本海の風景も楽しめるものとなろう。

(注)このエレベータは、余部クリスタルタワーとして平成29年11月26日にオープンする。H29.11.14追記

DSC07230-1.jpg


DSC07231-1.jpg

ちょうど線路の真下あたりがY字路になっていて右に上れば餘部駅、左に登ればお立ち台となっている。

その看板に早くも「瑞風」の写真が使われているのにちょっと驚く。

[More...]

スポンサーサイト

餘部・鳥取の夏休み(その1)


中学生の長男の口から何気なく漏れた「餘部鉄橋に行ってみたい・・・」という一言がそもそもの端緒だった。

最近鉄道に関心がなくなってきたと思っていた長男坊から、そんな一言が発せられたので、ここは鉄道マニアの父親として、「親子の思い出作り」に一肌脱ぐこととした。

IMG_20170810_054438795-1.jpg

ちょうど今夏の“青春18切符”が使える時期でもあるので、

「普通列車を乗り継いで餘部鉄橋へ行こか。その後鳥取まで足を伸ばすか・・・」

と提案したところ、すんなり承諾され、諸事万端整えた後、実行に移すこととなった。

平成29年8月10日(木)早暁ながら足取りも軽く親子旅がスタートした。

DSC07171-1.jpg

さすが巨大駅「大阪」である。午前6時前というのにホームにはたくさんの人影が見受けられる。

乗車するのは、午前5:55発の福知山線福知山行普通列車2525Mである。

もっと遅い時刻の列車でもよかったが、18切符利用者がわんさか乗車してくることが予想されるので、それらの利用が少ないであろうと思われる午前6時前の列車を選択した。

この選択は正解であった・・・乗客の姿は朝早くから仕事に向かう人々がほとんどで、不要不急の旅人は稀だった。

DSC07172-1.jpg

先頭車に乗ったので、広野駅では上り特急“こうのとり2号”なども一枚収めておく。

DSC07183-1.jpg

福知山駅到着(右側の電車) 午前8時19分

DSC07177-1.jpg


DSC07187-1.jpg

「丹後の海」は、『走る「海の京都」』としてタンゴ・ディスカバリー車両をリニューアルした車両です。
丹後の美しい海を想起するような、「海の京都」をイメージした車両を導入したいという願いから、水戸岡鋭治先生にデザインを依頼しました。
車体色を藍色メタリックとし、利用者をはじめ多くの方々に丹後の美しい海を想起していただける車両となっています。地元の方の新しい足として、そして旅行者にとっての丹後の足として、愛される列車を目指し、運行していきます。

(京都丹後鉄道ホームページより)


DSC07193-1.jpg

もともと20年前の誕生時は、下記のような姿だった。H 8.2.18 タンゴ・ディスカバリーお披露目式 於:大阪駅

19960218タンゴディスカバリ-938-1

福知山駅は、山陰本線・福知山線・舞鶴線・京都丹後鉄道の車輌が往来する中心駅なので、ホームに現れる車輌も多士済々であ。

DSC07173-1.jpg

東舞鶴行きは(上)クモハ114-6123と(下)クモハ115-6510のクモハ同士の組み合わせ

DSC07175-1.jpg

[More...]

さよなら梅小路蒸気機関車館・・・義経号記念運転

DSC01317-1.jpg

昭和49年に開館した梅小路蒸気機関車館が平成27年8月30日をもって閉館する。

新しい“京都鉄道博物館”に生まれ変わるための積極的閉鎖ではあるが、慣れ親しんだ“梅小路蒸気機関車館”の名称が消えてしまうことは一抹の寂しさを憶える。

閉館を記念して鉄道記念物の“義経号”の自走シーンが8月22日23日の二日間だけ公開されることがホームページに掲載されたので、そうなると出掛けない訳にはいかない。

DSC01320-1.jpg

快晴の8月22日(土)開館時刻より早めに訪れたがすでに長蛇の列。

皆さん閉館を惜しんでの訪問なのか、義経が目的なのか・・・

並んでいる途中、横に建設中の新博物館のゲートが開いた・・・

DSC01318-1.jpg

車輌の設置もかなり進んでいるようだ。

DSC01321-1.jpg

         20150912_130159_resized.jpg

          こんな硬券の記念入場券をいただきました。


[More...]

鉄道遺産・阪急千里線神崎川橋梁訪問

平成27年5月3日鉄道遺産というべき阪急千里線の神崎川橋梁を訪問した。

理由は次のとおり・・・

明治9年に官営鉄道が大阪・向日町間を開業させたが、そのときの大阪・吹田間は今のルートとは異なっていた。

大阪を出れば、淀川を渡る直前から北東にずれ、今の水道記念館の中を突ききり、現在の阪急・崇禅寺あたりから阪急の路線となり淡路・下新庄を経てJRと立体交差している場所から現在のJRの路線となっていた。

つまり阪急の崇禅寺から吹田の手前までは鉄道黎明期の官営鉄道の路線だったというわけだ。

11187957_380889258783516_1909532409_o-1.jpg
(吹田市史より)

大正2年に鉄道院が、吹田操車場新設工事により大阪・吹田の路線を現在のものに変更したため、上記の区間は廃止された。

しかし大正10年に北大阪電鉄が、十三~豊津間を開業するに際してそれの払い下げを受けて利用することとなった。

その区間内にある神崎川橋梁の基礎に、今でも鉄道黎明期の遺産が残っていることは知っていたが、高架工事のためにその姿を消そうとしていたため、この際きちんと訪問しておこうと思い立った次第である。

まずは、下新庄駅から北に向かう。
DSC01277-1.jpg

DSC01278-1.jpg

駅を出てから程なく神崎川に到着するが、その手前のレンガつくりの橋脚・・・味わいがあるものではあるが、北大阪電鉄時代のものと思われる。

DSC01279-1jpg.jpg

DSC01281-1.jpg

DSC01282-1.jpg

神崎川橋梁に出た。

[More...]

平成27年初春阿房列車・・・四国鉄道文化館訪問(南館)

(前回からのつづき)

R0028757-1_2015012510213465f.jpg

伊予西条駅のぽっぽ橋を渡って、四国鉄道文化館の南館にやってきた。

建物前の広場には、平成19年に製造されたフリーゲージトレインの第二次試験車「GCT01-201」が鎮座している。

R0028759-1.jpg

これは、新幹線の標準軌道と在来線の狭軌軌道の異なるゲージを、車軸の長さを自動的に調整して直通運転できるようにした車輌である。

いかにJR四国が新幹線の導入に執着しているかが見て取れる証拠である。

R0028779-1.jpg

南側から見た北館・・・線路に隔たれた両館であるが、南側の広い区域を利用すれば一箇所にまとめることができるのでは・・・と考えてしまう。

R0028776-1.jpg

広場には、ライブスチーム用の線路が埋設されているが、そんなに頻繁に利用するものではないので、利用時のメンテナンスを考えると、そのときだけ敷設するような移動式のものでよかったのではなかろうか。(余計なお世話ではあるが・・・)

[More...]

平成27年初春阿房列車・・・四国鉄道文化館訪問(北館)

(前回からのつづき)

R0028735-1_20150112145330f0a.jpg

平成27年1月3日伊予西条の四国鉄道文化館を訪問した。

正月三ケ日も通常開館しているのがエライ!!

十河信二記念館に並んだ北館と線路を渡った南館とに分かれている。

R0028802-1.jpg

入場は、南北2館の共通入場券で大人300円なり。

R0028748-1.jpg

北館は木造の立派な建造物であるが、床まで木造なので入り口でスリッパに履き替えなければならないのが残念である。  

どうも鉄道施設に土足禁止というのはなんともミスマッチな感じが否めない。

北館の展示車両は、0系新幹線先頭車(21-141)とDF50-1

R0028739-1.jpg

この0系新幹線先頭車は、広窓が特徴の前期型である。
平成12年に引退後はJR四国がJR西日本から譲り受け多度津工場で保存・展示してあったものである。

R0028738-1jpg.jpg

オリジナルなものから改装されて、簡易リクライニングが装備された当時の座席が懐かしいが、1車輌すべてではなく半分に切断された形での保存・展示は些か痛々しい。

[More...]

平成27年初春阿房列車・・・豊浜から伊予西条へ

平成27年1月3日 

いつものように家内の実家にお年賀に伺った翌日は、ついものように気楽な一人旅を楽しむ。

昨年は、高松から宇高国道フェリーを経て帰阪したが、今年は西へと向かう。

午前10時半 今年も出発は、予讃線豊浜駅。 

今年の正月は極めて寒く、火の気のない無人駅の待合室は底冷えがする。

R0028725-1.jpg

10時42分の伊予西条行きの普通列車を待つ。

R0028726-1.jpg

下りの松山行き特急しおかぜ5号を見送った後、ゆっくりとしたスピードで、乗車すべき下り普通列車が長いホームに入線してきた。

R0028732-1.jpg

車両は7000系7020の単行列車。

R0028733-1.jpg

正月3日の午前中はこんな乗車率であろうか・・・1輌でも十分な乗車率である。

R0028734-1.jpg

車窓から穏やかな燧灘を眺めつつ列車は西へと走る。

2015-0103-130540630-1.jpg

たおやかな瀬戸内海とは異なり、反対側の四国山地の石鎚山はすっかり雪化粧である。
年末の四国における大雪被害が思い出される。

[More...]

観音寺での忘れ物

今年の正月家内の実家にお年始に伺ったとき、下車した予讃線・観音寺駅でうっかり見落したものがあった。

予讃線 多度津~観音寺間 開通百周年記念入場券 である。

こんな記念すべき周年祝賀があったことも気づかずに、正月には観音寺駅をスルーしてしまった。

翌日大阪への帰路の途中、高松駅でこの列車を見て気づいた次第だが・・・、

R0028178-1.jpg

帰阪してから調べてみると、大正2年12月20日に同区間が開通しているので、昨年12月20日が100年目にあたる。

また、観音寺駅では、それを記念して記念入場券まで発売していることが判明した。
何度も利用している駅だけに、全く情報が欠落していたことが何とも情けない気分に陥る。

全く縁もゆかりもない駅であれば、さほど気にすることはないのだが、家族のご縁をいただいた小生にとっては大切な駅であるので、もしまだ売れ残っていたら・・・と思い、岳父にお願いして買い求めていただいた。

100周年記念切符_ページ_1

これや!

1月下旬でもまだ入手できたようだ。

西讃の手作り農作物とともに届いたダンボールに入っていた・・・感謝・感謝!お父さんありがとう。


100周年記念切符_ページ_2

高瀬・本山・観音寺のなつかしの駅舎の写真が印刷された入場券の3枚組

100周年記念切符_ページ_3-2

裏面の拡大写真

前掲列車のトレインマークに書かれた文字は小さくて見にくかったが、これでようやく細部まで読めた。





  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

[More...]

交通科学博物館・曝涼展

大阪・弁天町の交通科学博物館が、京都の梅小路蒸気機関車館に併合されて大規模な鉄道博物館になるとの報を受けて、いよいよ閉鎖の時に向けてのラストランとなっていた。

IMG_1136-1.jpg

去る平成25年10月14日鉄道記念日に同館を訪れた。

IMG_1138-1.jpg

その日は、無料開放日であることは、了知していたが、それよりまして収納品の数々が「曝涼展」と称して特別展示されているから訪れた次第である。

IMG_1137-1.jpg

[More...]

リニア・鉄道館の名車輌“ドクターイエローと100系新幹線食堂車”

(前回からのつづき)

少し時代を下げて昭和の後半にタイムスリップ

今回の訪問で是非とも再開を遂げたいと思っていたのが、この車輌

一般的に“ドクターイエロー”と呼称される「新幹線電気軌道総合試験車」の2代目


R0027762-1.jpg

R0027824-1.jpg


昭和57年1月8日に新大阪駅で遭遇したドクターイエローまさにその車輌である。

198201正月817-1

鼻先は、象牙色からミカン色に変わってしまったが、とにかくその再会は嬉しい。

何やら小生もその時の年齢に戻ったようで、血潮が沸き立つ思いがする。


冷静に考えても、試験車輌としても現存しているのはこの車輌くらいのものではなかろうか・・・

[More...]

リニア・鉄道館の名車輌“モハ1系(モハ1035)”

嬉しくも再開を果たした車輌のひとつがモハ1系(モハ1035)

木目正しい山栗色の車体に三等車表示の赤帯が凛々しい。

R0027740-1.jpg


国鉄最古の電車として鉄道博物館で展示されている院電ナデ6141とともに、こういう貴重な車輌が復元展示されるのは誠に嬉しい。

R0027831-1.jpg

[More...]

リニア・鉄道館初訪問

平成25年8月14日お盆の最中ながら三重県の津市に仕事で出向く。

ただ、それだけで戻ってくるのは面白くない。

そこで些少ながら夏休み気分を味わいたくて、少しだけ足を伸ばして名古屋の“リニア・鉄道館”を訪れることとした。

このテーマパークの開設は平成23年春だが、訪れるのはこれが最初である。

R0027728-1.jpg

津からは、伊勢志摩ライナーで名古屋入り


R0027730-1jpg_201308171952198fb.jpg

新幹線ホームが良く見えるあおなみ線を利用して終点の金城ふ頭まで約25分の鉄道の旅。

大阪でいうと、南港のようなところにある。

[More...]

開設40周年の梅小路蒸気機関車館

今年は、本邦鉄道開設140周年にあたるが、鉄道100年を記念して開設された京都・梅小路蒸気機関車館の40周年にもあたる。

その鉄道記念日である10月14日がちょうど日曜日であったので、小学生の息子とともに彼の地を訪れた。

DSC00763-1.jpg

山陰線・丹波口駅までJRを利用する。

DSC00767-1_20121018071501.jpg

旧二条駅駅舎の正面玄関もすっかりなじんできた。

開設当時の入り口はもう少し南側で山陰線の高架下のトンネルをくぐるような感じであったように記憶している。

DSC00768-1_20121018071500.jpg

鉄道記念日なので、今までの経験からきっと入場料は無料ではなかろうか・・・と思っていたが案に違わず無料であった。

[More...]

京丹後リベンジ旅行(その4・久美浜から丹後由良へ)

(前回からのつづき)

北近畿タンゴ鉄道の久美浜駅である。

R0025798-1.jpg


この駅は、平成3年9月に旧久美浜県庁舎玄関棟を模して作られたものと云う事だが、他の簡素な駅と比べると目を瞠るような頗る立派なものである。

そもそも明治元年から明治4年まで存在した「久美浜縣」なるものは、その範囲を丹後・但馬・丹波・播磨・美作の5ヶ国にわたる926ヶ村、23万余石を管轄し、県庁所在地の久美浜は政治経済文化の要所として各地から多くの人が集まり活況を呈していたらしい。

しかし、現在の岡山県の一部である「美作(みまさか)の国」まで含んでいたというのは、現代人の感覚をしても、余りにも広大すぎる。
案の定、たちまち3年後には分割されてその存立期間は短かかった。


なんだか、「堺縣」の顛末を辿る気がして、明治維新期における地方行政の混乱は、このようにあちこちで噴出していたようだ!

そしてこの駅舎はメモリアルゲートとして、先人の英知努力によって築かれてきた貴重な歴史に学び新たな魅力と活力を創出する町民のシンボルとするとともに、丹後国の「西の玄関」としてこの地域の魅力を全国に発信しようとするために建築されたものらしい。

以上、「・・・らしい」の部分は、駅前の解説板の受け売りなり。

R0025791-1.jpg img_1601082_52626952_4.jpg


入口脇には、黎明期の郵便ポスト(書状集箱)が・・・実際に投函できるようだ。

そうなると、日本郵便の郵便回収吏は、やはり教科書に載っていたようなこんな編笠脚絆姿だろうねぇ・・・。

19820915播但・小浜・敦賀010-1

参考:昭和57年当時の久美浜駅 ほんとに何処にでもあるような鄙なる駅だった。



[More...]

京丹後リベンジ旅行(その1・大阪から福知山へ)

毎年9月の第1土日を利用して決まった仲間と旅行をしているが、今年もその時季がやってきた。
もう既に16回の回数を経ている恒例事業だったが、昨年は初めて実施されない年となった。

その理由は、あの奈良十津川・和歌山熊野地方に未曾有の豪雨をもたらした台風12号のために、北近畿にある目的地への鉄道が寸断されあえなく中止の憂き目を見たのだった。
この旅行は、諸般の事情により翌週へ順延とはならないのだ。

今回は、奇しくもその中止された行程を一年遅れで巡る「リベンジ旅行」となった。

(よって前回は2年前の摂氏38度の恵那・明智鉄道を巡る旅となる。)

R0025660-1.jpg

午前7時にJR大阪駅に向かう。

今にも雨が降ってきそうな空模様だが、おかげで残暑は一休みといった感がある。

R0025661-1.jpg

ふと駅前から西のほうに目を転じれば、大阪中央郵便局がこんな姿に・・・もうあの姿を見ることはない。

車内の乾杯用飲料をたっぷり買い込んで、福知山線の4番ホームに上ると、7:34発の特急スーパーはくと1号が入線してきた。

R0025662-1.jpg

何やら見慣れないサインが先頭車に書かれているなあ・・・と思っていたら、ボディーサイドには漫画が描かれてある。

[More...]

土讃線・善通寺より予讃線・豊浜へ向かう

前回からのつづき・・・

DSC00616-1.jpg

善通寺・偕行社にて積年の大願成就を成し遂げた後は、善通寺駅より予讃線・豊浜の小駅に向かう。

ところでこのJR土讃線「善通寺駅」のたたずまいを眺めていると、先ほどつぶさに見学した偕行社の車寄せに雰囲気が随分似ていることに気がついた。

DSC00617-1.jpg

“外観は簡明なルネサンス様式で、正面中央にドリス式角柱と三角ペディメントによる車寄せポーチを構え・・・”との偕行社の説明書と符合する箇所多し。

さてさて如何なるものかと思い、調べてみると・・・・




[More...]

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ

> tags
特急 寝台車 サンライズ スーパーレールカーゴ サンライズ瀬戸 加越能鉄道 氷見線 ネコ電車 高岡 城端線 琴電 高徳線 志度線 長尾線 京浜急行230 コトデン 今橋車庫 高松築港 高松駅 117系 一畑電鉄 大社駅 ムーンライト八重垣 ステンドグラス デハニ 出雲大社前 京阪電車 ライカ ヴォーリズ プレミアムカー モノクロ 近江八幡 スイッチバック 木次線 近鉄 しまかぜ はやぶさ 門司港 下関 さくら ムーンライト九州 JRバス 越美本線 419系 美濃 岐阜 ムーンライトながら 白鳥 レチナ 浪速駅 JR貨物 八幡屋 C56 北びわこ号 C57 智頭急行 鳥取砂丘 日本秘湯を守る会 鳥取 岩井温泉 山陰本線 餘部 はまかぜ 岩美 瑞風 福知山線 青春18切符 城崎温泉 山陰線 エクター Kodak Tesser Ziess シネレンズ 北陸新幹線 ますすし 長野 安曇野 わさび 室堂 立山黒部アルペンルート 破砕帯 黒四ダム 扇沢 アルペンルート 京阪3000系 富山地鉄 立山駅 シグネット コダック スロフ12 タンゴ・デイスカバリー 味めぐりわかさ マヤ 跨線橋 橋本 下市口 熱海 石亭 東海道線 グリーン 新幹線 西鹿児島 ビュッフェ つばめ JR九州 TSUBAME 鹿児島中央 偕行社 金沢 世田谷線 昭和 ルサール ソ連 ラピート 関西空港 モ510 モ770 揖斐線 モ750 名鉄 米原 近江鉄道 彦根 SL ハチロク 人吉 8620 赤うし弁当 温泉 熊本 阿蘇神社 真幸 肥薩線 矢岳 大畑 しんぺい号 吉松 はやとの風 C55 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 ダックツアー 天満橋 水陸両用車 八軒家 高松琴平電気鉄道 徳島線 土讃線 黒野駅 岐阜市内線 C56 臨港貨物線 Leica 阪堺線 スーパーイコンタ 天下茶屋 阪神淡路大震災 阪急電鉄 阪神電鉄 ハスカップ 青森 青函連絡船 混浴 酸ヶ湯温泉 すすきの はまなす しずか 小樽 鉄道 アイアンホース 大勝 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 久世 遷喬小学校 真庭市 姫新線 キハ127 えきそば 蒸気機関車 梅小路 義経号 スーパーはくと 温泉津温泉 サンライズ出雲 薬師湯 温泉津 スーパーおき おとなびパス 山口線 博多 官営鉄道 鉄道遺産 明治 蹴上浄水場 ツツジ 京津線 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 大阪地下鉄 阪急 泉布観 造幣局 大阪環状線 四国鉄道文化館 今治 しまなみ街道 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 P-6 デイ100 大震災 国鉄 神足 向日町 京阪 三条通 蹴上 京都 竹鶴 マッサン 竹原 尾道 湯坂温泉 白市 かんぽの宿 西条 酒蔵 くろんぼ 広島 18切符 臨港線 なみはや大橋 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 叡山電鉄 鞍馬 デナ21 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 連絡船 宇野 万年筆 デルタ 高松 豊浜 予讃線 天保山 桜島 USJ 櫻島線 北港運河 曝涼展 流電 モハ52 明治屋 あべの 蒸気動車 リニア・鉄道館 汽車会社 湯田中 長野電鉄 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 宇部 雀田 新山口 小郡 モ301 大和川橋梁 モ253 大阪 サントリーミュージアム テッサー コンタックス ヤシカ 汐見橋線 山代温泉 グランフロント大阪 レディー・カガ バー 懐石 ホワイトラベル 本線 ズームカー 高野線 汐見橋 南海電鉄 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 保存 大阪市電 吊り手 投書箱 緑木車庫 市電保存館 花園橋 2階建て電車 キハ58 ロングシート 播但線 日野駅 だるま レールバス キャブオーバーバス ボンネットバス キハ7 西大寺鉄道 軽便鉄道 岡山 福井駅 和倉温泉駅 北陸本線 金沢駅 関西文化の日 博物館 丸窓電車 上田交通 梅小路蒸気機関車館 C62 動画 長崎駅 シュプール号 スキー列車 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 橿原 藤原京 奈良 薬師寺 今井町 アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 海上自衛隊 肉ジャガ 舞鶴 ハクレイ酒造 KTR 山椒大夫 由良のと 丹後由良 碧翠御苑 京丹後 久美浜 玉川 観音寺 昭和レトロ 銭形 梅干 善通寺 気動車 キハ07 関東鉄道 梅田駅 大阪市 地下鉄 桃谷 四條畷 片町線 関西鉄道 城東線 忍ヶ丘 桃山 宮崎駅 特急冨士 南宮崎 宮崎空港 鉄橋 日豊本線 大淀川 ジョイフルトレイン大分 宮崎 試作B編成 B編成 試作車 A編成 武器学校 土浦 自衛隊 戦車 旧型客車 長浜 客車 湯村温泉 北近畿 寝台列車 フォトニュース 20系 こだま クロ151 壁面工事 大阪市営地下鉄 鬼怒川 東武鉄道 きぬ けごん オリエント急行 '88 オリエント・エクスプレス 大阪駅 プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり 亀岡 カメラ 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー ビール 大阪ドーム 阪和線 紀勢本線 路面電車まつり 阪堺電鉄 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 北海道 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 小学校 常磐線 境港 レトロ 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 稲田朋美 パーティ ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

RSSフィード

Copyright © ファジー