特急「新雪」でスキーに行こう!

今は昔・・・昭和54年1月30日朝、上野から臨時特急「新雪3号」で一路、上越線・越後中里に向かった。

ウイークディなのでゆったりとした特急の車内では、苗場プリンスホテルの一泊券やリフトの一日券の籤引きが行われた。
残念ながら当籤には至らなかったが、官営の日本国有鉄道にしては本当にユニークな企画だった。

長いループの新清水トンネルを抜けると、最初の停車駅は越後中里である。

19790130越後中里512-1


ここの駅名板の左下の隣接駅を表示している場所には、なにやらボードがぶら下がっている。

    19790130越後中里526-2

これは、スキーシーズンのみに営業する「岩原(いわっぱら)スキー場前」と書かれた駅名板である。

この駅は、読みの長いことでファンには知られていた臨時駅であるが、この写真では字が多いためか、拡大してもよく読めない。


越後中里の東側改札口は、聞いていた通りゲレンデの中にあるのだ。ゲレンデまで徒歩0分である。

スキーをつけたままでも改札口を出られそうな感じである。実際スキーをかかえ、スキー靴を履いたまま改札口を通る乗客が何人もいる。あたかもスキー場のリフトやロープウェイを利用するときのように・・・。


宿屋となる茂倉スキーロッヂからお迎えの自動車がやって来た。

何と真っ赤な雪上車である。驚きながら背の高い雪上車に乗ると、キャタピラをガタガタいわせながら宿屋へ。

また嬉しいことに、宿屋が上越線のスグ隣ときている。食事中や入浴中でも窓の外にEF16や特急ときの往来する姿が目の当たりに望める。 う?満足!


[More...]

関連記事
スポンサーサイト

帝国ホテル120周年にあたって

先日、とある団体の新年賀詞交換会が大阪帝国ホテルであった。

そこで、タクシーを捨てて同ホテルの1階エントランスから入るとそこでは何やら面白そうな催し物をしていた。

R0016836-1.jpg

「帝国ホテル120周年の歴史展」

R0016836-2.jpg

R0016833-1.jpg


帝国ホテルというと、フランク・ロイド・ライト設計によるライト館が夙に有名であるが、それは2代目の建物であり、初代はこんな具合だった。

R0016842-1.jpg

明治23年11月3日 開業

説明書きによると・・・帝国ホテル開業の3週間後の明治23年11月24日国会議事堂が竣工し、翌日第1回帝國議会が召集された。
貴族院議長の伊藤博文は、帝国ホテルに宿泊して国会に臨んでいたが、翌年24年1月20日国会議事堂は一部を除いて焼失し、24日からは仮議場を帝国ホテルに移して3月末に記念すべき第1回帝国議会を無事終了したとのことであった。


そしてそこに展示していた自然石の装飾品が展示してあった。

松に鷹が止まったような模様のある自然石板の謂れが面白い。

R0016837-1.jpg

これは、明治期から長らく貴族院玄関に飾られていたもので、戦後帝国ホテルに移設され賓客用スイートルーム244号室に飾られていたものである。

その後ライト館解体に至るまで、飾られていた明治より現在までの歴史的遺産となっている。


しかし、これははじめて見た! 確かに枝振りの良い老松の下に振り返る鷹の姿が見えるね。

[More...]

関連記事

昭和の絵葉書(1) 東京の空から“Views of Tokyo from the air”

先日記事にした昭和40年前後の絵葉書コレクションから・・・


第1回は、「東京の空から“Views of Tokyo from the air”」を取り上げてみた。

この絵葉書の制作(撮影)年月を特定したいと思っているのだが、ケースには書かれていなく、なかなか難しい。


R0016429-1.jpg

(表紙)皇居と祝田橋附近


R0016731-3.jpg

(表紙-部分)桜田門の懐かしい警視庁の建物や法務省の赤レンガの建物が窺える。

右手前の法曹会館もかなりの年代モノだったが、今でも健在なのだろうか?

お堀沿いに都電の半蔵門線(昭和43年9月29日廃止)が写っている。




R0016430-1.jpg

ケースの裏には、日本交通出版株式会社発行とある。定価は120円


R0016431-1.jpg

またコダック,エクタクロームカラーフイルム使用と明記してあり、自信の程が見て取れる。


[More...]

関連記事

熊野街道の起点を歩く(12) 堺・遠里小野町~花田口

(本シリーズの第1回は→こちら)


早いものでこのシリーズも12回を数えることとなった。

前回の「熊野街道の起点を歩く(11)」は、住吉大社から大和川畔の大阪市最南端の遠里小野までやってきた。


今回はそこからの続き・・・


大和川の南側に渡り、阪堺電車の大和川駅の東にある遠里小野橋が堺市の最北端である。

R0016672-1.jpg


川向こうには大阪市住吉区に遠里小野という地域があるが、実はこの堺市にも同名の地域がある。

R0016673-1.jpg

大和川にかかる同名の橋の南詰辺りに「遠里小野町」がある。後に「町」がついて、大阪市の地名とは区別しているようだ。

R0016921-1.jpg


そこからしばらく府道「大阪和泉泉南線」を南下し途中から左折して南海高野線・浅香山駅の方へ行く。

R0016676-1.jpg

駅裏の寂れた公園・・・今時危険だ何のといって姿を消した回転遊具(回転ジャングルジム)が現存していた。

この周囲には遊ぶべき子供がいないのか(いや、遊具の下の土の色が違うので利用者はいるようだ!)、行政や自治会がやる気がないのか不明であるが・・・この古色に彩られた遊具には凄みすら感じるね。


チープな橋上駅である浅香山駅・南の線路を渡り浅香山病院の脇をさらに南に進む。

R0016678-1.jpg

大阪市内と違って堺市内に入ってからは、熊野街道を示す石標は全くなく、地形や古人の言い伝えなどを頼りに進むしかなく、甚だ心もとない。

R0016681-1.jpg

そうしているうちに前方に高くて長いコンクリート塀が目に入ってきた。

[More...]

関連記事

昭和遺産の阪堺電車と明治遺産の大和川橋梁

シリーズ化している「熊野街道の起点を歩く」の大和川以南の取材のために、平成21年12月29日阪堺電軌鉄道の天王寺駅前の歩道橋に立つ。

R0016653-1.jpg

旭町の更地は、すでに多くの鉄骨が立ち、大規模開発の様相を呈し始めた。

R0016652-1.jpg

一方東側の近鉄百貨店はもうすっかり取壊されたようで、敷地内にクレーンの首の部分だけが覗いている。

R0016712-1.jpg

この開発工事に伴い、この歩道橋の南西大階段も閉鎖されるようだ。


この時期の阪堺電車は、正月の住吉詣での多客をこなすために大増発される電車の慣らし運転が行われている。

いつもはひがな一日我孫子道の車庫で昼寝をしている、日本最古の営業車輌モ161形(昭和3年製)の元気な姿が見られるかも・・・と出かけたのだった。

R0016659-1.jpg

いきなり姫松電停では、旧南海大阪軌道線色のモ163に出会う。


[高画質で再生]

古豪モ163の走行シーン

豪快な吊掛けモーター音も轟轟と・・・矍鑠たるものである。

[More...]

関連記事

柘植駅附近の様子とD51伊賀号

・・・引き続き昭和47年5月の風景



腕木信号機と「ハエタタキ」と称する電信柱が林立する柘植駅西方・・・空に向けて林立するモノドモが何とも面白うてならぬ。

19720528関西線柘植駅869-1

草津線の普通列車が往く


この当時の鉄道ファンはさまざまのスタイルがあった。

カメラを向ける者、草叢に座って列車の往来を只眺めている者、目の前を通過する列車の形式・番号を必死にメモする者など多彩だった。

一ついえることは、昨今の鉄道ファンのような血眼の形相でカリカリした者はひとりもおらず、のんびりしたものだった。


19720528関西線柘植駅870-1

これは、湊町行きの下り急行「かすが2号」

19720528関西線柘植駅868-1

これだけの腕木信号が並ぶと壮観である。 そして、これを操作するのは極めてアナログなワイヤーケーブルによる人力転轍機ゆえ、それを操作するケーブルが数多く足元を走っている。

[More...]

