「続・九州鉄道記念館」


 (前回からのつづき)




本館は九州鉄道の本社屋がそのまま利用されている。




明治24年築だ。











裏の国道3号線側からも全体を撮る。



(きっと当時はこちらが正面だったのだろう)






九州鉄道といえば、「或る列車」を思い出す。

同社が明治39年にアメリカのJ.Gブリル社に、豪華客車5輌一編成を注文したが、渡来する頃には九州鉄道会社が国営化されていた。到着した客車は、極めて豪華であったが、大した使い道なく全国流浪して消え去った。という哀れな物語である。

確か片町線の放出駅にもその一輌が暫く留置されていたことがあった。とか聞いたことがある。






「陸蒸気からひかりまで」にそのイラストがある。






これが「或る列車」5輌の全貌・・・窓の上にある飾り窓は緑色だったらしい。






 




(閑話休題・・・それはさておき)




 




屋内の展示物の白眉は明治42年製の三等客車・・・チブ37







鉄道院が47両製作した客車の37番目で、昭和4年に大分県の耶馬渓鉄道に譲渡したもの。




昭和46年まで現役であったが、その後、大分県中津市の汽車ポッポレストランで利用されていた。

当館オープンとともに寄贈され、当時の姿に復元された。



しかしよく残っていたなあと感心しきり。




非常に貴重な車両である。

加悦鉄道のハ4995と比べるとオープンデッキになっているし、かなりモダンな感じがするね。




車内に立ち入れるのがありがたい。



畳敷きの座席だと走行時かなりお尻に響いたことだろうね。




ここでもあの「おしりかじり虫」がなにやら活躍中。




 




建物の2階からの関門海峡を望む



背の高い建物がやや眺望を遮るが、門司港駅(旧門司駅)の華やかなりし時代は如何ばかりか・・・と想いを馳せる。




ああ、見たいものが充分見られたので満足・満足。




記念館には約1時間滞在し、門司港駅に戻る。






 




途中記念館入口前に「バナナの叩き売り発祥の地」の標識発見。



しかし、いろんなコダワリがあるものだ。と感心する。











重要文化財の門司港駅は、やはり特別な駅舎だと思う。

外観はもとより、中に入ったとたん他の駅にはない雰囲気が漂っている。空間の処理が特殊だ。

(しかし、12月中旬でもう門松ですかあ。ちと性急な気が・・)






広いエントランスに立ち入ると左右に切符売り場や待合室がある。






(この飾りは何だ?近々ある耶蘇教の祭飾りらしい。)




その向こうに改札口があるわけだが、そこは建物内にあるのではなく、本屋の外にある。







だから改札口の左右には外に抜ける通路が伸びている。




右側には下関(馬関)からの連絡船の旧連絡通路、そして左側には駅長室や事務室が並んでいる。







その通路をさらに左側にすすむと別棟の便所がある。



外部からの利用もOK。門司港駅に行ったときには是非訪れたいところ。




ここの便所はなんといってもこの水盤がいい。



風格あるもので、戦時中の金属供出も免れた逸品である。






便所とは別棟に洗面所も設置されていて、当時の賑わいが偲ばれる。






この駅員の制服も他の駅とは違うレトロなものだ。詰襟に金ボタンがいいね。






(上記改札口の写真をアップ)

帽子と腕回りの金筋(すじ)ラインは職級を示すもの。1本線は職員、2本線は駅助役、3本線は駅長ただ1人だ。




 






0哩標・・・ここが九州の玄関口であることを物語っている。




広くて長?いプラットホームもココならでは。



電車が到着してこのホームに足を下ろすと、途端に「ああ、門司港駅にやってきたぞ。」という感情が湧く。

そんな特別な気持ちにさせるホームである。












帰路、門司港からの普通列車の中で、携帯iモードのエキスプレスE予約を通じて小倉駅からのひかりレイルスターの座席を指定する。(便利になったものだ)




小倉では、がんこずしのオヤジのような、いかつい容貌の「リレーつばめ」が停車中。







九州新幹線が全線開通するとこの列車は一体どうなるのだろうか?










17時17分ひかりレイルスター474Aが入線してきた。






包み紙が気に入って小倉のキオスクで買ったソーセージ




・・・しかし車中でよく見れば・・・製造者は、なんと山口県長門市・・・。




「つばめ」と全然関係ないではないか!!




ああ、騙されたあ。














  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

関連記事
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
東海道線 新幹線 グリーン 熱海 石亭 JR九州 ビュッフェ つばめ TSUBAME 西鹿児島 鹿児島中央 金沢 偕行社 世田谷線 ライカ ルサール ソ連 昭和 ラピート 関西空港 モ770 モ750 モ510 揖斐線 名鉄 米原 彦根 近江鉄道 SL 北びわこ号 C56 赤うし弁当 8620 ハチロク 人吉 阿蘇神社 熊本 温泉 真幸 大畑 矢岳 しんぺい号 肥薩線 はやとの風 C55 吉松 鹿児島 霧島温泉 鹿児島市電 九州新幹線 天満橋 八軒家 ダックツアー 水陸両用車 高松琴平電気鉄道 土讃線 高徳線 徳島線 コトデン 黒野駅 岐阜市内線 C56 Leica 臨港貨物線 スーパーイコンタ 阪堺線 天下茶屋 阪急電鉄 阪神淡路大震災 阪神電鉄 ハスカップ はやぶさ 青函連絡船 JRバス 混浴 酸ヶ湯温泉 青森 はまなす 寝台車 すすきの しずか 小樽 アイアンホース 鉄道 大勝 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 久世 遷喬小学校 真庭市 えきそば 姫新線 キハ127 義経号 梅小路 蒸気機関車 スーパーはくと 温泉津温泉 サンライズ出雲 温泉津 薬師湯 おとなびパス スーパーおき 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 京阪電車 ツツジ 蹴上浄水場 大阪地下鉄 平成7年 地下鉄サリン事件 特別警戒実施中 阪急 造幣局 大阪環状線 泉布観 四国鉄道文化館 しまなみ街道 今治 カーバイド アセチレン EF52 交通科学博物館 P-6 デイ100 大震災 神足 国鉄 向日町 京阪 京都 三条通 蹴上 マッサン 竹原 尾道 竹鶴 湯坂温泉 白市 かんぽの宿 西条 酒蔵 くろんぼ 18切符 広島 なみはや大橋 浪速駅 臨港線 阪神電気鉄道 阪神電車 南海 なんば駅 貴志川線 タマ駅長 叡山電鉄 デナ21 鞍馬 木津川駅 南海高野線 阪堺電車 高松 デルタ 万年筆 宇野 連絡船 豊浜 予讃線 天保山 桜島 櫻島線 北港運河 USJ 曝涼展 モハ52 流電 明治屋 あべの 蒸気動車 汽車会社 リニア・鉄道館 湯田中 角屋ホテル 長野電鉄 屋代線 大阪国際空港 小郡 新山口 雀田 宇部 モ301 モ253 大和川橋梁 サントリーミュージアム 大阪 ヤシカ テッサー コンタックス 汐見橋線 レディー・カガ 山代温泉 グランフロント大阪 バー ホワイトラベル 懐石 ズームカー 高野線 本線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 保存 大阪市電 投書箱 吊り手 2階建て電車 緑木車庫 市電保存館 花園橋 ロングシート キハ58 播但線 日野駅 レールバス だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 岡山 キハ7 西大寺鉄道 軽便鉄道 福井駅 金沢駅 和倉温泉駅 北陸本線 博物館 関西文化の日 上田交通 丸窓電車 動画 梅小路蒸気機関車館 C62 特急 長崎駅 シュプール号 スキー列車 原鉄道模型博物館 沼津魚がし鮨 薬師寺 橿原 奈良 藤原京 今井町 近鉄 北近畿タンゴ鉄道 舞鶴 アテンダント 肉ジャガ 海上自衛隊 丹後由良 ハクレイ酒造 由良のと 山椒大夫 KTR 久美浜 玉川 碧翠御苑 京丹後 観音寺 銭形 昭和レトロ 善通寺 梅干 キハ07 関東鉄道 気動車 大阪市 梅田駅 地下鉄 桃谷 城東線 桃山 忍ヶ丘 関西鉄道 片町線 四條畷 特急冨士 宮崎駅 南宮崎 宮崎空港 宮崎 大淀川 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 日豊本線 試作B編成 試作車 B編成 A編成 戦車 土浦 自衛隊 武器学校 長浜 旧型客車 福知山線 北近畿 客車 はまかぜ 湯村温泉 寝台列車 20系 フォトニュース クロ151 こだま 大阪市営地下鉄 壁面工事 きぬ 東武鉄道 けごん 鬼怒川 '88 オリエント急行 オリエント・エクスプレス 大阪駅 プルマン エーデル丹後 マイテ49 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり 亀岡 カメラ 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 追手門学院 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 阪和線 紀勢本線 路面電車まつり 阪堺電鉄 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 北海道 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 関西本線 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 鳥取 智頭急行 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 白浜 上湯温泉 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 稲田朋美 パーティ ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー