「棄景・・・弁天埠頭」


今日は、少し趣向を変えて船舶ネタをひとつ。


現在のレポートなのだが、なぜか昔の出来事のような気がしてならないのだ・・・





JR大阪環状線の弁天町駅北へ徒歩15分のところに弁天埠頭という客船ターミナルがある


・・・いや、あった


?


昭和の終わりまで、四国・九州への船旅の一大出発ターミナルだった。



四国・高松にはここから船便で行くか、岡山・宇野まで鉄道で行って、その後は宇高連絡線で瀬戸内海を渡るしかなかった。

おかげで、その当時終日往来客絶えず、ターミナルの灯りは煌々と光を発し、殷賑を極めていた。


バスやタクシーが頻繁に行き来し、「白タクご用心」などの立看板もあった。


新婚旅行のカップルを乗せて、くれない丸・まや丸が別府航路を行き来していたことが懐かしい。


高松航路の加藤汽船は少し小さめの「ぐれいす」「はぴねす」だった。


 


どこの小学生だろうか・・・団体で乗り込むぞ(昭和46年)



最後尾のデッキでなんだか楽しそうだね。


 


手許にある昭和53年の時刻表を見ると一日一便加藤汽船も運航している



時間はかかるが、大阪?高松が1500円とは、当時でも破格のメチャ安である → だから存在価値があった → しかし会社がやっていけなくなった → 倒 産▼


でもこのめちゃくちゃな到着時刻は何だ。特に高松到着の4時50分!!


到着後朝までは船内で寝ていてよかったらしいが・・・。


 


 


関西汽船の別府航路もまだまだ健在だ。



2等・特2・1等と運賃が2倍3倍になっている・・・昔の鉄道省の3等・2等・1等と同じじゃないか。


新婚さんは、無理しても特等の個室を予約とって、二人だけの世界を楽しんでもらわなくっちゃ・・・


別府到着まで15時間もあるんだから・・・


1等と特等は、船内フロアーも一般客と区別してあり、静かにゴージャスな船旅が楽しめた。


また、パーサーによって、ベッドの上に毛布で鶴と亀がこしらえてあったりして、好かったね。


ああ・・風情があったなあ。


 


 


しかし、昭和の終焉とともに天保山や南港にその地位を譲った後は、徐々にターミナルとしての機能を失っていった。そして、平成7年2月に関西汽船・弁天埠頭発別府行き航路の廃止を最後に、弁天埠頭はターミナルとしての役割を終えた。

しばらくは建物内の店舗も細々と経営していたが・・・



現在では関西汽船の事務所(案内所)が残されているだけで、


すべての店舗は閉鎖されていて、




一部貸事務所として使われているのみとなっている。


(二階の扉部分は、いわゆるトマソン物件「高所ドア」だな。)


 



1階入り口から内部をみると・・・暗~い


 



いまでは、桟橋部分も閉鎖されて立ち入り禁止。




加藤汽船のターミナル入口を見てみよう。



入口は・・・もう何年も開かれたことがないようだ。


芸術的なホコリのつき具合だ。ヘンな落書きすらない所を見ると、ほんとに人がやって来ないんだ。



 



このシャンデリアも再びその輝きを取り戻すことはないのだろうか・・・


 



桟橋側の通路も駐車場と化している。



船体にお日様マークをつけたサンフラワーも昔はここに着岸してましたよ。


そんなターミナルの玄関の脇に、一枚の茶色に変色した市内案内地図が残っている。



ほとんど何が書かれているか分からなくなっている。


置かれているのか?それとも捨てられているのか?・・・それさえも定かでない。


右側に「大阪」の文字がかすかに残っているので、大阪の案内板だったんだろうね。


また隣のトイの朽ち加減が、実にいい対比を見せているね。


 


こんなもの隅々まで凝視する奴のほうがおかしいかもしれないが、よくみると万博の箇所があとから塗りつぶされている。それも思いっきりヘタクソに・・・。


 


以前のブログで載せた大阪万博の鉄道地図と同一のものがそこにあった。



新幹線は新大阪までしかないし・・・

阪神北大阪線も描かれている。これは、天六から野田阪神までの路面電車だ。



金魚鉢といわれた名車が活躍していたなあ・・・・。



 


ということは、この案内地図板、38年前からここに鎮座していることになる。


ひえっ。


南海・汐見橋駅の鉄道地図ほどではないにしても、これだけの期間風雨にさらされていながらいまだにその存在をアピールし続けている様は、凄まじい。


見習わなくては・・・。




 


鳥瞰図・・・



この安治川の向こう岸、いわゆる右岸(写真の左上)、には今やUSJが開設され、毎日遠来から多くの観光客を受け入れているが、左岸のココには誰もやって来ない。




いわゆる昭和とともに取り残された棄景である。



 