関連記事

昭和47年 柘植機関車駐泊所の賑わい

前回からのつづき・・・

草津線経由で目的地である柘植(つげ)駅に到着

R0016540-1.jpg


19720528関西線柘植駅875-1

駅構内の様子 加太方面を望む

19720528関西線柘植駅876-1

19720528関西線柘植駅877-1

列車を待つハイキングの親子連れの後ろをD51がシュポシュポと通過していく・・・いつもどおり普段の風景

19730202柘植938-1
 
草津⇔柘植のサボが見受けられるので、それなりに客車列車の運用があったように思われるが、昭和47年10月改正後の時刻表を見ると草津1202発→柘植1255着の722レの上りの一本しか見当たらない。

R0016926-1.jpg

R0016925-1.jpg



因みに、手許のファジーコレクションでは、裏表で行き先を示しているものが一枚ある。

R0014800-1.jpg

R0014801-1.jpg

一方京都⇔柘植の定期運用は、上記のものより多く、一日2往復の運転があった。

したがってこのサボは、それらの列車が廃止になってから中古市で一般販売されたものだから、それほど古いものでも珍しいものでもなさそうだ。



さてさて、この駅は、関西本線と草津線との分岐駅にして、東に加太越えを控えてSLの往来豊かなパラダイスである。

19720528関西線柘植駅878-1

奈良庫のD51は、すべて煙突には、烏帽子のような集煙装置を被り、背中のドームの後ろには重油タンクを備えており、その姿は秀麗というよりまさしく働く現役機関車の面構えであった。

19720528関西線柘植駅879-1

そのような重装備のD51が前引き後押しして貨物列車を東へと運んでいく。

[More...]

関連記事

草津線はD51832の客レに乗って・・・

昭和47年5月28日 ピカピカの中学1年生だった頃のお話

中学入学とともにクラブ活動は、迷わず「鉄道研究部」を選択した。


その後、充実の鉄道三昧の6年間を送ることとなるのだが・・・これは、最初の「部活」である鉄道旅行だった。



大阪から東海道線で草津まで行き、草津線で柘植に出て、SL伊賀号で関西線を天王寺に戻るというループコースである。


19720528関西線柘植駅893-1
(D51885)

ど真ん中に架線柱を入れたナイスショット・・・写真の腕はとにかく、当時の東海道線草津駅にはこのように普段着のSLが往来していた。

また、線路内に降りての写真撮影がお咎めもなく出来た良き時代だった。


野球帽や登山帽をかぶった同級生が写りこんでいる。これも当時の一般的な風俗ではなかっただろうか。


19720528関西線柘植駅892-1

EH10の単機回送もやってくる。(EH1014)  ホームには荷物の山が見える。


19720528関西線柘植駅894-1

草津13時15分発の柘植行き列車は、京都仕立てのもの。京都?草津は、EF58128が牽引する。

ここで牽引機が交代する。

19720528関西線柘植駅896-1

この先の草津線は、D51832が務める。

(この機関車は昭和43年に亀山区から奈良機関区に転属していたが、この後ほどなく昭和47年11月7日に廃車となった。)

R0016539-1.jpg


[More...]

関連記事

昭和57年正月風景アラカルト

昭和57年といえば、今から思えば社会人になった年である。

モラトリアムの大学生活もあっという間に終わり、厳しい世間に放り出された年だった。

そんな大学生活終焉に近い昭和57年のお正月風景・・・相変わらずあちこち出かけては写真に撮っていたようだ。

198201正月804-2

当時の自家用車はこれだった。  日産ローレル・セダン(2nd C130型)

正月には注連縄を吊るし事故のないことを祈ることは珍しいことではなかったが、最近は注連縄付の自動車は、トンと見ないねえ。

ドライバーは実弟だけと、今とは随分雰囲気違うなあ。


198201正月816-1

街中のガソリンスタンドにて・・・ダイハツ・ミゼットを見つけた!


198201正月805-1

阪急32番街からの眺望・・・戦時中にできた3代目大阪駅本屋が取壊され、4代目となるアクティ大阪が建設中

R0016411-1.jpg

これは、同じ場所から平成21年11月末に撮ったもの

あまりの違いに地元民でもびっくりだわ!!  現在の方が、街が狭く見えて仕方がない。

[More...]

関連記事

天保山から夕陽を撮る

大阪・天保山マーケットプレイスから海に沈む夕陽が眺望できるという事は、周知のところであるが、大阪港の左右の灯台の間いわゆる大関門に沈む夕陽が見られる期間は一年でも極僅かである。

クリスマスから年始にかけてといわれているので、天気の具合を見ながらトライしてみた。

この時季は西風か兎に角強く、強風対策と寒さ対策が大切である。


寒さ対策としては、防寒着はもちろん手袋、カイロは必須であり、体内から温めるアルコールを持参するとなお良い!

また望遠レンズを用いるので三脚が必要だが、やわな三脚だと強風にあおられるとカメラが揺らされるので、とにかく丈夫なものが必要である。


さてさて、前置きはそれくらいにして、今回の成果は下記の通り。




第1回 12月27日(日)

IMG_4215-1.jpg

普通の寒さだったが、モヤがかかってあえなく失敗


次のトライは・・・

[More...]

関連記事

YouTubeで見つけたもの

正月休みで、パソコンから離れている時間が長くなっている。

自分で撮影したものでないものを記事にするのは、甚だ気が引けるが、正月休みということでご容赦願いたい。





ある日、何かの拍子でYouTubeにたどり着いたとき、あれこれ見ているうちに面白いものを見つけた。




指導をうけているのは、姿三四郎の若き藤田進ではないかな。

中ほどから始まる2本の列車の並走シーンは、今となっては夢また夢の物語だ。




国防婦人会の女性は、永遠の処女・原節子では・・・?

これらは、映画「指導物語」(昭和16年)の一シーンである。

この映画は、東宝により公開された日本映画である。国鉄の老機関士と鉄道連隊の若い機関特業兵との蒸気機関車の運転の指導を通じた心の交流を描いたものだ。戦時色一辺倒の時代、苦労して作成されたものと思われる。

鉄道研究家の久保田博は、この映画を「この作品以上に蒸気機関車を良く撮られた映画はない」と高く評価し、「この映画の主人公はC58である」と述べているが、むべなるかな。

また、木造客車ナハ22000形の動画もこれまた貴重な映像である。

[More...]

関連記事

平成22年 謹賀新年

2010年賀994-1
いつの間にかまた正月が巡ってきた。 数え年であればまた年齢を重ねることとなる。

昨年はひどい不景気で、いまだかつて経験したことのない不況だった。

毎年書道教室で娘が書いてくるカレンダーの一文字については、昨年平成21年のものは、「」だった。

残念ながら文字通り・・・開店休業状態の一年となった。


しかしながら、とまれかくまれ元日を家族一同息災で迎えることが出来たので「吉」としなければならないであろう。



  今年の一字は「柊・ヒイラギ」・・・彼女も、ようやく季節感を感じる文字を書いてくれるようになった。

R0016314-1.jpg


今年は、冬の時代が続くのではなくて・・・鰯の頭も併せ供えて、悪霊退散といきたいところだ!


・・・どなたさんも今年一年が素晴らしいものになりますように GOOD


      平成二十二年  元 旦                         不 爾

2010年賀995-1




 お年玉は、ぽちっとね♪

関連記事

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
新幹線 石亭 グリーン 熱海 東海道線 つばめ ビュッフェ JR九州 TSUBAME 西鹿児島 鹿児島中央 偕行社 金沢 ライカ 昭和 ソ連 世田谷線 ルサール ラピート 関西空港 モ510 名鉄 モ770 揖斐線 モ750 米原 近江鉄道 彦根 北びわこ号 SL C56 8620 赤うし弁当 ハチロク 人吉 熊本 阿蘇神社 温泉 真幸 矢岳 肥薩線 大畑 しんぺい号 C55 吉松 はやとの風 霧島温泉 鹿児島 鹿児島市電 九州新幹線 天満橋 ダックツアー 八軒家 水陸両用車 高徳線 高松琴平電気鉄道 徳島線 土讃線 コトデン 岐阜市内線 黒野駅 C56 Leica 臨港貨物線 スーパーイコンタ 天下茶屋 阪堺線 阪急電鉄 阪神淡路大震災 阪神電鉄 ハスカップ はやぶさ 酸ヶ湯温泉 青函連絡船 混浴 JRバス 青森 寝台車 すすきの はまなす 鉄道 しずか 小樽 大勝 アイアンホース 札幌 湯原温泉 砂湯 八景 遷喬小学校 真庭市 久世 キハ127 えきそば 姫新線 蒸気機関車 梅小路 義経号 温泉津温泉 サンライズ出雲 スーパーはくと 温泉津 薬師湯 山口線 おとなびパス スーパーおき 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京阪電車 京津線 蹴上浄水場 ツツジ 大阪地下鉄 地下鉄サリン事件 平成7年 特別警戒実施中 阪急 泉布観 大阪環状線 造幣局 四国鉄道文化館 今治 しまなみ街道 アセチレン カーバイド 交通科学博物館 EF52 デイ100 P-6 大震災 神足 向日町 国鉄 京阪 京都 蹴上 三条通 竹原 尾道 竹鶴 マッサン かんぽの宿 白市 湯坂温泉 酒蔵 西条 くろんぼ 18切符 広島 浪速駅 なみはや大橋 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 デナ21 鞍馬 叡山電鉄 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 高松 デルタ 万年筆 連絡船 宇野 予讃線 豊浜 桜島 天保山 櫻島線 北港運河 USJ 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 蒸気動車 汽車会社 リニア・鉄道館 湯田中 角屋ホテル 長野電鉄 屋代線 大阪国際空港 宇部 小郡 新山口 雀田 モ301 大和川橋梁 モ253 大阪 サントリーミュージアム テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 レディー・カガ 山代温泉 グランフロント大阪 懐石 ホワイトラベル バー 高野線 本線 ズームカー 南海電鉄 汐見橋 太平洋戦争の痕跡 機銃掃射 福島 地下工事 大阪市電 保存 投書箱 吊り手 花園橋 緑木車庫 市電保存館 2階建て電車 播但線 ロングシート キハ58 だるま 日野駅 レールバス ボンネットバス キャブオーバーバス 岡山 西大寺鉄道 軽便鉄道 キハ7 福井駅 和倉温泉駅 金沢駅 北陸本線 博物館 関西文化の日 丸窓電車 上田交通 動画 C62 梅小路蒸気機関車館 特急 長崎駅 スキー列車 シュプール号 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 藤原京 橿原 奈良 今井町 薬師寺 近鉄 舞鶴 海上自衛隊 北近畿タンゴ鉄道 アテンダント 肉ジャガ 丹後由良 山椒大夫 ハクレイ酒造 由良のと KTR 京丹後 碧翠御苑 久美浜 玉川 昭和レトロ 銭形 観音寺 梅干 善通寺 キハ07 気動車 関東鉄道 大阪市 地下鉄 梅田駅 桃谷 桃山 城東線 四條畷 関西鉄道 片町線 忍ヶ丘 南宮崎 宮崎空港 宮崎駅 特急冨士 大淀川 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 日豊本線 宮崎 試作B編成 B編成 A編成 試作車 自衛隊 土浦 戦車 武器学校 旧型客車 長浜 北近畿 客車 はまかぜ 湯村温泉 福知山線 寝台列車 フォトニュース 20系 クロ151 こだま 大阪市営地下鉄 壁面工事 東武鉄道 鬼怒川 けごん きぬ オリエント・エクスプレス '88 大阪駅 オリエント急行 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり カメラ 亀岡 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 跨線橋 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 阪神 野上電鉄 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 北海道 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 関西本線 D51伊賀号 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 レトロ 境港 鳥取 智頭急行 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 白浜 上湯温泉 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 九州鉄道記念館 門司 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー