徳國製寫眞機 Ikonta 異聞

本日はクラシック・カメラの一大勢力であるツアイス・イコンの話題をひとつ。


1926年にドイツのカメラメーカーであるツアイス・イコンが誕生した経緯から始めてみよう。

第一次世界大戦後の敗戦国ドイツに於ける、目を蔽うような大インフレは、歴史の教科書にも載るくらいの大きな出来事だった。

1923年6月30日現在は1$=100万マルクだったが・・・

同じ年の8月13日には、1億マルクになり10月9日に10億マルク、11月15日には4兆2000億マルクになった。

このような状況のものとでは、一日も早く通貨を品物に替えておく必要があった。
そこでドイツ国民は、こぞってカメラを買い求めた。

一家に1台あれば贅沢と言われた頃のカメラである。それを何台も何台も買い求めた。このインフレに対応し、後で換金し易く、貯蔵性に優れていて、かさばらないものとしてカメラに人気が集中した。

従って、このインフレにもかかわらずドイツのカメラメーカーは超多忙を極めた。大メーカーはもとより弱小メーカーでも製造するその端から品物が売れたのだった。

しかし、インフレが収束すると、国民はこぞって手許のカメラを手放しだした。一気に数多くのカメラが市場に溢れたため、値崩れを起こした。そして国民の家庭には一生使っても使い切れないほどの台数のカメラがあったものだから、カメラメーカーのカメラが全く売れなくなった。

こうしてドイツのカメラ界に壊滅的な大不況が訪れた。

生産を増大していた頃の生産体制の肥大・借金の増大などのツケが一気にその会社を苦しめることとなった。

そこでドイツのカメラメーカーは大合併して生き残りを賭けることとした。

R0011924-1.jpg

そうして1926年にドレスデンで誕生したのが、Zeiss Ikon(ツアイス・イコン)社である。

約10社ほどのメーカーが統合したものと言われるが、大きな流れは、次の4大メーカーになる。

  イカ社(ドレスデン)
  ハインリヒ・エルネマン社(ドレスデン)
  C.P.ゲルツ光学研究所(ベルリン)
  コンテッサ・ネッテル社(シュツットガルト)


日本で言うと4大カメラメーカーが一度に合併したようなものだった。

R0011927-1.jpg


こうして、巨大企業となったZIESS・IKONが最初の自社ブランドとして1929年に製造販売したのが、Ikonta(イコンタ)と呼称されるこれらのカメラである。


R0012134-1.jpg

イコンが作ったカメラなのでイコンタらしいが、なにやら「いがみのゴンタ」を連想させる和風の名前に聞こえるのが楽しいカメラである。

もちろん今でもブローニ判フイルムを用いると普通に使える現役写真機だ。


R0012127-1.jpg


R0012131-1.jpg

1932年(昭和7年)に作られたこのシリーズ最初期の機種でIkonta520の正式名称より、日本ではセミ・イコンタと愛称で呼称されることのほうが断然多い。

同様の仕上がりだが、フイルム面が6×9判であるイコンタと比べ、撮影フイルムが半分の面積である6×4.5判を使うので「セミ」と冠して呼ばれるようになった。


R0012133-1.jpg

この最初期のモデルは、レンズは三枚玉のノバー75mmf6.3でシャッターはデルバルのエバーレディ型となっている。

レンズのシリアルナンバーは126万代なので1931年製であり、時代的にも適合している。

このシャッター(上の写真左上の銀色の勾玉形のレバー)は一々チャージしなくてもシャッターを切ることができ便利ではあるが、押し切る時の振動が著しく、手持ちではブレを生じ易いのが難点である。

R0011897-1.jpg

こんなときは、このような12cmほどのショートレリーズをシャッターソケットに嵌め込んで使ったほうが具合がいい。

コレを使うとシャッターブレを軽減できるので、手持ちでも何ら問題なく使用できるが、付けたままだと前蓋を閉じることができないのが難点である。

20090800初代セミイコンタ試写555-1

(撮影例 FUJI PN400N)



もう一台は、同じくIkonta520(愛称:セミイコンタ)と呼称される機種であるが、1936年(昭和11年)に生産された次世代モデルである。

R0012138-1.jpg

シャッターボタンがレンズ周りからボディ上部に移動して随分使い易くなった。

軍艦部の折りたたみファインダーの左側の大きな肉厚なボタンがシャッターボタンである。


R0012128-1.jpg



R0012129-1.jpg

レンズはテッサー75mmf3.5でシャッターは1/500secまであるコンパーラピッドの高級品である。

レンズのシリアルナンバーが190万代なので1937年に製造されたものであることが判る。

名玉のテッサーなので、今でもその写りには遜色がない。

20090800満洲セミイコンタ試写553-1

20090800満洲セミイコンタ試写546-1

(撮影例 FUJI PN400N)






ところでこの2台のカメラであるが、裏蓋を開けたところにそれぞれ少し変わった刻印がある。

R0011856-1.jpg

最初期のイコンタでは、For China とある。

この当時のChinaは蒋介石率いる中華民国(南京国民政府)である。

このカメラが中華民国向けの輸出品であったことが分かる。

R0011857-1.jpg

もちろんドイツ製カメラは高価なものだったので、Chinaの一般市民が手にできるような代物ではなかった。

列強諸国の租界内で、我が物顔で闊歩していたであろう外国人を主なるターゲットとして輸出されたものではなかろうか・・・。

中国向けのドイツ製カメラには「徳國製」(ドイツ製)と生産国名が刻まれることが多かったが、「中国向け」との表示は珍しい。



もう一台の次世代イコンタにも同様の刻印がある。

R0011846-1.jpg


こちらは、for Manchoukuo とある。 

これは、あの満洲国のことだ!

R0011847-1.jpg

昭和8年に国際連盟を脱退した日本は、その後ドイツと急速に親密を深めていったので、日本が作った傀儡国家に対しても敬意を表していたということだろうか。


もちろん満洲国の高官や関東軍や満鉄関係者、在満の日本人実業家に向けての製品だろう。


このIkonta520ならば、康徳帝(愛新覚羅溥儀)は別格としても、カメラ好きの甘粕大尉ならば、ひょっとして手にしたことがあるのかも・・・そんなことをあれこれと想像させてくれるカメラである。



しかし、こういう刻印があるのは他のカメラではないか?と探してみたら・・・

e-bayで一点見つけた。

無題-1

1938年に作られたZeissIkonのNettax 538/24(ネタックスI型)である。

無題ふ-1

この商品の説明書きにもあったが、この刻印はやはり珍しいものではあるらしい。

なお、推定落札価格が500?600ユーロ(67,000?80,000円)とあり、刻印のない物より100ユーロ(13,300円)ほど高めの設定となっていた。

e-bayでこのくらいの価格設定であれば、国内の中古カメラ店では、少なくともこの1.5倍の価格になるだろう。



とにかく手許のManchoukuoイコンタには、ひとこと問うてみたい・・・

・・・「おまえは、満洲の曠野を疾走する特急“あじあ号”を撮影したことがあるのかい?」と。






 ポチっとね♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment

2009.11.19 Thu 17:50  |  

本当にそうですね。ぼんくらもクラシックカメラを手にとってファインダーを覗く度に、「このカメラは何を観てきたんだろう」っていつも思います。

  • #-
  • ぼんくらオヤジ
  • URL

2009.11.19 Thu 23:00  |  ぼんくらオヤジさん こんばんは

写し手にもそれぞれの歴史があるのですが、それ以上の歴史をもつカメラたちには畏敬の念をもって取り扱うべきなんでしょうね。

2009.12.13 Sun 20:55  |  このマーク

どこかで見たなと思ったら、戦前の日本工学のマークに似てるんですよね。
こちらはレンズとプリズムの組み合わせですが。
というか、ニコンが真似をしたのでしょうが。

2009.12.14 Mon 07:06  |  *なにわさん こんにちは

nikonの旧マークは、レンズと富士山を合体させたものですから、ツアイスのパクリというわけではないんでしょうが、大いに参考になったことは確かでしょうね。
日本光学にとってはツアイスは尊敬すべき大先輩ですから。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://fuzzyphoto.blog120.fc2.com/tb.php/892-bd65ab8f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

汽笛一聲・阿房列車

ファジー

Author:ファジー



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

何カノキツカケガアレバ汽車ノ事ヲ一所懸命ニ記述シテヰル。子供ノ時ノ汽車に對スル憧憬ガ大人ニナツテモ年を取ツテモ抜ナイノデアラウ。


DSC01281切符


 阿房(あほう)と云ふのは、人の思わくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゐない。
 
 用事が なければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。
 なんにも用事がないけれど、汽車に乘つて大阪へ行つて來やうと思ふ。   
    ・・・内田百閒「特別阿房列車」


        

What's New!

探し物はコチラ ノラや~

ファジー全輯

記事アクセス番付

サラサーテ“謎の呟き”

忘却來時道

木蓮や塀の外吹く俄風

本ブログアクセス總數

只今ノ閲覧者數

現在の閲覧者数:

♪鐵道ほとがら帖/昭和編

ファジー日記帖

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

直近ノ貴重ナル御意見

openclose

日没閉門 南山壽断章

蜀山人:世の中に人の来るこそうるさけ とはいふもののお前ではなし        

百鬼園:世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし       にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ファジー我儘帖


戦前の写真機と・・・ IMG_0399.jpg

DSC06017.jpg

汽車ポッポや・・・ 1973-11-3叡電149

昔の電車と・・・ 鴨東線061

由緒ある建物と・・・ DSC08821-1.jpg

古本や・・・
DSC03810.jpg

いにしえの文書・・・ DSC06596.jpg

79767587_49-1.jpg
などなど つまり往時を偲ぶ古色蒼然としたものが大好き。

・・・それとお酒
VIMG0013.jpg
洋酒と泡盛は、古酒ほどよろし・・・。   

 

麗らかや


-天気予報コム- -FC2-

ご注意

記事のタイトルに「 」がついているものは、so-netブログから移設した2006.11.1~2008.3.31の過去記事です。

また、記事のタイトルに☆がついているものは、mixiから移設した2005.12.15~2006.12.16の過去記事です。

記事・画像の無断転載、無断ダウンロードはご遠慮ください。

月別回想録

お便り投函箱

名前:
メール:
件名:
本文:

文楽みくじ

タグクラウドとサーチ

> tags
エクター コダック シグネット マヤ タンゴ・デイスカバリー スロフ12 味めぐりわかさ 跨線橋 橋本 下市口 近鉄 東海道線 石亭 新幹線 熱海 グリーン ビュッフェ つばめ TSUBAME 西鹿児島 JR九州 鹿児島中央 偕行社 金沢 ソ連 世田谷線 昭和 ルサール ライカ ラピート 関西空港 モ770 モ750 モ510 名鉄 揖斐線 彦根 近江鉄道 米原 C56 SL 北びわこ号 8620 ハチロク 赤うし弁当 人吉 阿蘇神社 熊本 温泉 真幸 大畑 しんぺい号 矢岳 肥薩線 C55 はやとの風 吉松 鹿児島 霧島温泉 九州新幹線 鹿児島市電 八軒家 天満橋 ダックツアー 水陸両用車 高徳線 高松琴平電気鉄道 徳島線 土讃線 コトデン 岐阜市内線 黒野駅 C56 臨港貨物線 Leica 阪堺線 天下茶屋 スーパーイコンタ 阪急電鉄 阪神電鉄 阪神淡路大震災 はやぶさ ハスカップ 青森 酸ヶ湯温泉 青函連絡船 混浴 JRバス すすきの はまなす 寝台車 小樽 しずか 大勝 鉄道 アイアンホース 札幌 湯原温泉 八景 砂湯 久世 遷喬小学校 真庭市 姫新線 キハ127 えきそば 蒸気機関車 義経号 梅小路 スーパーはくと 温泉津温泉 サンライズ出雲 温泉津 薬師湯 山口線 スーパーおき おとなびパス 博多 官営鉄道 明治 鉄道遺産 京阪電車 ツツジ 蹴上浄水場 京津線 大阪地下鉄 平成7年 特別警戒実施中 地下鉄サリン事件 阪急 大阪環状線 造幣局 泉布観 しまなみ街道 今治 四国鉄道文化館 カーバイド アセチレン 交通科学博物館 EF52 P-6 デイ100 大震災 向日町 神足 国鉄 京阪 京都 蹴上 三条通 マッサン 尾道 竹鶴 竹原 白市 湯坂温泉 かんぽの宿 西条 酒蔵 くろんぼ 18切符 広島 臨港線 なみはや大橋 浪速駅 阪神電気鉄道 阪神電車 なんば駅 南海 貴志川線 タマ駅長 鞍馬 デナ21 叡山電鉄 阪堺電車 南海高野線 木津川駅 デルタ 万年筆 高松 宇野 連絡船 予讃線 豊浜 天保山 桜島 櫻島線 USJ 北港運河 曝涼展 流電 モハ52 あべの 明治屋 蒸気動車 リニア・鉄道館 汽車会社 長野電鉄 湯田中 角屋ホテル 屋代線 大阪国際空港 小郡 新山口 雀田 宇部 大和川橋梁 モ301 モ253 サントリーミュージアム 大阪 テッサー ヤシカ コンタックス 汐見橋線 山代温泉 レディー・カガ グランフロント大阪 懐石 バー ホワイトラベル ズームカー 高野線 本線 南海電鉄 汐見橋 機銃掃射 太平洋戦争の痕跡 福島 地下工事 大阪市電 保存 投書箱 吊り手 2階建て電車 緑木車庫 市電保存館 花園橋 播但線 キハ58 ロングシート レールバス 日野駅 だるま キャブオーバーバス ボンネットバス 西大寺鉄道 軽便鉄道 キハ7 岡山 北陸本線 金沢駅 和倉温泉駅 福井駅 博物館 関西文化の日 上田交通 丸窓電車 C62 梅小路蒸気機関車館 動画 特急 長崎駅 シュプール号 スキー列車 沼津魚がし鮨 原鉄道模型博物館 橿原 奈良 今井町 薬師寺 藤原京 舞鶴 肉ジャガ アテンダント 北近畿タンゴ鉄道 海上自衛隊 KTR 丹後由良 ハクレイ酒造 由良のと 山椒大夫 碧翠御苑 京丹後 久美浜 玉川 銭形 昭和レトロ 観音寺 善通寺 梅干 関東鉄道 気動車 キハ07 大阪市 地下鉄 梅田駅 四條畷 桃山 城東線 桃谷 忍ヶ丘 片町線 関西鉄道 宮崎駅 特急冨士 南宮崎 宮崎空港 大淀川 宮崎 鉄橋 ジョイフルトレイン大分 日豊本線 試作B編成 B編成 試作車 A編成 土浦 戦車 武器学校 自衛隊 旧型客車 長浜 福知山線 客車 はまかぜ 北近畿 湯村温泉 寝台列車 フォトニュース 20系 クロ151 こだま 壁面工事 大阪市営地下鉄 東武鉄道 きぬ けごん 鬼怒川 大阪駅 '88 オリエント・エクスプレス オリエント急行 プルマン マイテ49 エーデル丹後 謹告 大阪港 JR 城崎 富山 大井川鉄道 世界帆船まつり 亀岡 カメラ 丹波 エレベータ 有馬温泉 神戸電鉄 X線駅名板 明知鉄道 岐阜 追手門学院 開運なんでも鑑定団 炎暑 筑豊 平成筑豊鉄道 直方市石炭記念館 直方 筑豊電鉄 春日大社 汐留 東京スカイツリー 大阪ドーム ビール 阪和線 紀勢本線 阪堺電鉄 路面電車まつり 写真展 北新地 四国中央市 野上電鉄 阪神 東大阪 熊野街道 四国 東洋現像所 地震 写真集 北海道 白髪橋 明治天皇 ローライ 大阪府 かにカニはまかぜ 城崎温泉 カニ JR クラシックカメラ 関西汽船 加古川線 大阪帝国ホテル 信越本線 東京 和歌山 みや乃 さよならSL南紀号 平成22年 上毛電鉄 D51伊賀号 関西本線 正月 大正 茨城 伊勢海老・魚料理 住吉大社 千葉 総武流山電鉄 大阪市交通局 阿倍野 田老町 岩手 仙台 障子 常磐線 小学校 境港 レトロ 鳥取 智頭急行 有馬 ライツ リコー アンプ 土用丑の日 切符 0系新幹線 第二次世界大戦 串かつ 大阪市営高速鉄道 四天王寺 重要文化財 神戸 大阪中央郵便局 ベスト判 YouTube 室内ゲーム SONY 九州 福井 仮株券 スイッチャー 大阪臨港線 福山 姫路駅 北九州 産業遺産 ニコン 水郡線 SL白鷺号 香住 伊予鉄 松山 讃岐 阪神甲子園線 最新大阪市街全図 厚木 米寿 西梅田 ローライフレックス 美協子ども展 仙台空港鉄道 仙台市電保存館 東京中央郵便局 雑誌 惜別 原爆 おおさか市営交通フェスティバル 木通 NHK連続テレビ小説 ホテル大阪ベイタワー 東武東上線 天皇 鉄道省 写真機 ドレッシング 鶴橋 上湯温泉 白浜 十津川温泉 奈良交通 浜寺公園 南海本線 登檣礼 稲田朋美 パーティ ブログ 掛布 二眼レフ 大阪市立科学館 しおじ 猪苗代 奈良機関区 鉄道博物館 プラレール デジカメ 報道写真 淡路島 国産フイルム 小西六 大阪府庁 長崎 鉄道時計 QE2 黄綬褒章 倉敷 門司 九州鉄道記念館 京阪特急 播州赤穂 青蔵鉄道 0系新幹線 満鉄 えちぜん鉄道 大神神社 引越し 山陰 ポスター 青梅線 青梅鉄道公園 広島市電 ブラック イカリソース 学校 ディズニーリゾート 鉄道模型 恋道路 陶芸 ゲルツ フスマ 伊勢志摩 珍味 送別会 世界地図 こども 山陰鉄道 居酒屋 JR西日本 生駒 立ち飲み 華麗なる一族 誘導タイル キリン 一眼レフ てっちり 京橋 くじら肉 あじ平 祝勝会 忘年会 心斎橋大丸 子供 幼稚園 ブルートレイン 電車 大阪市営交通局 自転車 ワイン ホクトレンダー 古文書 ネコ B級グルメ 西宮 時計 suica 茗渓会 泉州 寝台急行 荒神橋 高射砲 液晶テレビ セントレア 半田 高山 信州 官報 AERO usj トマソン よいこのびいる 環状線 宝くじ そばや 香川

旅順入場式

blogram投票ボタン

長崎の鴉・・長崎阿房列車

段段車窓が薄暗くなり、汽車が次第に濃ひ夕闇へ走り込んで行く時に聞く汽笛の響きは、鼻へ抜けたかさ掻きのやうな電氣機關車の聲よりも、蒸氣機關車の複音汽笛が旅情に相應しい。


          


  いつの間にか窓が眞暗になり、窓硝子に響く汽笛の音が、蒸氣機關車C62の複音に變つてゐる。


          
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

ひめくり帖

RSSフィード

Copyright © ファジー