書いていると段々悲しくなってきたので、


最後に・・・


このターミナルが華やかなりし頃の夜景を載せてレポート終わり。



 


弁天埠頭









  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

     1日1回 ぽちっとね♪

関連記事
スポンサーサイト

Comment

2008.07.15 Tue 09:54  |  ぐれいす・はぴねす

とてもイイ文と写真だね。しかし、彼女達(ぐれいす・はぴねす)は良くやったよ。関西汽船に高松まで対抗してさ。修学旅行(わかば丸)、新婚旅行(こばると丸)とどちらも関汽だった。子供の頃から気になっていた、黄色い船=加藤汽船に初めて乗船したのは、高校を出た昭和46年の就職前の2月でした。ビリー・ボーン楽団の「波路はるかに」が船内に流れ、高松4時50分入港、結構ですよ。土庄3時30分で、そんな時間に連絡の福田行きの小豆島バスがあるのが不思議だったですぜ親分。アバヨ。

  • #-
  • 堀井康弘
  • URL

2008.07.15 Tue 10:56  |  

*堀井さん。コメントありがとうございます。
瀬戸内航路華やかなりし当時のことをよくご存知ですね。
土庄の到着時刻に合わせた真夜中の乗合バスの存在までは知りませんでした。
37年ぶりの驚きです。

2014.08.29 Fri 07:02  |  Re: 真夜中の乗合バスの時刻表

> 土庄の真夜中の乗合バスについては、よろずやさんの「フォト蔵」の中でその証拠となる時刻表を御紹介いただきました。
> 確かに4時00分発の福田行きです。
> 【下記参照】
> http://photozou.jp/photo/show/245505/53125385

よろずやさんのコメント/表左上坂手3時発土庄行きは関西汽船深夜便対応、
表中上土庄4時発福田行き(北廻り線)は加藤汽船対応。
びっくりは現在1日5往復しかない大鐸(おおぬで)線も20時台以外毎時計15便があった!

  • #-
  • ファジー
  • URL

2016.09.12 Mon 19:56  |  

このブログを参考に、昨日いってきましたところ、関西汽船のビルが9月下旬より取り壊しになるようです。既に屋根上の大看板は無くなっていました。

2016.09.18 Sun 22:52  |  *石塚さん こんにちは

コメントありがとうございます。
すでに加藤汽船のターミナル部分は取り壊され、関西汽船の大看板も撤去されているのは確認していますが、いよいよ全体の取り壊しですか・・・。昭和の棄景のひとつがなくなりますね。さてさてその後は何になるのでしょうか?

  • #UXr/yv2Y
  • Fuzzy
  • URL
  • Edit

2017.03.15 Wed 09:50  |  

先日からここのすぐ近くにナッチャンworldが着岸中のようですので。
まず、加藤汽船は倒産なんかしてません。
当乗り場発着の客船便廃止後、大阪側のターミナルを南港に移し、土庄東-高松行きのフェリーを運航してました。
'60年代からはぴねす/ぐれいすでのデイリー運行、はぴねすは'86年で退役し代わりに東海汽船よりふりいじあ丸を購入、これをはぴねす2として運行。従来船よりかなり大柄で当時の土庄港には入港出来ず、隔日で土庄東港に入港してました。
年'90年にぐれいすも退役し、下りが昼行の1隻運行に。それはフェリー化後も同様でした。
南港発着フェリーは短期間で終わったのですが、それ以前から関西汽船と共同運行していたジャンボフェリーはその後も継続運行。関西汽船撤退後も単独で継続し、現在は子会社の(株)ジャンボフェリーに業務譲渡されています。
高松築港乗り場は高松駅隣接でしたから4:50に到着してすぐ下船しても居場所に困るような事は有りませんでした。
乗客は高松へ行く人だけじゃなく松山/高知方面へ向かう人も多く居てどちらも3時間コースでしたから、目的地に午前中に着くこと考えたらむしろ妥当な着岸時刻でした。
現在、船会社としての加藤汽船は関空-神戸空港ベイシャトルの受託運行くらいですが、会社としては持ち株会社、ホールディングス的な存在です。
それと関西汽船の就航船ですが、くれない丸の遼船はむらさき丸です。
この姉妹を皮切りに3000㌧級純客船(関汽用語で観光船)が3ペア6隻建造されました。
まや丸と言うのは´うちは客船会社`と腰の重かった関汽がようやく作ったフェリー。
「乗用車フェリー」と名乗りトラックは乗せず乗用車が少数載せられるだけでした。
このまや丸の遼船はゆふ丸です。
ですから、くれない丸とまや丸はペアではありませんし、ゆふ丸/まや丸の頃は既に「別府へ新婚旅行」の時代ではありませんでした。
以上、失礼な内容で申し訳ありませんが。


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
JR九州 TSUBAME ビュッフェ つばめ 西鹿児島 鹿児島中央 金沢 偕行社 世田谷線 昭和 ライカ ソ連 ルサール 関西空港 ラピート 揖斐線 名鉄 モ510 モ750 モ770 彦根 米原 近江鉄道 C56 北びわこ号 SL 8620 人吉 赤うし弁当 ハチロク 温泉 熊本 阿蘇神社 大畑 しんぺい号 矢岳 真幸 肥薩線 C55 吉松 はやとの風 鹿児島 霧島温泉 鹿児島市電 九州新幹線 天満橋 八軒家 水陸両用車 ダックツアー 高徳線 徳島線 高松琴平電気鉄道 土讃線 コトデン 黒野駅 岐阜市内線 C56 Leica 臨港貨物線 天下茶屋 スーパーイコンタ 阪堺線 阪神電鉄 阪神淡路大震災 阪急電鉄 新幹線 ハスカップ はやぶさ 青森 青函連絡船 酸ヶ湯温泉 混浴 JRバス 寝台車 はまなす すすきの 鉄道 小樽 しずか 大勝 アイアンホース 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 真庭市 遷喬小学校 久世 姫新線 えきそば キハ127 梅小路 蒸気機関車 義経号 サンライズ出雲 温泉津温泉 スーパーはくと 温泉津 薬師湯 スーパーおき おとなびパス 山口線 博多 明治 官営鉄道 鉄道遺産 京津線 京阪電車 ツツジ 蹴上浄水場 大阪地下鉄 平成7年 特別警戒実施中 地下鉄サリン事件 阪急 泉布観 造幣局 大阪環状線 四国鉄道文化館 今治 しまなみ街道 アセチレン カーバイド EF52 交通科学博物館 P-6 デイ100 大震災 向日町 国鉄 神足 三条通 京都 京阪 蹴上 竹鶴 竹原 マッサン 尾道 かんぽの宿 湯坂温泉 白市 西条 酒蔵 くろんぼ 広島 18切符 なみはや大橋 臨港線 浪速駅 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 デナ21 叡山電鉄 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 デルタ 高松 万年筆 宇野 連絡船 予讃線 豊浜 桜島 天保山 北港運河 櫻島線 USJ 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 汽車会社 リニア・鉄道館 蒸気動車 角屋ホテル 長野電鉄 湯田中 屋代線 大阪国際空港 小郡 宇部 雀田 新山口 大和川橋梁 モ301 モ253 サントリーミュージアム 大阪 テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 グランフロント大阪 山代温泉 レディー・カガ バー ホワイトラベル 懐石 本線 ズームカー 高野線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 投書箱 吊り手 緑木車庫 花園橋 市電保存館 2階建て電車 播但線 キハ58 ロングシート レールバス だるま 日野駅 キャブオーバーバス ボンネットバス 岡山 軽便鉄道 キハ7 西大寺鉄道 福井駅 和倉温泉駅 金沢駅 北陸本線 関西文化の日 博物館 上田交通 丸窓電車 C62 梅小路蒸気機関車館 動画 長崎駅 特急 シュプール号 スキー列車 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 奈良 橿原 藤原京 今井町 薬師寺 近鉄 海上自衛隊 肉ジャガ 北近畿タンゴ鉄道 アテンダント 舞鶴 ハクレイ酒造 丹後由良 山椒大夫 KTR 由良のと 碧翠御苑 久美浜 玉川 京丹後 銭形 昭和レトロ 観音寺 梅干 善通寺 気動車 関東鉄道 キハ07 大阪市 梅田駅 地下鉄 忍ヶ丘 桃谷 四條畷 関西鉄道 片町線 桃山 城東線 特急冨士 宮崎空港 南宮崎 宮崎駅 日豊本線 大淀川 宮崎 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 試作B編成 試作車 A編成 B編成 武器学校 戦車 土浦 自衛隊 旧型客車 長浜 湯村温泉 北近畿 客車 福知山線 はまかぜ 寝台列車 20系 フォトニュース こだま クロ151 大阪市営地下鉄 壁面工事 けごん 東武鉄道 きぬ 鬼怒川 '88 オリエント急行 大阪駅 オリエント・エクスプレス プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり 亀岡 カメラ 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 開運なんでも鑑定団 追手門学院 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 紀勢本線 阪和線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 北海道 写真集 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 関西本線 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 レトロ 境港 鳥取 智頭急行 有馬 リコー ライツ アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 大阪臨港線 スイッチャー 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 パーティ 稲田朋美 ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 小西六 国産フイルム 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 九州鉄道記念館 門司 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー